• 052-910-6700

    office@muse-ongakukan.com

  • (店舗)平日11:00~20:00 土日10:00~19:00(教室)平日11:00~20:20 土日10:00~20:00 月曜日定休
  • facebook
  • twitter
  • instagram

お問い合わせ

クラシックギター紹介

国産ブランドギター

30号 630㎜

※右にスクロールすると表全体がご覧になれます

モデル 生産国 製作年度 表板 裏・側板 弦長 価格
30号 630㎜ 日本 次回入荷は2019年5月予定 ローズウッド 630mm 270,000円 +税
塗装には乾燥後も弾力を失わずに楽器の自然な鳴りを引き出し、音に柔らかみを与えるカシューを採用しています。
この楽器は弾きやすい630mmスケール、50mmナット幅モデルで、この価格で630㎜を作っている製作家は少なく希少な存在です。しかも杉のモデルなので音量も十分にあり、とても弾き易い楽器です。
<横尾真人プロフィール>
1975年埼玉県生まれ。
高校卒業後に高等技術専門学校の木工工芸科にて木工技術を学ぶ。
1997年より父である製作家横尾俊佑の下でギター製作の修行を始める。
2002年ホセ・ロマニリョスの講習会に参加。
2008年より自身のラベルでオリジナルのギター製作を始める。

30号

※右にスクロールすると表全体がご覧になれます

モデル 生産国 製作年度 表板 裏・側板 弦長 価格
30号 日本 2019年 スプルース ローズウッド 650mm 270,000円 +税
益々の製作技術の進歩を感じさせる最新作です。低音から高音まで太くしっかりした音でふくよかに響いてくれます。3弦のナットとサドルに工夫を凝らし、弦長を若干サドル側に下げることで音程の安定を図っています。また、ほぼすべての人がシールを貼って対処している7フレットにポジションマークを付けてあるので、シールを貼る必要もありません。

30号

※右にスクロールすると表全体がご覧になれます

モデル 生産国 製作年度 表板 裏・側板 弦長 価格
30号 日本 2016年 スプルース インディアン・ローズウッド 650mm 270,000円 +税
新進製作家・青山瑠衣氏の作品です。日々進化している彼の製作技術はこの楽器にも存分に生かされています。この楽器は表板がスプルースの楽器で、太い音にしっかりした芯がありながら、ふくよかに鳴ってくれます。バランスも申し分なく、この価格帯では一押しの完成度です。

40号

※右にスクロールすると表全体がご覧になれます

モデル 生産国 製作年度 表板 裏・側板 弦長 価格
40号 日本 2017年 スプルース ローズウッド 650mm 360,000円 +税
長崎祐一氏は1962年生まれ。1985年、日本ギター音楽学校製作科(現:国際新堀芸術学院)を卒業。
2000年、全日本ギターコンクール製作部門の特別金賞を受賞。翌年に全日本ギターコンクール製作部門最優秀賞を受賞。2008年、日本弦楽器製作者協会入会。
今回入荷したモデルは、先回よりワンランク上の材料を使って40号となっています。ブリッチにダブルホールシステムを採用し、オールセラック塗装で手間を惜しまず丁寧に仕上げられています。鳴りもしなやかになり、太く芯のある音で重厚な響きがあります。弾き込むことでどんどん音が変わっていく楽しみを感じさせる楽器です。

NR3 630mm

※右にスクロールすると表全体がご覧になれます

モデル 生産国 製作年度 表板 裏・側板 弦長 価格
NR3 630mm 国産 2020年4月25日入荷 スプルース ローズウッド 630mm 315,000円 +税
太く、芯のある音ながら柔らかく十分な音量があり、バランスも抜群です。特に今回の楽器はカチッとした音ながらとても柔らかく響いてくれます。また、630㎜なので非常に弾き易く、演奏性も抜群です。ますます進化している西野春平のショートスケールです。

NR3 650mm(売れました)

※右にスクロールすると表全体がご覧になれます

モデル 生産国 製作年度 表板 裏・側板 弦長 価格
NR3 650mm(売れました) 国産 入荷待ち スプルース ローズウッド 650mm 315,000円 +税
「どんな方でも弾きやすいギターを」と言う西野氏の言葉通り、大変弾きやすいギターです。柔らかくまろやかな音で歌いやすく弾き心地の良い楽器です。音量もしっかりとあり、バランスも良く、ホールでも響きます。

Presti55

※右にスクロールすると表全体がご覧になれます

モデル 生産国 製作年度 表板 裏・側板 弦長 価格
Presti55 日本 2017年 ココボロ 650mm 495,000円 +税
プレスティはギタリストの故稲垣稔氏との対話の中で生まれたもので、ブーシェギターの低音にトーレスギターの高音を持つ楽器とのコンセプトで製作されています。良く伸びる音で、重厚な低音、明瞭な高音が特徴です。

コンシエルト

※右にスクロールすると表全体がご覧になれます

モデル 生産国 製作年度 表板 裏・側板 弦長 価格
コンシエルト 国産 2017年 スプルース ローズウッド 650mm 315,000円 +税
ここ数年で大きく変わったと評判の高い黒澤哲郎のコンシエルトモデルです。素材の良さを生かし、鳴りがナチュラルになるように・・・、プレイヤーにとって負担にならず、自然と練習ができる楽器に仕上げたいと言う黒澤氏。塗装にセラックを使用しているのも、生木の音を出すのにふさわしいと感じているからだそうです。この楽器も芯のあるギンと輝かしく明るい音でバランスよく鳴ってくれます。

コンシエルト 630㎜

※右にスクロールすると表全体がご覧になれます

モデル 生産国 製作年度 表板 裏・側板 弦長 価格
コンシエルト 630㎜ 国産 入荷待ち スプルース ローズウッド 630mm 315,000円 +税
ここ数年で大きく変わったと評判の高い黒澤哲郎のコンシエルトモデルの640㎜です。このクラスでは珍しいセラック塗装を全面に施したこだわりの1本です。芯のある音でスキッと抜けが良く、バランスの良さとどれをとっても素晴らしい出来栄えです。

MT-1 Polyphony RF

※右にスクロールすると表全体がご覧になれます

モデル 生産国 製作年度 表板 裏・側板 弦長 価格
MT-1 Polyphony RF 国産 2018年 ローズ 650mm 450,000円 +税
今回は寺町さんのMT-1 Polyphonyの最新作が入荷しました。前の同価格のモデルに比べると随分変わっています。ふくよかな響き、深みと厚みのある音になっています。明らかに進化しています。また、1㎝程指板が表面版より高いRF(Reised Fingerboard)になっているためハイポジションで弾き易くなっている上、高音域での音質がとても均一になっている。
以下、製作家本人のコメントです。
個性を大事にしたい。唯一無二の楽器を作りたい。多くの方が嫌いだ好きじゃないと言えども、少数の方からこれは素晴らしい、大好きだと言われる楽器を作りたい。優等生的なありきたりの楽器を作っても仕方がない。これぞ寺町のギターだと称賛されるような楽器作りをしたい。


TOP