• 052-910-6700

    office@muse-ongakukan.com

  • (店舗)平日11:00~20:00 土日10:00~19:00(教室)平日11:00~20:20 土日10:00~20:00 月曜日定休
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • YouTube

お問い合わせ

クラシックギター紹介

中古・委託ギター

ネジメ・マリン 2020

※右にスクロールすると表全体がご覧になれます

モデル 生産国 製作年度 表板 裏・側板 弦長 販売価格
ネジメ・マリン 2020 日本 2020 スプルース ローズウッド 640mm 420,000円(税込)
禰寝碧海(ねじめまりん)はアルベルト・ネジメ・オーノの名称でギター製作を行っている禰寝孝次郎氏の息子。
何度かの訪西の後、2012年9月には長期間グラナダに滞在し、父の師匠でもある名工アントニオ・マリン・モンテロに師事。美しい仕上がりも父と師匠とに劣らぬ素晴らしいもので、外観は気品に溢れている。
2017年にはグラナダの国際ギターフェスティバルの製作コンクールで入賞している。
彼の個性ともいえる艶のある音色は、力強さと繊細さを兼ね備えている。弦の張りも中庸なので全体にとても弾き易い楽器に仕上がっています。
この楽器はアウラオリジナルモデルの60号。現在胸の当たる部分の塗装修正中で完了すれば無傷の新品同様の状態です。
ケースはスーパーライトケース(茶)付。

Alberto Canto 2002

※右にスクロールすると表全体がご覧になれます

モデル 生産国 製作年度 表板 裏・側板 弦長 販売価格
Alberto Canto 2002 スペイン 2002年 ドイツ松 ローズウッド 650mm 80,000円(税込)
アルベルト・カントはスペインのヴァレンシアで生産されたギターで、ラベルには2002年と入っています。
当時の価格で18万円程の楽器だったようです。
表板はドイツ松を使用して塗装はセラック、裏側板はポリウレタン塗装で、音はスペイン製ギターらしい太い音です。ナット幅52mmですが、弦幅が43.5mmあるので少し広い感じがします。
ナットを作り直して弦幅を狭くするのも一手です。弦高は3.9mm程でほぼ標準です。
裏板が少し白濁しています。表板には数か所小さな打痕がありますが、写真程度のもので20年経過した楽器にしては良い状態のものです。
ケースは付いていません。

河野 賢 No.10 1973年

※右にスクロールすると表全体がご覧になれます

モデル 生産国 製作年度 表板 裏・側板 弦長 販売価格
河野 賢 No.10 1973年 日本 1973年 ローズウッド 660mm 99,000円(税込)
河野 賢氏がベルギーの国際ギターコンクールで金賞を獲得して6年後、47歳の時の作品で、芯のある音でとてもよく鳴っています。表板には浅い傷が少なからずあるのと、小さな打痕が数か所あるのと、裏板に完全に修復された割れの修理跡があります。
弦長が660mmなので手が大きく、傷をあまり気にされない方には、材料も今では入手困難な良い材料が使われていますので、大変お買い得な楽器です。

長崎祐一 35号 2017年

※右にスクロールすると表全体がご覧になれます

モデル 生産国 製作年度 表板 裏・側板 弦長 販売価格
長崎祐一 35号 2017年 日本 2017年 スプルース ローズウッド 650mm 220,000円(税込)
長崎祐一氏は2000年、全日本ギターコンクール製作部門の特別金賞を受賞。翌年に全日本ギターコンクール製作部門最優秀賞を受賞している。
この楽器はブリッチにダブルホールシステムを採用し、オールセラック塗装で手間を惜しまず丁寧に仕上げられています。鳴りも太く芯のある音で重厚な響きがあります。
表板に浅い傷が数か所あるだけで全体にはきれいな状態です。
ライトフォームケース付。

松井邦義 KM2 635mm

※右にスクロールすると表全体がご覧になれます

モデル 生産国 製作年度 表板 裏・側板 弦長 販売価格
松井邦義 KM2 635mm 日本 2017年 スプルース ローズウッド 635mm 200,000円(税込)
茶位幸信氏に師事したのち独立し、以来30年以上にわたりトーレス、ロマにロス、フレタ、ブーシェ、サントス・エルナンデス、マルセロ・バルベロなどの名器を研究し独自のモデルを製作しています。
このKM2はトーレスをモデルとした伝統的な手法を用いたオリジナル作品で、小ぶりなボディーに635mmとショートスケールながら透明感のある音でクリアに鳴ってくれます。
ナット幅は50mm、弦幅が41mmと弾き易いサイズになっています。
表板に細かな傷があるだけで全体には傷のないきれいな状態です。

ホセ・ヤコピ 1962年

※右にスクロールすると表全体がご覧になれます

モデル 生産国 製作年度 表板 裏・側板 弦長 販売価格
ホセ・ヤコピ 1962年 アルゼンチン 1962年 スプルース ローズウッド 650mm 850,000円(税込)
ホセ・ヤコピ(1916-2006)は、スペインのバルセロナで生まれ。1951年南米アルゼンチンのサン・フェルナンドに移住し1961年に工房を開きます。名手マリア・ルイサ・アニードが愛用し、私もアニードが70年代に来日した折に彼女がヤコピを演奏するのを聞いたことがあります。
この楽器はヘッドに彫刻が施されていて、糸巻もオリジナルのままの1962年の作品でビンテージギターとしての風格を持っています。表板の指板右横に割れがありますが完璧に修理されています。
弦高も6弦側で3.0mm、1弦側で2.5mmと非常に低く設定されておりとても弾き易い楽器です。

Antonio Sanchez 1020 1999年

※右にスクロールすると表全体がご覧になれます

モデル 生産国 製作年度 表板 裏・側板 弦長 販売価格
Antonio Sanchez 1020 1999年 スペイン 1999年 スプルース ローズウッド 650mm 44,000円(税込)
アントニオ・サンチェスは、名工ホアキン・ガルシアの下でギター製作を学び、現在はヴァレンシアで普及価格帯からプロフェッショナルモデルまで製造しています。
この楽器は1999年製ですが、ほとんど使用傷はなくきれいな状態です。1弦の下駒の下に浅めの弦飛び傷、ヘッド頂点に小さな打痕、後は写真で表現が難しい程度の小さな打痕が2か所あるだけで、ネックも理想的な微かな順反り、フレットもほとんど摩耗なく、ネック裏もきれいな状態です。
音量はあり、どのフレットでも詰まり感はありません。ケースは付いていません。

Signature 杉

※右にスクロールすると表全体がご覧になれます

モデル 生産国 製作年度 表板 裏・側板 弦長 販売価格
Signature 杉 中国 2021年 ローズウッド&ブラックウッド 640mm 495,000円(税込)
この楽器はコストパフォーマンスが非常に高く、入荷するとすぐに売れてしまう人気の楽器で、全く傷のない新品同様のお買い得商品です。ダブルトップにワッフルブレーシング、更にダブルサイドと言う音量を大きくする要素を全て盛り込んでいます。しかし、音質は普通のダブルトップの様なドーンと音の輪郭が分かり難い音ではなく、トラディショナルなギターの音に近い音質で大きく響いてくれます。しかも弦長も640㎜なので弾き易く、気持ちよく演奏が出来るお薦めの一本です。
また、随所に製作家のこだわりが感じられ、アームレストが作り込まれていたり、裏板もセンターにブラックウッドを挟んでデザイン的にも美しく、音的にも締り感を出している要因ではないかと思います。更にレイズドフィンガーボードにしながらも表板と指板の間に隙間を空けて振動面積を大きく取っています。パーフリングにメープル材を使い、インレイにはへリングボーンを入れてより美しく仕上がっています。黒のファイバーケース付です。
オーナーがある事情で約半年弾いただけで手放すこととなったこの楽器は本当にお買い得品です。
裏板の中央やや上のブラックウッドの部分に胸の熱で付いたと思われる曇りがあるだけで、無傷の新品同様です。

Signature スプルース

※右にスクロールすると表全体がご覧になれます

モデル 生産国 製作年度 表板 裏・側板 弦長 販売価格
Signature スプルース 中国 2021年 スプルース ローズウッド&ブラックウッド 640mm 495,000円(税込)
この楽器はコストパフォーマンスが非常に高く、入荷するとすぐに売れてしまう人気の楽器で、全く傷のない新品同様のお買い得商品です。ダブルトップにワッフルブレーシング、更にダブルサイドと言う音量を大きくする要素を全て盛り込んでいます。しかし、音質は普通のダブルトップの様なドーンと音の輪郭が分かり難い音ではなく、トラディショナルなギターの音に近い音質で大きく響いてくれます。しかも弦長も640㎜なので弾き易く、気持ちよく演奏が出来るお薦めの一本です。
また、随所に製作家のこだわりが感じられ、アームレストが作り込まれていたり、裏板もセンターにブラックウッドを挟んでデザイン的にも美しく、音的にも締り感を出している要因ではないかと思います。更にレイズドフィンガーボードにしながらも表板と指板の間に隙間を空けて振動面積を大きく取っています。パーフリングにメープル材を使い、インレイにはへリングボーンを入れてより美しく仕上がっています。黒のファイバーケース付です。
オーナーがある事情で数回弾いただけで手放すこととなったこの楽器は本当にお買い得品です。裏板の右肩の塗装が胸の熱で若干曇りが入っているだけで無傷の新品同様です。

サイモン・マーティー

※右にスクロールすると表全体がご覧になれます

モデル 生産国 製作年度 表板 裏・側板 弦長 販売価格
サイモン・マーティー オーストラリア 2006年 スプルース ハカランダ 650mm 1,350,000円(税込)
サイモン・マーティ(1953~ )は、名門シドニー大学の電気工学研究員として勤めた後、オーストラリア国立科学技術調査研究所においてギター音響学を学びました。ギター製作をオーストラリアの製作家、ジェラルド・ジレットの下で学び、裏板はアーチバック形状で独自のアイデアによる表面板の放射状力木(ラジアルブレーシング)が特徴です。これはダブルトップやラティスブレーシングなどを採用したグレッグ・スモールマンなどの音とは違いトラディショナルな作りのギターが持つ芯のある音質を維持しながら大きな音量を実現しています。今や数多くのギタリストに愛用される最も人気のあるオーストラリアの製作家と言えます。
ブリッジはジョン・ギルバート(米)を模した形状でダブルホールを採用し、糸巻きもギルバート製が装着されています。
傷は細かな爪の後や1か所浅い擦り傷がある程度で全体にはきれいな状態です。

TOP