• 052-910-6700

    office@muse-ongakukan.com

  • (店舗)平日11:00~20:00 土日10:00~19:00(教室)平日11:00~20:20 土日10:00~20:00 月曜日定休
  • facebook
  • twitter

お問い合わせ

クラシックギター紹介

Luigi Locatto

ルイジ・ロカット

※右にスクロールすると表全体がご覧になれます

モデル 生産国 製作年度 表板 裏・側板 弦長 価格
ルイジ・ロカット イタリア 2006年 スプルース ローズウッド 650mm 833,333円 +税
元々ギタリスト、ギター教授として活躍していたロカットは、子供のころから木工を手がけることが好きで、16歳の時に初めてギターを製作し、その後もギターの製作を続け、プロの製作家になった。
スペインの伝統的なギターの構造、音を研究しながら、有名なルイス・パノルモ、トーレスなどの復元ギター、オリジナルギターを製作している。音では、スペインのエンリケ・ガルシアを愛し、その音を目指している。 ロカットのギターを使用しているコンサートギタリストは多いが、ステファーノ・グロンドーナ、フレデリック・ジガンテ、福田進一らが挙げられる。
この楽器は殆ど未使用で、浅く小さな傷が2か所あるだけで新品同様の状態。軽く、明るく鳴る楽器で弾き易い。
1 / 11

TOP