• 052-910-6700

    office@muse-ongakukan.com

  • (店舗)平日11:00~20:00 土日10:00~19:00(教室)平日11:00~20:20 土日10:00~20:00 月曜日定休
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • YouTube

お問い合わせ

クラシックギター紹介

ゲオルグ・ボーリン

ゲオルグ・ボーリン 11弦アルトギター1984年(値下げしました)

※右にスクロールすると表全体がご覧になれます

モデル 生産国 製作年度 表板 裏・側板 弦長 販売価格
ゲオルグ・ボーリン 11弦アルトギター1984年(値下げしました) スウェーデン 1984 スプルース ハカランダ 570mm 2,000,000円(税込)
ゲオルグ・ボーリン Georg Bolin(1912ー1993)はスウェーデンのギター製作家で、同じスウェーデン出身のギタリスト、イョラン・セルシェル(Göran Söllscher, 1955ー )が1978年のパリ国際ギターコンクールでボーリンの11弦ギターで優勝したことで一躍有名になった。その後セルシェルはクラシック音楽レコード業界の名門レーベル、ドイツ・グラモフォン社(DG)と契約を結び、6弦ギターそして11弦アルトギターの音源を20枚以上発表している。それと共にセルシェルの愛用するボーリン作の特に11弦アルトギターの名声は高まった。11弦ギターでの名声だけでなくそれ以前に彼が製作した6弦ギターをある時期に巨匠アンドレス・セゴビアが使ったことですでに評価が高まっていた。
彼はギター製作に専念する前、彼はグランドピアノも製作していて、そのピアノがスウェーデンの世界的ポップグループ ABBA(アバ) によって作曲やレコード録音に使用されていたのだ。メンバーのベニー・アンダーソンはこのピアノを愛用し、ABBAの初期5枚のアルバムにはすべてこのピアノが使用されたことが分かり、彼のギターもさらに脚光を浴びることになった。
ボーリンは楽器1本1本名前を付けており、この楽器はグスタフとラベルに書いてある。グスタフはほとんど傷もなく、美しい状態で弦高は6弦側で3.3mm、1弦側で2.5mm
弦はセルシェルと同じく、1弦プロアルテEJ4601、2~6弦はサバレスのアリアンスハードテンションセット、7弦以降はアランフェス弦コンサートシルバーの6弦が張ってあり、予備も付いている。
ハードケース付。

尚、ご購入の方には11弦ギター用楽譜のコピーを差し上げます。
G. セルシェルのレパートリーの中から。
・J. S. バッハ  プレリュード BWV 999
・J. S. バッハ  「プレリュード・フーガ・アレグロ」 BWV 998
・J. S. バッハ  無伴奏チェロ組曲第一番 BWV 1007(全曲)

・S. L. ヴァイス シャコンヌ
・S. L. ヴァイス 幻想曲(ファンタジー)
・S. L. ヴァイス ロジ伯爵の死を悼むトンヴォー
・S. L. ヴァイス パッサカリア

ブラジルの11弦ギター奏者 パウロ・マルテッリ(Paulo Martelli)編曲・運指
・J. S. バッハ  無伴奏チェロ組曲第二番 BWV 1008(全曲)
(YouTube で演奏を視聴できます。)

TOP