• 052-910-6700

    office@muse-ongakukan.com

  • (店舗)平日11:00~20:00 土日10:00~19:00(教室)平日11:00~20:20 土日10:00~20:00 月曜日定休
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • YouTube

お問い合わせ

クラシックギター紹介

David Whiteman

トーレス FE18 レプリカ by David Whiteman

※右にスクロールすると表全体がご覧になれます

モデル 生産国 製作年度 表板 裏・側板 弦長 販売価格
トーレス FE18 レプリカ by David Whiteman イギリス 2018年 スプルース メープル 640mm 550,000円(税込)
<David Whiteman>
1965年イギリス生まれ。London Collage of Furnitureに入学しギター製作コースで学んだ後は早々と1987年に自身の工房を設立。 1992年から8年間 London Guildhall Universityで教鞭を執り、ギター製作を教えます。その後は自身の工房にて製作に打ち込む傍ら、ギターに関する著作にも関わります。古今の様々なギター修復も手がけており、そうした経験からか、トーレス、ハウザーを中心とする名器への造詣も深く、その成果が自身の製作するレプリカモデルに結実しています。英国人らしい職人気質と確かな木工技術、伝統への深い敬意と進取の気性とが最良の形で現れた彼の楽器は国内外で高い評価を得て、現在のイギリスを代表する製作家の一人とされています。
<この楽器について>
この楽器はホセ・ロマにロスによるとトーレスの前期に当たる1864年に製作されたFE18を忠実に再現したレプリカで、とても美しい楽器です。裏・側板に美しいタイガーメープルを使い、とても軽いボディーで木のぬくもりを感じさせる音で、トーレスはこんな音だったのだろうかと思わせる雰囲気のある音がしています。
現在はナイロン弦を張ってありますが、ナイルガットでも張ると更に雰囲気は出てくるでしょう。
2018年の作品ながら表板右肩に3mm程の浅く小さな傷を除けば全く傷はなく、新品同様の状態です。ハードケース付。

TOP