• 052-910-6700

    office@muse-ongakukan.com

  • (店舗)平日11:00~20:00 土日10:00~19:00(教室)平日11:00~20:20 土日10:00~20:00 月曜日定休
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • YouTube

お問い合わせ

クラシックギター紹介

ホセ・ヤコピ

ホセ・ヤコピ 1962年

※右にスクロールすると表全体がご覧になれます

モデル 生産国 製作年度 表板 裏・側板 弦長 販売価格
ホセ・ヤコピ 1962年 アルゼンチン 1962年 スプルース ローズウッド 650mm 850,000円(税込)
ホセ・ヤコピ(1916-2006)は、スペインのバルセロナで生まれ。1951年南米アルゼンチンのサン・フェルナンドに移住し1961年に工房を開きます。名手マリア・ルイサ・アニードが愛用し、私もアニードが70年代に来日した折に彼女がヤコピを演奏するのを聞いたことがあります。
この楽器はヘッドに彫刻が施されていて、糸巻もオリジナルのままの1962年の作品でビンテージギターとしての風格を持っています。表板の指板右横に割れがありますが完璧に修理されています。
弦高も6弦側で3.0mm、1弦側で2.5mmと非常に低く設定されておりとても弾き易い楽器です。

TOP