• 052-910-6700

    office@muse-ongakukan.com

  • (店舗)平日11:00~20:00 土日10:00~19:00(教室)平日11:00~20:20 土日10:00~20:00 月曜日定休
  • facebook
  • twitter
  • instagram

お問い合わせ

クラシックギター紹介

中古・委託ギター

桜井スタンダード1982年

※右にスクロールすると表全体がご覧になれます

モデル 生産国 製作年度 表板 裏・側板 弦長 価格
桜井スタンダード1982年 日本 1982年 スプルース ローズウッド 650mm 100,000円 +税
パリコンで金賞を取る6年前の作品で、現在の桜井ギターよりドシッとした音で、バランス良く鳴ってくれます。ボディーの一部に傷がありますが、それを除けば全体には完全な状態の楽器です。(ハードケース付)

マエストロ

※右にスクロールすると表全体がご覧になれます

モデル 生産国 製作年度 表板 裏・側板 弦長 価格
マエストロ スペイン 1999 スプルース ハカランダ 650mm 740,741円 +税
共にラミレス工房出身のマリアーノ・テサーノスとテオドーロ・ペレスが合同の工房を立ち上げ、合作した商品の最高モデル・マエストロの中古です。中古と言っても傷は全くなく、側板の一部に塗装ムラ、白濁が見られるだけの新品同様と言っても過言ではありません。音はドシッとしっかりした、芯のある音で良く鳴ってくれます。

ルイジ・ロカット

※右にスクロールすると表全体がご覧になれます

モデル 生産国 製作年度 表板 裏・側板 弦長 価格
ルイジ・ロカット イタリア 2006年 スプルース ローズウッド 650mm 833,333円 +税
元々ギタリスト、ギター教授として活躍していたロカットは、子供のころから木工を手がけることが好きで、16歳の時に初めてギターを製作し、その後もギターの製作を続け、プロの製作家になった。
スペインの伝統的なギターの構造、音を研究しながら、有名なルイス・パノルモ、トーレスなどの復元ギター、オリジナルギターを製作している。音では、スペインのエンリケ・ガルシアを愛し、その音を目指している。 ロカットのギターを使用しているコンサートギタリストは多いが、ステファーノ・グロンドーナ、フレデリック・ジガンテ、福田進一らが挙げられる。
この楽器は殆ど未使用で、浅く小さな傷が2か所あるだけで新品同様の状態。軽く、明るく鳴る楽器で弾き易い。

アントニオ・マリン・モンテーロ

※右にスクロールすると表全体がご覧になれます

モデル 生産国 製作年度 表板 裏・側板 弦長 価格
アントニオ・マリン・モンテーロ スペイン 2015年 スプルース ハカランダ 650mm 1,064,815円 +税
大変人気のあるグラナダの名工・アントニオ・マリン・モンテーロ。2015年作と新しいことに加え、オーナーが大事に使用していたので傷も少なく大変良い状態です。音量、音色、バランスとも素晴らしい楽器。既に高齢のため今後の製作本数に限りがあるため、貴重な中古品です。

1a

※右にスクロールすると表全体がご覧になれます

モデル 生産国 製作年度 表板 裏・側板 弦長 価格
1a 2019年 ローズウッド 650mm 185,185円 +税
W.Falkinerはオーストラリアの製作家。この楽器はラティスブレーシングの杉材仕様で、ラウンドバック、そしてアームレストも付いていると言うフル装備。2019年製の新品同様で、この価格はお買い得です。ケース付。

No.20

※右にスクロールすると表全体がご覧になれます

モデル 生産国 製作年度 表板 裏・側板 弦長 価格
No.20 日本 1977年 スプルース ハカランダ 660mm 231,482円 +税
1977年の河野賢20号は弦長660㎜で少し大きいですが、良い音がしています。ハカランダを使ったこの時期の河野ギターは音も締まっていてスッキリとした良い音で鳴ってくれます。表板に少し傷がありますが、それ以外は全体に良い状態です。

Prestige

※右にスクロールすると表全体がご覧になれます

モデル 生産国 製作年度 表板 裏・側板 弦長 価格
Prestige ドイツ 2003年 ドイツ松 ハカランダ 650mm 833,333円 +税
1965年から故野辺邦治氏に師事してギター製作の技術を習得。その後イギリスに渡り、1971年より同国当代随一の名工デビッド・ホセ・ルビオの工房でリュートとギター製作の研鑽をつむようになります。彼はルビオラベルの工房品の製作も任されるようになり、KSのスタンプを許されます。1974年にベルギーのブラッセルの郊外に居を移し工房を起ち上げます。1976年には妻の実家のあるドイツのザールルイへ工房を移し製作を継続、現在に到っています。
この楽器はカズオ・サトーの最上級モデル。最高の材料を使用し、丁寧なセラックでの仕上げが施されています。重厚な低音と非常に大きな音量で一回りも二回りも大きな演奏が出来ます。傷も殆どなく、表板に浅い擦り傷が数か所あるだけのきれいな状態です。ケースもゲバケースが付属しています。

アントニオ・ロペス

※右にスクロールすると表全体がご覧になれます

モデル 生産国 製作年度 表板 裏・側板 弦長 価格
アントニオ・ロペス スペイン 1997年 スプルース ローズウッド 656mm 185,185円 +税
“パウリーノ・ベルナベ氏”の工房で製作される第2ブランド。
ベルナベ氏の製作するギターと同じく、クリアーで力強い音で、遠達性に優れています。
軽いタッチでも十分な音量で鳴ってくれます。ただし、裏板・側板に白化現象が見られるためこの価格となっています。。

Valeria(ヴァレリア)

※右にスクロールすると表全体がご覧になれます

モデル 生産国 製作年度 表板 裏・側板 弦長 価格
Valeria(ヴァレリア) ブラジル 2009年 ハカランダ 652mm 351,852円 +税
ブラジルの製作家ジョー・ヌーニェスのギターです。傷は殆どありません。表板が杉でラティス・ブレーシングとなっているため音量が大きく、ナット幅も51㎜となっているため弾き易い楽器です。裏板も表板もラウンドがついていますが、重くはありません。ケース付。

No.550(値下げしました)

※右にスクロールすると表全体がご覧になれます

モデル 生産国 製作年度 表板 裏・側板 弦長 価格
No.550(値下げしました) 日本 2003年 スプルース ローズウッド 650㎜mm 148,148円 +税
伊勢のベテラン製作家・稲葉征司氏のクラス550。しっかりした芯のある音でバランスよく鳴っています。2003年のギターにしてはきれいな状態ですが、側板右下部に何かにぶつけたキズがあるためこの価格にしています。
1 / 212

TOP