• 052-910-6700

    office@muse-ongakukan.com

  • (店舗)平日11:00~20:00 土日10:00~19:00(教室)平日11:00~20:20 土日10:00~20:00 月曜日定休
  • facebook
  • twitter
  • instagram

お問い合わせ

クラシックギター紹介

中野 潤

Juanito Nakano ラコートモデル

※右にスクロールすると表全体がご覧になれます

モデル 生産国 製作年度 表板 裏・側板 弦長 価格
Juanito Nakano ラコートモデル 日本 2020年 スプルース バーズアイ・メープル 630mm 330,000円 +税
長野県松本市で製作をするJuanito(フアニート) Nakanoこと中野潤氏。彼は石井栄、アントニオ・マリン・モンテロにギター製作を師事。ハウザーやトーレスの研究を通じての彼の19世紀ギターは高く評価されています。その中野氏のラコートモデルの新古品です。殆ど未使用で1点のみ打痕がありますが、他には傷もありません。木ペグですが、ギア付きなので微調整も容易にできます。
低音から高音までバランスも抜群で、ふくよかに響き、音量もあるので弾き易い楽器です。見た目にもバーズアイ・メープルとラコートのフォルムがマッチして美しい楽器に仕上がっています。
ただし、ケースはスーパーライトケースのショートスケール用が付属していますが、専用ではなくサイズは合っていません。
19世紀ギターを考えている方にはお勧めいたします。間違いなく買いです。
1 / 11

TOP