• 052-910-6700

    office@muse-ongakukan.com

  • (店舗)平日11:00~20:00 土日10:00~19:00(教室)平日11:00~20:20 土日10:00~20:00 月曜日定休
  • facebook
  • twitter
  • instagram

お問い合わせ

マンドリン紹介

宮野厚志

M2

※右にスクロールすると表全体がご覧になれます

モデル 生産国 表板 ボディ 指板 塗装 実売価格
M2 日本 ドイツ松 ヨーロピアンメイプル 黒檀 ラッカー艶消し 198,000円+税
宮野マンドリンの中級モデル。ヨーロピアンメイプルのボディからは、柔らかくも伸びやかな音が豊かに響き渡ります。
糸巻きはM-1と同じ特製品で、ツマミは象牙模様の落ち着いた色合いです。
宮野マンドリンは調弦の狂いや雑音が出にくいため、単音・重音ともに音の伸びが非常に良い楽器に仕上がっています。

M-1

※右にスクロールすると表全体がご覧になれます

モデル 生産国 表板 ボディ 指板 塗装 実売価格
M-1 日本 ドイツ松 ローズウッド 黒檀 ラッカー艶消し 162,000円+税
宮野マンドリンはボディはイタリア100年以上の伝統製法でハンドメイドしております。
一年中温度や湿度が安定した地中海性気候の地で長年自然乾燥させた、良質の材料のみを使用しています。
表板は1910年代のオールドヴィナッチァの手法を用いて、一旦曲げてからセンターのハギ面を張り合わせており、落ち込みが起こらない設計です。力木もヴィナッチァを現代の弦のテンションに合うようにモデファイし、低音、中音、高音までが豊かに響くように設計されています。
 指板、フレットは、多くのイタリアマンドリンの問題点である音程の悪さが全て改良されています。正確な音程でハイポジションまでデッドポイントが無く、豊かな倍音が取れるようにフレッチングされています。
 また、ネックは3ピースジョイントのネック材は使わず、ワンピースネックになっており、演奏性能の良い、反りの起こらないネックに仕上げています。
このモデルは、宮野氏がオールドビナッチャのブレーシングにヒントを得てつくり出した本格的なマンドリンです。
1 / 11

TOP