上質なプロのコンサートを当サロンで間近に聴くことが出来ます。

052-910-6700

  • facebook
  • twitter

お問い合わせ

ミューズサロン

サロンコンサート情報の記録

2017年8月12日(土)
第65回 ワンコインコンサート

ミューズ音楽館

開演 15:00

会員の、会員による、会員のためのコンサートです。
エントリーは締め切りました、
聴衆参加募集しています。 

演奏参加:1,000円
聴衆参加:500円
(お茶・お菓子付)

<演奏者と演奏曲目>
1.吉田豊司 ミロンガ/J.カルドーソ
2.石原伸一 25の練習曲よりNo1/M.カルカッシ 月光//F.ソル
3.安達智子 恋人/福山雅治 おいしい水/A.C.ジョビン
4.安武正浩 Someday/アラン・メンケン
5.塩野崎 均 聖母の御子/ M.リョベート ショーロスNo.1/H.ヴィラ=ロボス
6.荒木勇二 メヌエット1番/F.ソル、郷愁ショーロ/A.バリオス
7.板倉千尋 エストレリータ/MMポンセ 無伴奏チェロ組曲第1番プレリュード(BWV1007)/J.S.バッハ
8.平澤祥一 パルティータ ハ短調(BWV997)より・プレリュード・サラバンド/J.S.バッハ
9.熊谷江利子 夢(マズルカ)/F.タレガ 25の練習曲Op/60より第1番/M.カルカッシ ラ・マズルカ/L.レニャーニ
10.坂井和裕 ファンタジー/S.L.ヴァイス ブエノスアイレスの夏/A.ピアソラ
11.鈴木 翔太 シークレットラブ/サミー・フェイン イエスタデイ/レノン・マッカートニー
12.蔵本浩史 ワルツOp.32-2/F.ソル、プレリュードBWV998より/J.S.バッハ、鐘の響き/J.ペルナンブコ

 
  
       
       
        

 

 

2017年8月5日(土)
植木和輝 19世紀ギターによるサロンコンサート
~指頭奏法、立奏、ガット弦~NYで身につけた伝統的スタイルが新しい楽興を呼び起こす~

ミューズ音楽館

開演 15:00

マンハッタン音楽院で修士号を取得して、昨年帰国した植木和輝 氏が、ファーストアルバム発売を記念して行うサロンコンサート。

一般:1,000円
会員:
 500円

<プログラム>
 ○
18の斬新的練習曲 Op.51より/M.ジュリアーニ
……第13番 アレグレット
……第14番 グラツィオーソ
 〇6つの小品「やってみましょう」Op.45より/F.ソル
……第5番 アンダンテ
 〇魔笛からの6つのアリア Op.19より/F.ソル
……神官の行進
……女の悪巧みから身を守れ
……ようこそ、ついに再会を
……おお、なんと素敵な響きだ
……誰でもこんな鈴を持てば
……合唱、偉大なイシスとオシリスの神よ
 〇24の小品 Op.20 より/W.T.マティーカ
……第6番 変奏曲ハ長調
……第10番 メヌエット”.プレスト)
 〇ノクターン第2番 Op.9-2 /F.ショパン/F.タレガ)

 休憩

 〇ソナタ第2番 Op.31 (W.T.マティーカ)
……1,アレグロ・マエストーソ
……2,メヌエット
……3,「アンリ4世万歳」による変奏曲
 〇10の練習曲 より/G.レゴンディ
……練習曲第1番 ハ長調 モデラート
……練習曲第3番 イ長調 アレグレット・コン・モート
 〇ソナチネ第3番 Op.71-3 /M.ジュリアーニ
……1,アンダンティーノ・ソステヌート
……2,テンポ・ディ・マルシア
……3,スケルツォ・コン・モート
……4,フィナーレ


<CD Early Romantic Guitar Recital>
ing208ing209

<プロフィール>
新潟市出身のギタリスト。11
歳からクラシックギターを始め、ヤマハ音楽教室で菅井耕衛氏に師事する。東京外国語大学に入学の為に上京してからは、津田昭治、塩谷牧子両氏に師事する。卒業と同時に渡米しマンハッタン音楽院に入学、デビッド・スタロビン氏に4年間師事し、音楽性を磨き、19世紀のギター音楽への造詣を深める。

2015年に修士号に当たるマスターズディグリーを取得する。2016年に帰国し現在は新潟を中心に活動中。右手の爪を使わない指頭奏法や立奏による演奏スタイルが特徴的である。2017年4月に1stアルバム『Early Romantic Guitar Recital』をリリース。

 http://uekinaika.club/kazuki/japanese/

 

 

2017年7月30日(日)
サロン講座「単旋律の美しい奏で方」
難しいギター曲を演奏しているとつい見落としがちな旋律の事を徹底解説!

ミューズ音楽館

開演 15:00

歌うように弾くってどういう事?
どうすれば音が繋がって聞こえるの?
音のバランスは?
などなど様々な疑問を解説いたします。

初心者から上級者まで、ハ長調の2オクターブくらいの音階が弾ける方でしたらどなたでもご参加いただけます。

実践講座ですので皆さまギターをお持ちになってご参加をお待ちしております!
定員16名です。

一般:2,000円
会員:1,500円

【伊藤兼治プロフィール】
名古屋市生まれ。8才よりギターを速水武志、寺本安江の各氏に師事。その後、福田進一、鎌田慶昭、松永一文の各氏に師事。これまでに、D.ラッセル、F.クエンカ、S.グロンドーナ、加藤政幸、徳武正和、上原由記音(ピアニスト)、岩崎慎一、J.ペロワ各氏のマスタークラスを受講。1998年フランス・モルジーヌ国際音楽アカデミーに参加。日本ギタリスト協会主催、第32、33、34回クラシカルギターコンクール入賞。現在愛知県を中心に各地でのソロコンサート、室内楽とも積極的に活動を行い数多くのコンサートシリーズを開催し好評を得ている。中部日本ギター協会理事。中部日本ギター協会認定教授者。ミューズ音楽館池下教室講師。「伊藤兼治ギター教室」主宰

2017年7月29日
ギター・ファミリーコサート part 8 
“音でつづる、愛すべき生き物たち”

ミューズ音楽館

開演 15:00

8回目を迎えるギター・ファミリーコンサート、今回は鳥や動物・虫たちの世界を、ギターと朗読で巡ってみましょう。
ファミリーコンサートとは大人も子供も家族そろって一緒に楽しめるコンサートで、中学生以下を入場無料にしているところが特徴です。これは演奏者も主催者も一人でも多くの子供たちにギターの素晴らしさを広めたいと言う思いからです。是非ご家族揃ってお越しください。

【出演】ギター:大矢修三&高岡誠 /朗読:高岡恵子

【金額】 料金/高校生以上\2000 中学生以下無料

【予定曲目】
(デュオ)
かっこう(ダカン)
 白鳥(サン・サーンス)
 “日本童謡名曲メドレー”
~ぞうさん、森のくまさん、かたつむり、めだかの学校、犬のおまわりさん、他

風の伝説(久石譲、「風の谷のナウシカ」より)

(大矢ソロ)
  七つの子(本居長世)
「牝牛の番をして」による変奏曲(ナルバエス)
蜜蜂(バリオス)
ギリシャ亀(E.デ・ラ・マーサ、組曲「プラテーロと私」から)

(高岡ソロ)
山の音楽家(ドイツ民謡)
すずめ(デュアルテ、組曲「鳥」から)
ほたる(後藤千秋)

(朗読とギター)
  “みにくいアヒルの子”(アンデルセン)
~曲/ギターデュオの為の組曲「みにくいアヒルの子」(J.Cerf)から

2017年7月9日(日)
國松竜次デビュー10周年記念コンサート2017
~Plays Best Hit Repertoire~

ミューズ音楽館

開演 15:00

2007年スペイン留学を終え、全編即興演奏による帰国デビューリサイタルから10年を迎える國松が、これまで演奏してきたレパートリーの中から多数のリクエストが寄せられる曲を集め、新作2曲も含めてデビュー10周年記念コンサートを行います。
益々磨きのかかった繊細な音作りと卓越したテクニックをお楽しみください。

一般前売・ミューズ会員:3,000円
一般当日:3,500円
学生:2,000円

【國松竜次レッスン会】 受講生は締め切りました!
コンサート終了後、個人レッスンをして頂きます。
17:30~19:30 (1人40分)
【受講料】一般9,000円/会員8,000円
【聴講料】一般1,500円/会員1,000円

<受講者と受講予定曲>
1.相曽三紀 カフェ1930/A.ピアソラ(國松編)
2.西脇寿幸 ナイトクラブ1960/A.ピアソラ(國松編)
3.度會亜起 オブリビオン/A.ピアソラ(國松編)

<プログラム>
オブリビオン(ピアソラ)※
エスクアロ(ピアソラ)※
アランブラの思い出(タレガ)
アラビア奇想曲(タレガ)
ロマンサ(リョベート)
レスプエスタ(リョベート)
月光(ソル)
聖夜(ソル)
赤とんぼ(ヤマダ)※
浜辺の歌(ナリタ)※
宇治川のほとり(クニマツ)
紅のタンゴ(クニマツ)
京都の風景(クニマツ)
悲しみの街(クニマツ)
※クニマツ編

<プロフィール>
京都府生まれ。スペインに留学し、ルティエール芸術音楽学校で学ぶ。ギターをフェルナンド・ロドリゲス、カルレス・トレパットに、作曲をダビッド・パドロスに師事。バルセロナ国際ギターコンクール優勝。サラウツ国際ギターコンクール特別賞。2007年帰国。同年6月には大阪、東京、京都で全編即興演奏によるデビューリサイタルを行い、各地で好評を博した。
これまでにバルセロナギターフェスティバル、ルスト国際ギターフェスティバル、ローザンヌ国際ギターフェスティバル、サラエボ国際ギターフェスティバルなど内外の音楽フェスティバルに招かれ演奏する。 ギターソロの他、各種アンサンブルやオーケストラとも共演、作曲も行い、これまでにいくつかの作品を自作自演により初演する。CD「プレイズピアソラ」、「フランシスコ・タレガ作品集」、「アレンジメント」、「ミゲル・リョベート作品集」、DVD「ギターリサイタル2008 in 大阪」が発売されている。 2016年2月に自身のオリジナル作品を集めた新譜「プレイズ・クニマツvol.1~京都の風景」を発売。 全作曲作品の楽譜をウェブで無料公開している。
http://www.ryujikunimatsu.com/freescore.html

2017年7月2日(日)
サロン講座『やっぱり弾いてみたい!バッハ。』
~BWV998プレリュード・フーガ・アレグロよりプレリュード~

ミューズ

開演 15:00

 クラシック・ギターにとって重要なレパートリーのひとつであるバッハ。しか
し、 いざ取り組んでみると、よくわからないまま弾いてしまう場合もよくある
ようです。ある著名なギタリストが「バッハの演奏はリューティストのアドヴァ
イスがとても役に立つ」という意味のことをおっしゃっていました。今回ミューズで
 は、リューティストの中川先生に、ギターでもよく弾かれるBWV998プレリュー
ド・フーガ・アレグロから、プレリュードの講座を開いていただきます。ギター
でバッハを弾く際の留意点、編曲など、バッハをきちんと理解して演奏する上で
役に立つ内容満載です。

講師:中川祥治

聴講料
会員 2000円
非会員2500円

モデル生徒は決定しました。

聴講者全員に、中川先生による、バッハの自筆譜からおこしたギター譜(ニ長調)
(注釈付き)を差し上げます。

<講師プロフィル>
中川祥治(リューティスト)
リュートと古楽演奏を大橋敏成に師事。スイスのバーゼル・スコラ・カントルムに学び、バロック・リュートと通奏低音をホプキンソン・スミス、リュート・ソングをアントニー・ルーリー、中世リュートをクロウフォード・ヤングに師事。テレビ・ラジオ出演、リサイタル等をはじめ、日本各地、中国、オーストラリア、 イギリス、スイス、アメリカでも演奏活動を行う。また作曲家として商業音楽、 学校教材音楽、ギター音楽などの分野で活動も行う。主なCDおよび出版物に 「バッハ、ヴァイ ス作品集第1集」「同第2集」(ドイツ・アクースティカ・レ コード)、英語教科書New Crown EnglishCourse平成9年度版および14年度版 の音楽(三省堂)、「ドレスデン写本によるヴァイス・リュート曲集」(自費出版)、ギター曲集「夜間 飛行」(ナカガワ・プロジェクト)、ギター教本「楽しいギターレッスン」(ナカガワ・プロジェクト)、ギター曲「ワルツM」(カワイ楽譜(共著))、みんなが知っているギターアンサンブル曲集~日本の歌101選より~(ミューズ音楽館)、バッハ:無伴奏チェロ組曲第6番の真相(現代ギター2016年10月号)がある。

2017年7月1日(土)
川潟誠&山田陽介 ギターデュオコンサート
~10弦ギターによるデュオの世界~

ミューズ音楽館

開演 15:00

関西を中心に活躍している10弦ギタリスト川潟誠氏と名古屋を拠点に活動している山田陽介氏による10弦ギターデュオの初名古屋公演です。前半にバッハ<イギリス組曲第2番>、後半にシューマン<子供の情景>を中心に並べたプログラムでクラシック音楽の醍醐味をお楽しみください。

 一般:3,000円
会員:2,500円
学生:1,500円

 <プログラム>
【第1部】
●組曲 イ長調(D.ブクステフーデ)
アルマンド   
クーラント   
サラバンド    
ジーグ

 ●イギリス組曲 第2番(J.S.バッハ)
プレリュード
アルマンド
クーラント
サラバンド
ブーレⅠ&Ⅱ
ジーグ

 【第2部】
●ノクターン(F.ショパン)
●子供の情景(R.シューマン)
 見知らぬ国と人々
珍しいお話
鬼ごっこ
おねだり
満ちたりた幸福
トロイメライ
炉端にて
木馬の騎士
むきになって
こわがらせ
子供は寝入る
詩人は語る

●アダージョとロンド(W.A.モーツァルト)

 <川潟誠プロフィール>
1961年大阪生まれ。15歳の頃よりギターを始め、20歳の頃からcocoの会主催のシリーズコンサートにて演奏活動を開始、研鑽を積む。その後、岩永善信氏に師事。1980年代半ばには8弦ギターや10弦ギターなど、多弦ギターに触れる機会を得て、1986年に本格的に10弦ギターに転向。1987年に第12回ギター音楽大賞第1位、1990年には第17回日本ギターコンクール第3位を授賞。また、早い頃から編曲活動も盛んに行い、重奏やアンサンブルなどを中心に、バロックから古典、ロマン、近現代に至るまで、多数の編曲作品を残している。現在は武庫川ギタークラブを主宰、87年に始めたクラシックギターフリーコンサートは、年1回のペースを守りながら現在も継続している。近年は名古屋を拠点に活動しているギタリスト山田陽介氏とも交流、10弦ギターの特長を積極的に活用した編曲による二重奏やトリオなども定期的に発表している。日本ギタリスト会議実行委員

 <山田陽介プロフィール>
愛知県江南市出身。2006年、名古屋芸術大学卒業。同年、同大学卒業演奏会、第28回読売中部新人演奏会に出演。以後、ソロリサイタルのほか、ギターアンサンブル、他楽器との共演や、オーケストラのソリストなど、幅広く活動。
これまでに、ギターを井深和弘、酒井康雄、岩永善信の各氏に、室内楽を依田嘉明氏に師事。マスタークラスなどにおいてY.エトヴェシュ、S.グロンドーナ、R.イズナオラ等、多数のギタリストに指導を受ける。
現在、山田陽介ギター教室主宰。ミューズ音楽館、愛曲楽器、長久手文化の家、稲沢ギターアンサンブル講師。名古屋芸術大学非常勤講師。

 

2017年6月18日(日)
第64回 ワンコインコンサート

主催:ミューズ

開演 15:00

会員の、会員による、会員のためのコンサートです。
エントリーは締め切りました! 聴衆参加募集中です!
あなたも人前で演奏する場数を踏む事で上達していきますよ! 

演奏参加:1,000円
聴衆参加:500円
(お茶・お菓子付)

<演奏者と演奏曲目>
1.原田 暖人 アルハンブラ宮殿の想い出/F.タレガ
2.富田萌々香 プレリュード1番/M.Mポンセ
3.吉澤康樹 Riflessi/Giorgio Signorile
4.山本貴大 月光/F.ソル  小さなロマンス/ルイゼ・ワルカー
5.杉浦浩司  バーデンジャズ組曲より シンプリシタス/イルマル、
リュート組曲BWV997より プレリュード/J.S.Bach
6.熊谷江利子 ラ・マズルカ/L.レニャーニ、夢(マズルカ)/F.タレガ
7.荒木勇二 ワルツ ペルアーノ、ミロンガ/J.カルドーソ
8.丹羽廣忠 蛙のガイヤルド、ファンタジー7番/ジョン・ダウンランド
9.鈴木 力 ラウル・ボルヘス讃歌/J.R.シスネロス、トゥリーハ/F.M.トローバ
10.浮海祥治 練習曲Op.60-1 /M.カルカッシ 、セヴィーリャ /I.アルベニス
11・松山 繁 ラ・ヴァレンティーナ/M.M.ポンセ、最後のトレモロ/A.バリオス
12.鈴木結香子&澤田敏之(二重奏)
カノン/ G.P.テレマン、カンタービレ「アンクラージュマン」より/F. ソル
     
     
      

 

 

2017年6月17日(土)
サロン講座「エチュード活用法」

ミューズ音楽館

開演 15:00

エチュード=”練習曲”の実践的な活用法講座!!カルリ、カルカッシ、ソル、ジュリアーニ、アグアド。。。クラシックギターのレッスンに通っていると基本的なアルペジオやスケール、スラーやセーハ、ハーモニーや表現力を身につけていくために必ずと言っていいほど聞く作曲家たち。近代ではブローウェルやヴィラロボスなども筆頭に挙げられます。そもそも普段エチュードをやっているけれど具体的に何のためにやっているのか?本講座ではその目的、どこに着目するべきなのか、そしてそれらをどのように実際の曲に活かせばいいのかを徹底分析!このエチュードのここが難しくてできないけどどのように攻略したらいいの?といった疑問にもお答えします!

*事前に練習曲の曲目のリクエストをお待ちしております。このエチュードについて解説して欲しいと言う方、是非メールで作曲者名、練習曲名をお知らせください。作品番号が分かる方は作品番号も、分からない場合は楽譜の3~4小節の画像を添付してください。

*解説リクエスト曲:ソルのエチュード(作品35-17、セゴビア番号6)

あなたもリクエストがあればお知らせください。

講師:生田直基

一般:1,500円
会員:1,000円

<プロフィール>
高田元太郎氏に師事。2008年よりイギリスへ渡り、トリニティ音楽大学演奏家課程にてグラハム・デヴァインに師事。修了したのち、ウィーンにて研鑽を積んだ。留学中にロンドン、アテネ、ブダペストでリサイタルを行ったほか、ハンガリー、ミスコルツ市立音楽院にて短期集中ギター科の講師を二度務めた。2011年に完全帰国。現在は名古屋を中心に教授活動や演奏活動を行っている。また愛知県出身の若手アーティストとも協力し、大小様々な活動を通してギターのみならずそれぞれのつながりにより音楽業界を発展させることにも尽力している。
http://naoki-ikuta.jimdo.com

2017年6月4日(日)
熊谷俊之サロンコンサート&レッスン会

ミューズ音楽館

開演 15:00

2007年第50回東京国際ギターコンクール2位に入賞して、翌2008年にオーストリアに留学する直前にミューズで素晴らしい演奏を披露してくれた熊谷俊之氏。留学後、ウィーン国立音楽大学大学院を審査員満場一致の最優秀で修了し、多数の国際コンクールに入賞を果たした大きく成長した熊谷俊之氏が、ポンセ、バリオス、カルレバーロ、テデスコ、ブローウエルなどクラシックギターの往年の名曲をたっぷり楽しめるプログラムでミューズに再登場です。

一般:3,500円
会員:3,000円
学生:2,000円

<レッスン会>終演後に限定3名にレッスンをしてもらいます。
受講料 一般:9,000円 会員:8,000円
聴講料 一般:1,500円 会員:1,000円

<受講生と受講曲>
1.吉田豊司 愛のロマンス(禁じられた遊び)
2.松本正廣 盗賊の歌/カタロニア民謡
3.山岡雄介 アリアと変奏/フレスコバルディ

<プログラム>

•アメリカ風5つの前奏曲/A.カルレバーロ 1916-2001
 1)エボカシオン
 2)スケルツィーノ
 3)カンポ
 4)ロンダ
 5)タンボリーレス

•主題と変奏と終曲/M.M.ポンセ 1882-1948
•幻想曲作品19/L.レニアーニ 1790-1877


〜〜休憩〜〜

•モメントス第4番/M.ノーブレ 1939〜
•郷愁のショーロ
•告白のロマンサ/A.バリオス・マンゴレ 1885-1944
•キューバの子守歌/レオ・ブローウエル 1939〜
•ソナタ〜ボッケリーニ讃歌〜/M.カステルヌオーヴォ=テデスコ 1895-1968

※プログラムは変更になる場合がございます

Youtube(モメントス第4番/M.ノーブレ)

Youtube(キューバの子守歌/L.ブローウエル)

<プロフィール>
北海道出身。オーストリア・ウィーン国立音楽大学大学院を審査員満場一致の最優秀で修了。第50回東京国際ギターコンクール2位、第7回ミゲル・リョベート・ギターコンクール3位、カタルーニャ現代音楽賞受賞(スペイン)、第14回アントニー・ギターコンクール2位(フランス)を始め他多数の国際コンクールに入賞。これまでに読売新人演奏会、HAKUJUギター・フェスティバル「旬のギタリスト」、ノルウェー室内楽フェスティバル(Norwegian Youth Chamber Music Festival)、リヒテンシュタインギターフェスティバルなど各国のフェスティバル等に出演し好評を博す。ウィーンでは楽友協会主催「若手音楽家」シリーズに選ばれ、弦楽四重奏を率いて単独ソロリサイタルを行った。
2012年に自身初となるソロアルバム「ソナタ~ボッケリーニ賛歌~」をリリースし、レコード芸術特選盤に選ばれる。2015年にはクラリネット奏者岩瀬龍太とのDuo
itodoのアルバム「Oirakanari」をリリース。ルネッサンスから現代音楽までのレパートリーを取り入れるだけでなく、他楽器とのレパートリー開拓も積極的に行っておりクラシックギターの可能性を追求している。福田進一、パブロ・マルケス、
ゾーラン・ドゥキッチ、ホプキンソン・スミス、ポール・オデッテー等世界的アーティストのマスタークラスにて薫陶を受ける。リュートをルチアーノ・コンティーニ氏、古楽をインゴマー・ライナー氏、ギターを高田元太郎、アルバロ・ピエッリ各氏に師事。 昭和音楽大学ギター科講師。

WEB公式サイト:http://toshiyukikumagai.com

 

1 / 9123456789

TOP