上質なプロのコンサートを当サロンで間近に聴くことが出来ます。

  • 052-910-6700

    office@muse-ongakukan.com

  • (店舗)平日11:00~20:00 土日10:00~19:00(教室)平日11:00~20:20 土日10:00~20:00 月曜日定休
  • facebook
  • twitter
  • instagram

お問い合わせ

ミューズサロン

サロンコンサート情報の記録

2020年1月11日(土)&12日(日)
大萩康司 ニューイヤー60分コンサート&レッスン会(二日間)

ミューズ音楽館

開演 15:00 コンサート 16:30~レッスン

空席あります。お早めにお申込みください!

今年デビュー20周年を迎える大萩康司さん、その記念すべき第1回目のリサイタルin名古屋。ミューズの新年も大萩さんでスタートです。
<コンサート>(レッスン会の聴講料を含みます)
一般:4,000円 会員:3,500円 学生:2,500円

*お申し込みの際にはレッスン会を聴講されるか、聴講の場合は打上げ参加かどうかもお知らせください。(コンサート+レッスン会聴講の方を優先させていただきます)

 <レッスン会>(各日限定3名)受講募集は2日間とも締め切りました。
受講のみ 一般:15,000円 会員・学生:13,000円
コンサートと受講通し料金 一般:17,000円 会員・学生:15,000円
聴講のみ 1,500円(需要にお応えして設定しました)

<プログラム>
●1月11日(土)(デビュー20周年第1回目のリサイタルin名古屋)

*池辺晋一郎(Shin-ichiro Ikebe)
:ギターは耐え、希望しつづける(A Guitar Bears, and She Keeps Hoping)
*アグスティン・バリオス(Agustin Barrios)
:大聖堂(La Catedral)
-前奏曲(Preludio(Saudade))
-宗教的アンダンテ(Andante Religioso)
-荘重なアレグロ(Allegro Solemne)
*R.ゲーラ
:その明くる日(Un día después)
*L.ブローウェル
:11月のある日(Un día de noviembre)
*フェデリコ・モンポウ(Federico Mompou)
:コンポステラ組曲(Suite Compostelana)
-前奏曲(Preludio)
-コラール(Coral)
-ゆりかご(Cuna)
-レシタティーヴォ(Recitativo)
-歌(Cancion)
-ムニェイラ(Muñeira)

<レッスン会>(1/11)

1.佐々木真琴 グラウナ/ペルナンブーコ
2.杉浦浩司 11月のある日/L.ブローウェル(ディアンスのタンゴアンスカイ)
3.山崎文郎 タレガ讃歌/ホアキン・トゥリーナ)

<プログラム>
●1月12日(日)(去年で80歳を迎えられたレオ・ブローウェルを讃えて)

*レオ・ブローウェル(Leo Brouwer)作品集
2つのキューバ民謡(Deux thèmes populaires cubains)
:キューバの子守唄(Berceuse ~ Sur un thème de Grenet)
:魔法の瞳(Les yeux sorciers ~ Sur un thème de Roig)(1956)
:黒いデカメロン(El Decamerón negro)(1981)
   -戦士のハープ(El Arpa del guerrero)
   -こだまの谷を逃げて行く恋人たち
       (Huída de los amantes por El Valle de los ecos)
  -恋する乙女のバラード(Balada de la doncella enamorada)
:鐘へのプレリュード(2013)
~「キューバの鐘の鳴る風景」(1986)
(Preludio de las campanas ~ “Paisaje cubano con campanas”)
:エリのためのパッサカリア(An Idea)(1999)
:ラ・グラン・サラバンダ(La Gran Sarabanda)(2019、6月初版Ver.)

***「アンコールあれば名曲弾きます」

<レッスン会>(1/12)
1.吉田豊司 プレリュード第3番/H.ヴィラ=ロボス
2.東 光  ブエノス・アイレスの春/A.ピアソラ
3.福山日陽 黒いデカメロンより I. 戦士のハープ II.こだまの谷を逃げていく恋人たち/ L. ブローウェル

*レッスン終了後、大萩康司さんを囲んで懇親会(別途費用)があります。

2019年12月21日(土)
第79回 ワンコインコンサート

ミューズ音楽館

開演 15:00

会員の、会員による、会員のためのコンサートです。
 エントリーは締め切りました。聴衆参加募集中です。

演奏参加:1,000円
聴衆参加:500円
(お茶・お菓子付)

<演奏者と演奏曲>
1.雑古絹江 マラゲーニャ
2.石川佳子 ソナタOp.21-2/F.Carulli
3.吉田豊司 追憶/ハムリッシュ、イエスタデイ/ジョンレノン&ポールマッカートニー
4.山崎吾郎 小さなロマンス/L.Walker
5.大見美穂 バーデンジャズ組曲よりシンプリシータス/J.イルマル
6.樋口洋行 &布目知弘(デュオ)ソナタニ長調/C・G・シャイドラー
7.臼井あゆみ フリア・フロリダ/A.バリオス
8.鈴木 力 サラバンド /G・F・ヘンデル
9.杉浦浩司 イ短調組曲よりサラバンド/M.M.ポンセ、戦場のメリークリスマス/坂本龍一 江部賢一編
10.野田政男 ティアーズ イン ヘブン/E.クラプトン
11.松山 繁 ロマンサ/M.リョベート、マドローニョス/F.M.トローバ
12.比企能之 カバティーナ/マイヤーズ  過ぎ去りしトレモロ/A.バリオス

 
    
     

 

 

 

 

2019年12月14日(土)&15日(日)
益田正洋60分コンサート&レッスン会(二日間)(友)
~ギター黄金期 19世紀の名曲レパートリー大発見~  ~二日間でカルカッシ25のエチュード全曲演奏~

ミューズ音楽館

開演 (両日とも)15:00~(コンサート) 16:30~(レッスン会)

演奏とレッスンで毎年大好評の益田正洋さんに、今年は60分コンサート+レッスン会を二日間別プログラムで実施して頂きます。ギターを学習したことのある方なら誰もが一度は弾いたことのあるマテオ・カルカッシ「25のエチュード op.60」を二日間で全曲演奏して頂きます。
その他、19世紀の名曲レパートリーの中から~ソル、アグアド 、ジュリアーニ、コスト、メルツの作品集などの名曲を演奏して頂きます。(増やそうギタ友対象)

当日は新譜CD「カルカッシ25のエチュード」を先行販売致します。

<コンサート>(レッスン会の聴講料を含みます)
一般:3,500円 会員:3,000円 学生:2,000円
二日間通し券/一般:6,000円 会員:5,000円 学生:3,000円
*スクール生割引対象

<レッスン会>(各日限定3名)
受講のみ 一般:15,000円 会員・学生:13,000円
コンサートと受講通し料金 一般:16,000円 会員・学生:14,000円

<14日(土)プログラム>
M.カルカッシ: 25のエチュードOp.60より(第1番、第13番、第10番、第21番、第5番、第22番)

M.ジュリアーニ: 大序曲

M.カルカッシ : ウィリアムテルの主題による幻想曲 Op.36

J.K.メルツ: ハンガリー幻想曲

M.カルカッシ: 25のエチュードOp.60より(第6番、第17番、第4番、第11番、第3番、第19番、第20番)

<15日(日)プログラム>
M.カルカッシ: 25のエチュードOp.60より(第9番、第15番、第14番、第7番、第16番、第18番)

N.コスト: スペインの歌"カチューシャ "によるカプリス Op.13

F.ソル: 奇想曲「静けさ」Op.50

D.アグアド : 序奏とロンド Op.2-2

M.カルカッシ: 25のエチュードOp.60より(第23番、第12番、第2番、第8番、第24番、第25番)

<レッスン会>
●12月14日(土)(受講生募集は締め切りました)
・増田有希 リュートの為の六つの小品よりアリア、白い花、サルタレロ
・東 光 歌と踊り第10番/F.モンポウ
・林 健一 ギターソナタ(Op.29)より第3番ヘ長調~第1楽章~/A.ディアベリ

●12月15日(日)(受講生募集は締め切りました)
・吉田 豊司 プレリュード No.3/H.ヴィラ=ロボス
・熊谷江利子 ワルツホ長調Op.32-2/F.ソル、エストレリータ/M.M.ポンセ
・浮海祥治 マジョルカ/I.アルベニス

日曜日の午前中にプライベートレッスン(非公開)を受けることも可能です。
(10:30~2枠)
お気軽にお問い合わせください。

 *レッスン終了後に益田正洋さんと一緒に打上げにご参加いただけます。(別途料金・実費割り勘)

<プロフィール>
2001年ジュリアード音楽院修士課程にてアメリカのギタリスト、S.イズビン女史に師事。ソロギターのみならず他楽器の演奏家、オーケストラとの共演も多く、さまざまなガラコンサートや音楽祭等での客演、公開レッスンなども行っている。近年では、美術史家の川瀬佑介氏とのコラボレーション「音楽と美術を楽しむコンサート“クラシックギターと絵画の交わるところ」を全国各地で開催。クラシック演奏会の新しい価値、楽しみ方を提示する斬新なプロジェクトとして注目を集めるなど、その意欲的な活動は多岐にわたる。

2019年12月1日(日)
ちょっと早めのクリスマス・コンサート5(友)

ミューズ音楽館

開演 14:00(開場13:30)

今年は高岡さんと佐々木さんのギターのみによる“ちょっと早めのクリスマスコンサート”です。(増やそうギタ友対象)

ギター : 高岡誠/佐々木響士朗

一般 ¥3,000
会員 ¥2,500
*スクール生割引対象

 <プログラム>

<デュオ>
シューベルト:アヴぇ・マリア
J.Sバッハ:G線上のアリア 他

 <高岡ソロ>
ポンセ : エストレリータ
バーリン : ホワイト・クリスマス
ソル : グラン・ソロ

 <佐々木ソロ>
めざめ:佐々木響士朗
ポンセ:バレット
想いの届く日:ガルデル
AT THE LONELY EDGE OF OUR UNIVERSE(2014) 4 Sasaki:Jason Robert Taylor

2019年11月24日(日)
やさしいアドリブ講座 4回目(最終回)
~自由にアドリブ、楽しくセッション~

ミューズ音楽館

開演 15:00

この講座は楽器やジャンルにとらわれず自由に自分の言葉で音で会話を楽しめるようになる!ことを狙いとして、ジャズヴァイブ、ジャズピアニストの殿岡ひとみとギタリスト谷村武彦による実践講座です。
この講座では計4回に渡りスケールやハーモニーの仕組み、リズム構成などをわかりやすく紹介しながらそれをもとにそれぞれが簡単なアドリブを取れるように進めていきます。前回の復習もしながら進めますので、途中からの参加もOKです。

講師:殿岡ひとみ ギターサポート:谷村武彦

楽器持参 一般:3.500円 会員:3,000円(16名限定)
楽器無聴講 一般:2,500円 会員:2,000円(8名限定)。

<第4回の内容>

「前回までの復習」
「セッションしてみよう!」
◉セッションタイム
*今まで学習してきた事を実際に試してみたり、人とセッションする楽しさを味わってください。
◉気軽に質疑応答
*ワークショップ全体を通して後一歩理解に苦しんだ事、普段の演奏の中で悩んでいる事、これからの練習方法などあらゆる質問にできる限りお答えしたいと思います。

◉ブリーフィング
*全4回を振り返ったまとめ、今後のアドリブの力をつけるたの課題をみなさんと考えます。

<プロフィール>
◎殿岡ひとみ
2000年、米国ニュージャージー州立ウィリアムパターソン大学ジャズ科(BM Jazz Studies)修士課程卒業。 ニューヨーク私立ニュースクール(The New School, Manhattan, NY)音楽療法(Music Therapy)をクリエイティブ・アーツ学科で学ぶ。1997年より活動の拠点をニューヨーク/ニュージャージーエリアに移し活動を始める。同年、アメリカ国内でも数少ないジャズを学べる本格的な教育で有名な州立大学のウィリアム・パターソン・ユニバーシティーでベースのルーファス・リード、ピアノのハロルド・メイバーン他数多くのファカルティーによる実践的なアンサンブルパフォーマンスを学ぶ。作曲・アレンジをリチャード・デローサに師事。自己のバンドで作曲、パフォーマンス活動を続ける一方、Fred Hoのクインテットにマリンバ・パーカッションとして加わりマーシャルアート・シアターピース、コンテンポラリー・ジャズオペラなどの公演を行っている。その他にもKevin Nortonの”Metaphor Quartet”のメンバーとしてインプロビゼーションに重点をあてたパフォーマンスを展開。現在名古屋を中心に精力的に活動を続ける。

◎谷村武彦
13才よりギターを始め、1981年よりソロリサイタルを開催。現代音楽にも積極的に取り組む。グレゴリア聖歌をジャン・メルオー氏に、インド音楽をアミット・ロイ氏に学び、即興音楽も得意とする。パリでのストリート演奏をきっかけに『AzurVert』(バイオリンとギターのコンテンポラリーデュオ)を結成。2010年より、シャンソンの祭典【パリ祭】にストリートミュージシャン役でNHKホールから始まる全国ツァーに出演。8枚のCDと1枚のDVDを発売。

 

2019年11月23日(土)
南山大学ギター音楽研究会OB演奏会2019
~万年ギター青年たちの熱き饗宴~ 満席です

南山大学ギター音楽研究会OB会

開演 15:00

満席となりました

入場無料(要予約)

開場 14:30 開演 15:00

<演奏者と演奏曲目>
◆工藤忠之 白鳥の歩み/F.A.マルサグリア、夜想曲op.17-4/J.フェレール

◆横井信二 ラグリマ/F.タレガ、愛のロマンス(禁じられた遊び)/A.ルビーラ

◆豊嶋真司 大序曲/M.ジュリアーニ、 リブラ・ソナチネよりフォーコ/R.ディアンス

◆尾関寧&豊嶋真司(デュオ) めぐり逢い/A.ギャニオン

◆尾関 寧 カヴァレリア・ルスティカーナ間奏曲/マスカーニ、カナリオス/G.サンス

◆伊藤達也 ガボットショーロ/H.ヴィラ=ロボス

◆小柳正幸 マズルカショーロ/H.ヴィラ=ロボス、アランフェス協奏曲第一楽章/J.ロドリーゴ

◆高木康雄 大聖堂/A.バリオス

 ◆吉田豊司 11月のある日/L.ブロウエル、プレリュード3番/H.ヴィラ=ロボス、プレリュードBWV1007より/J.S.バッハ
 
◆吉田哲雄 イギリス組曲/ジョン・デュアルテ
  
◆金沢祐一 シャコンヌ/J.S.バッハ
 
◆後藤秀一 無伴奏バイオリンパルティータ第1番からサラバンドとドーブル、無伴奏チェロ組曲第3番からプレリュード/J.S.バッハ

◆山下高博 想いの届く日/C.ガルデル、バーデンジャズ組曲/J.イルマル
 
◆中川祥治(リュート) 組曲ハ短調 BWV997よりプレリュードとフーガ/J.S.バッハ
 
     

 

 

 

2019年11月3日(日)
やさしいアドリブ講座 3回目
~自由にアドリブ、楽しくセッション~

ミューズ音楽館

開演 15:00

この講座は楽器やジャンルにとらわれず自由に自分の言葉で音で会話を楽しめるようになる!ことを狙いとして、ジャズヴァイブ、ジャズピアニストの殿岡ひとみとギタリスト谷村武彦による実践講座です。
この講座では計4回に渡りスケールやハーモニーの仕組み、リズム構成などをわかりやすく紹介しながらそれをもとにそれぞれが簡単なアドリブを取れるように進めていきます。前回までの復習もしながら進めますので、途中からの参加もOKです。

講師:殿岡ひとみ ギターサポート:谷村武彦

楽器持参 一般:3.500円 会員:3,000円(16名限定)
楽器無聴講 一般:2,500円 会員:2,000円(8名限定)。

<第3回の内容>

「前回までの復習」
「ビート感とリズム感を養おう!」
◉アドリブで大切な要素の一つリズムについて
*音のアドリブと同じくらい大切なリズムのアドリブについて説明します。
◉リズムと音を組み合わせて自分のフレーズを作ってみよう!
*決められた拍子の中であらかじめ作ったリズムに今まで習ったスケールの音を当てはめてアドリブを考えます。
◉実践してみよう!
*実際に自分のフレーズがアドリブでどのように生きてくるのかを講師と共に試してみます。

第4回 11月24日(日)15:00

「セッションしてみよう!」
◉セッションタイム
*今まで学習してきた事を実際に試してみたり、人とセッションする楽しさを味わってください。
◉気軽に質疑応答
*ワークショップ全体を通して後一歩理解に苦しんだ事、普段の演奏の中で悩んでいる事、これからの練習方法などあらゆる質問にできる限りお答えしたいと思います。

◉ブリーフィング
*全4回を振り返ったまとめ、今後のアドリブの力をつけるたの課題をみなさんと考えます。

<プロフィール>
◎殿岡ひとみ
2000年、米国ニュージャージー州立ウィリアムパターソン大学ジャズ科(BM Jazz Studies)修士課程卒業。 ニューヨーク私立ニュースクール(The New School, Manhattan, NY)音楽療法(Music Therapy)をクリエイティブ・アーツ学科で学ぶ。1997年より活動の拠点をニューヨーク/ニュージャージーエリアに移し活動を始める。同年、アメリカ国内でも数少ないジャズを学べる本格的な教育で有名な州立大学のウィリアム・パターソン・ユニバーシティーでベースのルーファス・リード、ピアノのハロルド・メイバーン他数多くのファカルティーによる実践的なアンサンブルパフォーマンスを学ぶ。作曲・アレンジをリチャード・デローサに師事。自己のバンドで作曲、パフォーマンス活動を続ける一方、Fred Hoのクインテットにマリンバ・パーカッションとして加わりマーシャルアート・シアターピース、コンテンポラリー・ジャズオペラなどの公演を行っている。その他にもKevin Nortonの”Metaphor Quartet”のメンバーとしてインプロビゼーションに重点をあてたパフォーマンスを展開。現在名古屋を中心に精力的に活動を続ける。

◎谷村武彦
13才よりギターを始め、1981年よりソロリサイタルを開催。現代音楽にも積極的に取り組む。グレゴリア聖歌をジャン・メルオー氏に、インド音楽をアミット・ロイ氏に学び、即興音楽も得意とする。パリでのストリート演奏をきっかけに『AzurVert』(バイオリンとギターのコンテンポラリーデュオ)を結成。2010年より、シャンソンの祭典【パリ祭】にストリートミュージシャン役でNHKホールから始まる全国ツァーに出演。8枚のCDと1枚のDVDを発売。

 

2019年10月27日(日)
第78回 ワンコインコンサート

ミューズ音楽館

開演 15:00

会員の、会員による、会員のためのコンサートです。
 エントリーは締め切りました。聴衆参加募集中です。

演奏参加:1,000円
聴衆参加:500円
(お茶・お菓子付)

<演奏者と演奏曲>
1.齊藤めぐみ ワルツト長調/D.フォルテア
2.栗谷 彩 パバーヌ/G.サンス、月光/F.ソル
3.稲場禮子 ハバネラ/A.アルバ、悲しい酒/古賀政男
4.吉田豊司 プレリュード3番/H.ヴィラ=ロボス、11月のある日/L.ブローウエル
5.坂口利一 フリアフロリダ/バリオス、無伴奏チェロ組曲第1番プレリュード/バッハ
6.春日晴紀・早川庸一(デュオ)イギリス組曲第3番より ガボット/J.S.バッハ、アンクラージュマンより カンタービレ/F.ソル
 7.臼井あゆみ・前田紋子 水とワイン/E.ジスモンチ、カヴァティーナ/マイヤーズ
 8.中井美智子 スエーニョ/F.タレガ
 9.水谷弘志 ショリーニョ/H. ヴィラ=ロボス、宇宙飛行士/ B パウエル
 10.丹羽廣忠 パルティータBWV997よりフーガ/J.S.バッハ
 11.松山 繁 グラナダ/I.アルベニス/F.タレガ編、アルハンブラの想い出/F.タレガ
 12.蔵本浩史 シチリアーナ/O. レスピーギ、ガヴォット ショーロ/H.ヴィラロボス
 
    
     

 

 

 

 

2019年10月20(日)
高岡誠「クラシックギターによる世界のホームミュージック」(友)

ミューズ音楽館

開演 15:00

子供の頃、このコンサートと同じタイトルのレコードを買ってもらいました。なんてきれいな音なんだろう! 一本のギターでこんな曲が…? とにかく、大変魅了されました。
そして、自分の手でこんな音楽が奏でられたらどんなにいいだろう、と思ったんです。やはり、ギターってほんとにいいですね。
(高岡誠)「増やそうギタ友」対象コンサートです。


一般:3,500円
会員:3,000円
学生:2,000円
*スクール生割引対象

<プログラム>
峠の我が家        アメリカ民謡
庭の千草         アイルランド民謡
夢見る詩人        フォスター

 3つのロシア民謡
・赤いサラファン
・黒い瞳
・ボルガの船歌

 2つの日本の歌
・浜辺の歌         成田為三
・さくらによる主題と変奏  横尾幸弘

 スペインのクラシックギター・レパートリィ
・ラグリマ         タレガ
・アデリータ         〃
・アストゥリアス      アルベニス
・禁じられた遊び゛     作者不詳
・アルハンブラの想い出   タレガ

 愛の讃歌(シャンソン)    モノー
ラ・クンパルシータ(タンゴ) ロドリゲス

<高岡誠プロフィール>
1983年、中部日本ギター協会主催「新人ギター演奏会」にて「協会賞」及び
「CBC賞」、スペイン・サンチャゴ・デ・コンポステラ国際音楽講習会にて「モラレス賞」受賞。
パリ・エコール・ノルマル音楽院留学。
クラシックに限らず、アルゼンチン・タンゴ他幅広いジャンルのレパートリーを持ち、自らプロデュースする「高岡誠ロマンティック・ギターリサイタル」は26回を数える。
独奏によるCDに「想い出の小箱」、
「美しい聖歌・讃美歌のしらべ」がある。
「つるまい・ギター音楽教室」主宰。

 

2019年10月12日(土)
レオナルド・ブラーボ サロンコンサート(友)
~南米の作品を中心に~

ミューズ音楽館

開演 15:00

台風のため延期となりました。
開催日は後日発表いたします。
既に入場料をお支払いされている方にはご返金致します。当方からもご連絡は差し上げますが、連絡が届かない場合にはご連絡いただけると幸いです。


確実なテクニック、すば抜けたリズム感と音楽性で聴衆を魅了するレオナルド・ブラーボ氏。彼の得意とする南米作品の名演奏を間近にお楽しみください。「増やそうギタ友」対象コンサートです。

一般:4,000円
会員:3,500円
学生:2,500円
*スクール生割引対象

<プログラム>
5 Preludes     5つの前奏曲            H. Villa Lobos  
・No.1 Andantino espressivo アンダンティーノ   エスプレッシーボ
・No.2 Andantino アンダンティーノ
・No.3 Andante アンダンテ
・No.4 Lento レント
・No.5 Poco animato ポコ アニマート

 2 canciones de amor   二つの愛の歌
・Senhorinha セニョリーニャ   Guinga
・Julia Florida フリア フロリダ   Agustin Barrios

 De las 4 Estaciones Porteñas   ブエノスアイレスの四季より Astor Piazzolla
・Invierno Porteño   冬  
・Verano Porteño 夏

 …休憩…

 From Suite Argentina   アルゼンチン組曲より   Eduardo Falu    
・Carnavalito カルナバリート
・Misa Chicoミサ チーコ
・Estilo エスティーロ
・Malamboマランボ

 2 Canciones japonesas
・Furusato 故郷
・Takeda no komoriuta 竹田の子守唄

 4 piezas Quique Sinesi Q.シネーシ の4つの作品
・La magia esta dentro tuyo     魔法は君の中に   
・Dos Soles 二つの太陽                           
・Cancion hacia vos   あなたへの歌                
・Danza sin fin 終わりなきダンス

<プロフィール>
アルゼンチンが世界に誇るギタリスト04年の日本デビューリサイタルで高評を博し、翌05年にギターソロでの日本ツアーを行う。ツアーを皮切りに国内での活動を開始。国内でソリスト、またギターや他楽器とのアンサンブルで演奏を行う他、アジアを中心に北米、南米の国々、ヨーロッパでクラシックギタリスト、南米音楽のスペシャリストとして活動をしている。これまでに小松亮太、須川展也、山形由美、大萩康司、エドアルド・ファルー、フアン・ファルー、ジュディカエル・ペロア、ベルタ・ロハス他と共演する。 彼の豊かな音楽性と美音は、これまでに沢山の聴衆を魅了し、音楽専門誌ではラテン部門で国内随一のギタリストと評される。 2009年アメリカ合衆国マーシャル大学よりジョン・エドワード特別芸術賞を受賞する。また演奏家、作曲家として国内外で数々の賞を受賞。

NHK「名曲探偵アマデウス」「名曲アルバム」、NHK-FM「ベスト オブ クラシック」、NHK-BS「クラシック倶楽部」他、メディアでの出演も重ねている。 国立ロサリオ大学芸術学部音楽学科修了。 

TOP