• 052-910-6700

    office@muse-ongakukan.com

  • (店舗)平日11:00~20:00 土日10:00~19:00(教室)平日11:00~20:20 土日10:00~20:00 月曜日定休
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • YouTube

お問い合わせ

クラシックギター紹介

アルベルト・ネジメ・オーノ

ブーシェモデル

※右にスクロールすると表全体がご覧になれます

モデル 生産国 製作年度 表板 裏・側板 弦長 販売価格
ブーシェモデル 国産 2020年 スプルース ローズウッド 640mm 792,000円(税込)
ラミレス工房から独立して製作していた初期のブーシェの内部構造を基に製作しているモデルで、後期のブーシェよりスペイン的な音のする楽器です。弦長640㎜、ナット幅51㎜、弦間40.5㎜、7フレットにポジションマークを入れてとても弾き易い特別仕様となっています。木のぬくもりを感じさせる太く暖かい音でふくよかに響いてくれます。糸巻もスローンのボールベアリング式でノイズレスで微調整がし易い。
アルベルト・ネジメ・オーノ氏は1979年にスペインへ留学し、アントニオ・マリンに師事し、1988年にはチェコスロバキア・クツナホラ国際ギター製作コンクールにてグランプリを受賞する等のキャリアを持つ。彼の楽器に初めて出会ったのは2005年になるが、こんな楽器を作る製作家が日本に居るんだ!と衝撃を受けたことを覚えている。
1 / 11

TOP