上質なプロのコンサートを当サロンで間近に聴くことが出来ます。

052-910-6700

  • facebook
  • twitter

お問い合わせ

ミューズサロン

サロンコンサート情報の記録

2018年8月19日(日)
ギター・ファミリーコンサートpart 9
“想い出のこの曲・あの歌を、二つのギターと朗読で…”

ミューズ音楽館

開演 15:00

~今年は時代が昭和から平成に代わって30年という節目、そして音楽では優れた童謡を産むきっかけとなった文芸雑誌「赤い鳥」発刊100年に当たります。
今回はそれらを機に、大人から子供へと世代を渡って受け継がれる童謡・唱歌、そして日本や世界の心にしみる音楽をギターの優しい音色にのせてお送りします。
皆さんのご来場をお待ちしています。

【出演】ギター:大矢修三&高岡誠 /朗読:高岡恵子

【金額】 料金/高校生以上\2000 中学生以下無料

<予定曲目>
ギターデュオ)
故郷/手のひらを太陽に/浜辺の歌/かあさんの歌
ハナミズキ/少年時代/埴生の宿/ロンドンデリーの歌
ソナタ第1番 作品44から(L.カル)


(ギターソロ)
ゆうやけこやけ/この道/椰子の実/遥かな友に/いい日旅立ち/アニー・ローリー


 (季節を巡る童謡メドレー)
: 春の小川~めだかの学校~おぼろ月夜
: (うみはひろいな…)~海(松原とおく…)~たなばたさま~夏の思い出
: 虫のこえ~小さい秋みつけた~赤とんぼ~もみじ
: 雪~ペチカ~ほたるの光~冬景色


 

2018年8月5日(日)
第71回 ワンコインコンサート

ミューズ音楽館

開演 15:00

会員の、会員による、会員のためのコンサートです。
エントリー締め切りました!
聴衆参加募集中です!

演奏参加:1,000円
聴衆参加:500円
(お茶・お菓子付)

<演奏者と演奏曲>
1.宮原佳伸 アメリアの遺言/カタロニア民謡
2.伊藤信雄 パバーヌ/G.サンス、メア・キュルパ(夜は恋人)
3.富田一輝 スペインフォリアによる変奏曲/F.ソル
4.熊谷江利子 エチュードOP.60-7(カルカッシ)、未来への歌(佐藤弘和)、アメリアの遺言(リョベート)
5.平澤祥一 ソナタ ニ短調 K213/D.スカルラッティ
6.クラシックギターデュオ”ポポ”(江口徳和&青山日出代)
対話風小二重奏曲 第2番/フェルディナンド・カルリ
7.大住希美重&石黒綾子 ニューシネマパラダイス/E、モリコーネ
8.大住希美重 ひまわり/H.マンシーニ
9.チェ・ホジュン エチュードNo.7(25の練習曲集より)/M.カルカッシ、アストリアス/I.アルベニス
10.鈴木 力 マズルカ ショーロ/H・ヴィラ=ロボス
11.蔵本浩史 メヌエット イ長調 Op.11-6/F.ソル、プレリュードとファンタジー/J.ダウランド
12.松山 繁 マドローニョス/F.M.トローバ、アルハンブラの思い出/F.タレガ
   

 

 

 

2018年7月29日(日)
國松竜次ギターソロコンサート2018
~ワルツとショーロを弾く~

ミューズ音楽館

開演 15:00

一般前売・ミューズ会員:3,000円
一般当日:3,500円
学生:2,000円

ショパン、タレガ、リョベートの ロマン派ワルツ作品、ピアソラ、ラウロ、パウエルの南米ワルツ作品に加え、ヴィラ=ロボスやバリオスの ショーロ作品、また國松による新作 「三つのショリ―ニョ」の初演も含め、ひたすらワルツと ショーロを楽しんで頂くコンサートです。

 <プログラム>
ショパン  ワルツ op.34-2
タレガ  グランドワルツ  二人の姉妹
リョベート  スケルツォワルツ
バリオス   郷愁のショーロ
ペルナンプーゴ 鐘の響き
.國松竜次
二つのワルツ
Ⅰ哀愁のワルツ
Ⅱ情熱のワルツ
3つのショリーニョ
Ⅰピシンギーニャ賛歌
Ⅱフェレイラ賛歌
Ⅲナザレー賛歌
ピアソラ チキリン・デ・バチン
ラウロ ベネズエラワルツNo.3,4
ノイマン  ラブワルツ
ヴィラ=ロボス  ショーロス第1番

【國松竜次レッスン会】 受講生募集中!
コンサート終了後、個人レッスンをして頂きます。
17:30~19:30 (1人40分)
【受講料】一般9,000円/会員8,000円
【聴講料】一般1,500円/会員1,000円

<受講者と受講予定曲>
1.吉田豊司 ミロンガ/J.カルドーソ
2.相曽三紀 ダンシング・イン・ザ・ムーンライト/國松竜次
3.西脇寿幸 ナイトクラブ1960(アストルピアソラ/國松竜次編)

*レッスン終了後に國松さんを囲んで打ち上げを行います。受講者。聴講者は参加できます。(費用は別途精算)
  

<プロフィール>
京都府生まれ。スペインに留学し、ルティエール芸術音楽学校で学ぶ。ギターをフェルナンド・ロドリゲス、カルレス・トレパットに、作曲をダビッド・パドロスに師事。バルセロナ国際ギターコンクール優勝。サラウツ国際ギターコンクール特別賞。2007年帰国。同年6月には大阪、東京、京都で全編即興演奏によるデビューリサイタルを行い、各地で好評を博した。
これまでにバルセロナギターフェスティバル、ルスト国際ギターフェスティバル、ローザンヌ国際ギターフェスティバル、サラエボ国際ギターフェスティバルなど内外の音楽フェスティバルに招かれ演奏する。 ギターソロの他、各種アンサンブルやオーケストラとも共演、作曲も行い、これまでにいくつかの作品を自作自演により初演する。CD「プレイズピアソラ」、「フランシスコ・タレガ作品集」、「アレンジメント」、「ミゲル・リョベート作品集」、DVD「ギターリサイタル2008 in 大阪」が発売されている。 2016年2月に自身のオリジナル作品を集めた新譜「プレイズ・クニマツvol.1~京都の風景」を発売。 全作曲作品の楽譜をウェブで無料公開している。
http://www.ryujikunimatsu.com/freescore.html

2018年7月21日(土)
休憩ソンガー・古澤 功ワンマンライブ
~ミューズMyドリームコンサート#6~

ミューズ音楽館

開演 15:00

ミューズ・マイドリームコンサートへの出演は3回目になります。今までは仲間にも出演してもらいましたが、今年は自分にとって飛躍の年にしたいと思い、その第一歩とするためにこのワンマンライブを企画しました。今まで試行錯誤がありましたが、ようやく少し自分の理想とする演奏スタイルに近づいてきました。
今回の演奏会に来てくださる方が皆、楽しで頂けると信じておりますので、是非遊びに来ていただけたらと思います。(古澤巧)

入場料:500円

<プログラム>
~第一部~
1.青春の輝き(カーペンターズ)
2.メリッサ(ポルノグラフィティ)
3.ロッキーのテーマ(ビル・コンティ)
4.明日に架ける橋(サイモン&ガーファンクル)
5.また君に恋してる(坂本冬美)
6.Silent Bible(水樹奈々)
7.I believe(絢香)
8.パイレーツ オブ カリビアン
9.Kanon(J.パッヘルベル)
10.My heart will go on(セリーヌ・ディオン)
11.secret base ~君がくれたもの~(ZONE)
12.心絵(ロード オブ メジャー)
13.スーパーマリオ(近藤浩治)

 休憩(10分)

~第二部~
1.赤いスイートピー(松田聖子)
2.調和の霊感 第1楽章より(A.ヴィヴァルディ)
3.粉雪(レミオロメン)
4.3月9日(レミオロメン)5.God knows...(平野綾)
6.スムーズ クリミナル(マイケル・ジャクソン)
7.オーバー・ザ・レインボー(H.Arlen 武満徹 編曲)
8.トップ・オブ・ザ・ワールド(カーペンターズ)
9.ジュピター(ホルスト)
10.残酷な天使のテーゼ(高橋洋子)
11.フラッシュダンス(アイリーン・キャラ)
12.千本桜(初音ミク)
13.ステイン・アライヴ(ビー・ジーズ)
14.サンバースト(A.ヨーク)

◎古澤巧
12歳より両親の手ほどきのもとクラシックギターを始める。18歳より山口直樹氏に師事。2015年福田進一氏のマスタークラスを受講。
クラシック音楽を始め、J-popやアニメソング、映画音楽等をギターソロに編曲、幅広いレパートリーを持つ。
憧れのアーティスト水樹奈々氏とのただ一度のコラボを目指して演奏活動をスタートさせ、現在は路上ライブやレストランのBGM、カフェ、インストア等のライブ活動を中心に、ラジオ出演や歌の伴奏、講師業等様々な場面で活躍中。
2013年・2015年にミューズマイドリームコンサート開催で満員の大成功を収める。
2017年自身初のCDとなる1stシングル「interval song」を発売。

 

2018年7月15日(日)
菅沼聖隆&宇田奈津美コンサート 公演中止!

ミューズ音楽館

開演 公演中止となりました!

演奏者の都合により公演は中止となりました!
悪しからずご了承ください!


一般:3,000円
会員:2,500円
学生:1,500円

<プログラム>
三つのセレナーデから第1番 /フェルディナンド・カルリ

子供の領分から/クラウド・ドビュッシー
像の子守唄 小さな羊飼い ゴリウォッグのケーキウォーク

ラプソディ・ジャパン / 藤井眞吾

キズアト /菅沼聖隆

 アンクラージュマンOp.34/F.ソル
・Cantabile
・Theme
・Valse

※プログラムは変更される場合があります。

<菅沼 聖隆 プロフィール>
 
1996年01月28日東京生まれ、21歳。2歳半ば頃、ギターに興味を持ち出す。5歳より村治 昇氏が主宰する早期才能ギター教室にて村治 昇氏に師事し、クラシックギターに出会う。その後も教室の講師として勤めている坪川真理子氏、金庸太氏両氏にも師事。また中学三年生頃、作曲和声学、ソルフェージュを三上徹氏に師事した影響もあり、現在は作曲もしている。2014年10月、フランシスコ・ベルニエール氏に師事するため、スペインのセビーリャ高等音楽院へ留学する。
2012年~現在、日本国内外の多数のコンクールにおいて受賞・入賞を果たす。パヴロ・マルケス、ウィリアム・カネンガイザーなどの海外のギタリストのマスタークラスにも積極的に受け、2011年の庄内国際ギターフェスティバルでは最優秀生を受賞。2015年6月に留学先のセビーリャ高等音楽院にてギター最優秀生に送られる「Matrícula de honor」を受賞。同年11月、スペインのグラナダにあるアルムニェーカルにて行われた第31回アンドレス・セゴビア国際ギターコンクールにおいて3位を受賞し、日本人としてはギタリストの大場悟氏以来23年ぶりの入賞を果たす。
さらに、クラシック以外にも積極的な活動を始め、南米フォルクローレ、ラテン、そしてフラメンコギターなど、多くのレパートリーを弾きこなす小林 智詠氏と共に「Masa&Chiei」として2012年07月27日にラテン音楽系ファーストアルバム「El baile de la Juventud (若者の舞踏~)」をリリース。様々な活動を繰り広げ、今現在もスペインで研鑽を積んでいる。

<宇田 奈津美 プロフィール>
5歳からギターを始め柴田健氏に師事。現在新井伴典氏に師事。また稲垣稔、田口秀一、今村泰典、佐々木忠、トーマス・ミュラー=ペリング、フラビオ・クッキ、ローラン・ディアンス、スサーナ・プリエト、アレクシス・ムズラキス(Duo Melis)、パブロ・マルケス、ミゲル・トラパガ、リカルド・カジェン各氏のマスタークラスやレッスンを受講。
相愛大学音楽学部を特別奨学生として卒業。卒業時に「学長奨励賞」を受賞。同大学卒業演奏会出演。「日本ギターコンクール」小学生、中学生、高校生部門全て第1位。同コンクールオヌール部門第2位。公益社団法人日本ギター連盟主催「新進芸術家ギタリストの饗宴」に選出される。「第2回オールジャパンギターコンクール」第1位。同連盟が定めるディプロマを取得。
第12回大阪国際音楽コンクール大学生部門アブニール賞受賞。
2013年、2014年度公益財団法人青山財団奨学生。
2015年に青山音楽記念館バロックザールにて初のソロリサイタルを開催し、関西を中心に演奏活動を行っている。
現在、(株)天理楽器、ドレミ音楽スクールクラシックギター科講師。

2018年 06月16日(土)
◆福田進一マスタークラス

ミューズ

開演 11:00~

受講者募集は締め切りました!
聴講者募集中!

<受講料> 一般:20,000 会員:18,000
<聴講料> 一般:3,000 会員:2,500 学生:1,500

<受講者と受講曲>
1.吉田豊司 リーベスライ(愛の歌)/J.K.メルツ
2.東 光  スペインのフォリアによる変奏曲/M.ジュリアーニ
3.一木ゆり子 タンゴ/F. タレガ、メヌエットハ長調 Op.25/F.ソル
4.水谷彩美 ソナチネよりアレグレッと/M.トローバ
5.チェ・ホジュン アストリアス/I.アルベニス
6.中村海真 「魔笛」の主題による変奏曲Op9/F.ソル
7.大住昇平 シャコンヌ/J.S.バッハ

レッスン終了後、福田先生を囲んで打ち上げもあります。
(費用別途)

2018年6月9日(土)
第70回 ワンコインコンサート

ミューズ音楽館

開演 15:00

会員の、会員による、会員のためのコンサートです。
エントリーは締め切りました。
聴衆参加募集中!

演奏参加:1,000円
聴衆参加:500円
(お茶・お菓子付)

<演奏者と演奏曲>
1.戸塚そら ソル24の斬新的なレッスンOp31-5 ハンガリアンマズルカ/J.ドーン
2.吉田豊司 マリア・ルイサ/J.サグレラス  ラグリマ/F.タレガ
3.宮原佳伸 アレグロ・ヴィヴァーチェ/ジュリアーニ、アメリアの遺言/カタロニア民謡
4.平澤祥一 練習曲Op.35-22月光/F.ソル  ソナタ ニ短調 K.213/D.スカルラッティ
5.伊藤信雄 パヴァーヌ/サンス、アレグロ・ヴィヴァーチェ/ジュリアーニ
6.熊谷江利子 未来への歌/佐藤弘和    アメリアの遺言/リョベート
7.前田紋子 ロマンス/J.K.メルツ
8.伊沢義則 アストリアス/I.アルベニス アラビア風奇想曲/F.タレガ
9.鈴木翔太 かれん/佐藤弘和、サンブラ・グラナディーナ/I.アルベニス
10.鈴木 力 エチュードニ短調、エチュードイ短調/N.コスト
11.蔵本浩史 メヌエット イ長調 Op.11-6/F.ソル、無伴奏チェロ組曲第3番ハ長調より アルマンドとジーグ/J.S.バッハ
12.松山 繁  夏の思い出/中田喜直/莉燦馮 編、しおれた心/M.M.ポンセ/江部賢一 編

 

 

 

2018年6月3日(日)
谷辺 昌央 ギター・リサイタル
~Opera on guitar~

ミューズ音楽館

開演 15:00

現在、名古屋、東京を中心に国際的に演奏活躍をする日本を代表するギタリスト・谷辺昌央のミューズサロンでのリサイタル。今回はオペラ音楽をギターでたっぷりとお楽しみください。

一般:4,000円
会員:3,500円
学生:2,000円

<プログラム>

W.A.モーツァルト(1756-1791) / F.ソル (1778-1839)編             
オペラ『魔笛』より6つのアリア Op.19                                                  
Ⅰ. 神官たちの行進
Ⅱ. 女の奸計から身を守れ
Ⅲ.   再びようこそ
Ⅳ. これはなんと素敵な響きだ
Ⅴ. 心正しい人がこんな鈴を持ったら
Ⅵ. おお イシスとオシリスの神よ、なんという喜び!

F.ソル (1778-1839)
モーツァルトの『魔笛』の主題による変奏曲 Op.9                                     

M.ジュリアーニ(1781-1829)  
ロッシニアーナ     第5番 Op.123                                                            

J.K.メルツ(1806-1856)                                                                         
エレジー

M.ジュリアーニ (1781-1829)
ロッシニアーナ   第1番 Op.119   

他     

<プロフィール>

7歳からギターを始める。東京大学在学中に、東京国際ギターコンクールに首席入賞。1999年よりドイツ、ケルン音楽大学に留学し、首席卒業。ノルバ・カエサリーナ国際ギターコンクールなどヨーロッパの多数の国際コンクールで優勝。
2005年ワシントンのケネディーセンターにてアメリカ・デビュー。欧米のオーケストラとも多数共演。南米ツアーではブラジル日系移民100周年記念事業として、林光のギター協奏曲「北の帆船」を南米初演。《アセントゥアード》《すべての人のための祈り》はレコード芸術特選盤、読売新聞サウンズボックス特選盤など各方面より高い評価を得る。NHK・名曲リサイタル、東京オペラシティでの「武満徹没後20年記念」リサイタルなどに出演。ドイツのMDGレーベルより《日本人作曲家によるギター協奏曲集》(武満徹、細川俊夫、林光)を世界同時リリース。
2013年名古屋音楽ペンクラブ賞, 2015年名古屋市文化振興事業団第31回芸術創造賞受賞。
現在、名古屋、東京を中心に定期的にリサイタルを行う等国内外で活躍。またギター指導の他、カルレヴァーロ奏法、パルス・トレーニング講座が好評を得ている。名古屋音楽大学非常勤講師。

2018年5月27日(日)
井上泰信&藤井敬吾ジョイントコンサート
~マンドリンとギターの饗宴~

ミューズ音楽館

開演 15:00

マンドリン奏者、指揮者として多くの大学や合奏団体の指導も行っている井上泰信氏とギタリスト兼作曲家で大阪音楽大学特任教授の藤井敬吾氏によるミューズサロン初のジョイントコンサート。ミューズ音楽館講師であるお二人のスペシャルコンサートです。

一般:4,000円
会員:3,500円
学生:3,000円

《プログラム》
<井上マンドリンソロ>
・レオーネ アリアと変奏第4番
・ムニエル 愛の歌
・カラーチェ 前奏曲第2番

< 藤井ギターソロ>
・ケテルビー(藤井敬吾編曲)ペルシャの市場にて
・ブレッシャネロ   組曲ホ短調
・トローバ 2つの小品

 <デュオ>
・愛のロマンス(禁じられた遊び)(藤井敬吾編) 
・スウェーデン民謡「麗しき薔薇を知る者」の主題による変奏曲/藤井敬吾
・ピアソレーション III/藤井敬吾
・マンドリンとギターの為のソナタ/藤井敬吾

 ◎井上泰信(マンドリン)
1992年第13回日本マンドリン独奏コンクール第3位。1994年第1回ドイツ・シュヴァインフルト国際マンドリンコンクール次位。同年第14回日本マンドリン独奏コンクール第1位。1997年 第3回ロシア北方杯国際コンクールマンドリン部門第1位。 現在、京都教育大学、名古屋大学、東北大学、龍谷大学、関西大学各マンドリンクラブ技術顧問の他、全国各地の高校クラブ指導、全国高校総文をはじめとする大会講評などを担当する。 ARTE国際(旧大阪国際)マンドリンフェスティバル&コンクール総監督。 全日本マンドリン合奏コンクール実行委員長。

◎藤井敬吾(クラシックギター・作曲)
イギリスのギルド・ホール音楽院に学びL.G.S.M.演奏家ディプロマを取得。1985年ラミレス・コンクールとオレンセ国際コンクールにて連続して第1位となる他マリア・カナルス国際コンクールやジュリアーニ国際コンクールで第3位に入賞している。1995年、青山音楽財団より「青山音楽賞」を授与される。2001年にはタレガ国際コンクールの審査員として招待されている。現在、大阪音楽大学特任教授、京都堀川音楽高校講師をしている。

2018年 05月26日(土)
吉川二郎コンサート フラメンコギターとギタルパの調べ

開演 15:00

当日:3,500円
前売:3,000円

<プログラム>

第1部 コンサートフラメンコギターの調べ
《ギター独奏》
海のきらめき:Malagueña(吉川二郎)
時の使者EVOCACION:久能山東照宮に奉納(吉川二郎)
【アルメリアの想い出】
1.インダーロ(吉川二郎)
2.フラミンゴの湖:Bulería(吉川二郎)
3.めのう岬Taranta/Bulería(吉川二郎)

第2部 デュオの楽しみ ギター共演:野口久子   編曲:吉川二郎
《ギタルパとギター》
二つのマンドリンの協奏曲より:Andante(A.ビバルディ)
郭公(LC.ダカン)
スペイン舞曲 第2番 第5番(E.グラナドス)

《ギター2重奏》
モンレオンの若者:(スペイン民謡~吉川二郎編)
カディスからハバナヘ:Guajira(A.バリオス~吉川二郎編)
粉屋の踊り:Farruca(M. de Falla~吉川二郎編)
あら! ふらめんか‐2nd Version(日本の歌メドレー)

◎吉川二郎
1951年、大阪生れ。関西学院大学卒。1977年、スペインに渡りコンサートフラメンコギターの巨匠マヌエル・カーノに師事。1988年、全曲オリジナルのフラメンコ曲を収録のCDアルバム『迷路』を発表。以後、2015年発売の「麗しのグラナダ」まで11枚 のアルバムを発売。積極的な創作演奏活動を続け、1998年にスペインで発刊された「フラメンコ大百科事典」に日本を代表するフラメンコギタリストとして紹介されている。1994年にフレット付き卓上ハープ「ギタルパ」を発案、楽器の研究を重ね、 2010年から演奏活動を開始。コンサートフラメンコギターと共に、ギタルパの音楽と楽器の普及を目指す。2003年11月、兵庫県川西市民文化賞受賞。2004年から毎年、サラマンカ、グラナダ、コルドバ、アルメリアなど、スペイン各地でコンサート活動を続けている。

◎野口久子(共演)
尼崎市出身。関西学院大学卒。1986年から吉川二郎に師事。
スペインでホセ・マヌエル・カーノにレッスンを受ける。
1998年から吉川二郎の2重奏のパートナーとして活躍。

 

TOP