• 052-910-6700

    office@muse-ongakukan.com

  • (店舗)平日11:00~20:00 土日10:00~19:00(教室)平日11:00~20:20 土日10:00~20:00 月曜日定休
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • YouTube

お問い合わせ

クラシックギター紹介

三浦隆志

三浦隆志 SJ-1 ハニカム・ハイブリッド 630mm

※右にスクロールすると表全体がご覧になれます

モデル 生産国 製作年度 表板 裏・側板 弦長 販売価格
三浦隆志 SJ-1 ハニカム・ハイブリッド 630mm 日本 2012年 スプルース ハカランダ 630mm 550,000円(税込)
仙台の名工・三浦隆志氏の定番モデルSJ-1のハニカム・ハイブリッドモデル630mmです。
ハニカム・ハイブリッドとは三浦ギター独特のセミダブルトップとでも言えるもので、表板の一部分だけにハニカムコアを挟んだ構造により、締まり感を残しながら音量を上げるものです。通常のダブルトップは音量は上がるものの音の輪郭がボケて音色の変化も付きにくくなりがちですが、このハニカム・ハイブリッドでは芯のある、輪郭のはっきりした芯のある音で発音が良くなっています。
従って三浦ギターの伝統的なギターの音を残しつつ、発音良く且つ630mmなので弾き易い楽器です。
10年経過しているものの傷はほとんどなく、ブリッジ下に小さな弦飛びの傷(修理済)があるだけです。
HISCOXケース付。

TOP