上質なプロのコンサートを当サロンで間近に聴くことが出来ます。

052-910-6700

  • facebook
  • twitter

お問い合わせ

ミューズサロン

サロンコンサート情報の記録

2018年12月9日(日)
第73回 ワンコインコンサート

ミューズ音楽館

開演 15:00

会員の、会員による、会員のためのコンサートです。
 
聴衆参加募集中です。

演奏参加:1,000円
聴衆参加:500円
(お茶・お菓子付)

<演奏者と演奏曲>
1.吉田豊司 愛の歌 Op.13-10 / J.K.Merz
2.大塚寿美恵 ファンタジー/S.L.ヴァイス
3.前田紋子 無言歌/J.K.メルツ
4.田中かすみ 前奏曲第1番/H.ヴィラ=ロボス
5.平澤祥一 パルティータ ハ短調BWV997(J.S.バッハ)、ソナタ ニ短調K213(D.スカルラッティ)
6.臼井あゆみ 遥かなる友へ/J.K.メルツ
7.埋田忠司&久保田一久(デュオfudangi)アルハンブラ宮殿の思い出/F.タレガ
8.鈴木翔太 盗賊の歌/M.リョベート  カタルーニャ奇想曲/I.アルベニス
 9.鈴木 力 サラバンド/G・F・ヘンデル
10.松山 繁 想いの届く日/C.ガルデル, 最後のトレモロ/A.バリオス 
11.蔵本浩史 バーデンジャズ組曲/イリ・イルマル
12.田口華恵(Fl)&山崎文郎(G)フルートとギターのブラジリアンミュージックから ヴィットリオ広場、アーゴダウン・ドーセ、サンボッサ( チェルソ・マカド)

 

 

 

 

2018年12月8日(土)
ドゥアス・コンタス(矢橋幸男&香緒里)
〜ブラジル音楽をギターと歌で

ミューズ音楽館

開演 15:00

ボサノヴァ、ショーロからクラシックまで、ブラジル音楽の、代表的な曲ばかりでなく、知る人ぞ知る名曲まで、ギターと歌で奏でます。
ブラジルギター曲の特長はなんといっても美しくも複雑な和音。さらに声を重ねた絶妙なハーモニーをお楽しみください。

 出演者   矢橋幸男(ギターとうた)
香緒里(うたとギター)

一般 : ¥3,000
会員 : ¥2,500

 <プログラム>
ドゥアス・コンタス(ガロート)
ジェンチ・ウミウジ(ガロート)
ニック・バー(ガロート)
愛の語らい(A.C.ジョビン)
親友グチン (セルソ・マシャード)
インプロランド(トッキーニョ)
ホーザ       ピシンギーニャ
インジェーヌオ     ピシンギーニャ
男と女       フランシス・レイ
アルハンブラ宮殿の想い出(タレガ)※歌とギター

2018年11月25日(日)
益田正洋マスタークラス

ミューズ音楽館

開演 11:00~

毎回丁寧で的確なレッスンで大好評の益田正洋さんのレッスンをあなたも聴講してみませんか?受講者の募集は締め切りました!

<受講者と受講曲>(時間は目安です)
11:00~吉田豊司 メルツの愛の歌 
12:00~熊谷江利子 エチュードOp.31-3/F.ソル、エンデチャとオレムス/F.タレガ
14:00~伊藤正二 ノクターンOp.4-1/J.Kメルツ
15:00~各務昭子 ソナチネ第3楽章 /M トローバ
16:00~東 光  スペインのフォリアによる変奏曲とメヌエット/F.ソル
17:00~福山日陽 アンダンテとポロネーズOp.44(ジュラの想い出)/N.コスト
18:00~中村海真 ソナチネより第1楽章 アレグレット/Mトローバ

  【受講料】 一般:15,000円 会員:13,000円
コンサートと通し券 一般:17,000円 会員・学生:15,000円

【聴講料】 一般:2,500円 会員:2,000円 学生:1,500円
コンサートと通し券 一般:5,500円 会員:4,500円 学生:3,000円

*レッスン会終了後、益田さんを囲んで打ち上げに参加して頂けます。(費用実費精算)

2018年11月24日(土)
益田正洋サロンコンサート
~CD「バッハ・オン・ギター 2」発売記念~

ミューズ音楽館

開演 15:00

1991年のデビューリサイタルを皮切りに演奏活動を開始して以来、既に20枚以上のCDをリリースして益々精力的な活動を続ける、日本を代表する実力派ギタリスト益田正洋。11月リリース予定のCD「バッハ・オン・ギター2」の発売記念コンサートです。彼の演奏を間近にお聴きください。。

一般:4,000円
会員:3,500円
学生:2,500円

<プログラム>

J.S.バッハ:シャコンヌ BWV1004(無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番より)

L.ブローウェル:ソナタ第3番 「黒いデカメロン」

C.グァスタビーノ:ソナタ第1番

J.S.バッハ: 組曲イ短調 BWV997

 

<プロフィール>
2001年ジュリアード音楽院修士課程にてアメリカのギタリスト、S.イズビン女史に師事。ソロギターのみならず他楽器の演奏家、オーケストラとの共演も多く、さまざまなガラコンサートや音楽祭等での客演、公開レッスンなども行っている。近年では、美術史家の川瀬佑介氏とのコラボレーション「音楽と美術を楽しむコンサート“クラシックギターと絵画の交わるところ」を全国各地で開催。クラシック演奏会の新しい価値、楽しみ方を提示する斬新なプロジェクトとして注目を集めるなど、その意欲的な活動は多岐にわたる。

 

 

2018年11月4日(日)
Tomasi & Musso Guitar Duo(Davide Giovanni Tomasi & Marco Musso)

ミューズ音楽館

開演 15:00

2016年第59回東京国際ギターコンクールで優勝したダヴィデ・ジョヴァンニ・トマシが同じイタリア人のマルコ・ムッソと結成したデュオのワールドツアーの一環としてミューズに登場です!

一般:4,000円
会員:3,500円
学生:2,000円

<プログラム>
Isaac Albeniz  
★マジョルカOp.202
★グラナダ(スペイン組曲Op.47より)

Claude Debussy 
★3つのプレリュード
・Ⅰとだえたセレナード- La sérénade interrompue(前奏曲集第1巻より)
・Ⅱ雲の上の足跡- Des pas sur la neige(前奏曲集第1巻より)
・Ⅲヒースの荒野- Bruyères(前奏曲集第2巻より)
★夢(夢想)-Reverie
★アラベスクNo.1


・・・・・・・・・・

Maurice Ravel
★ソナチネ
・Ⅰ中庸の速さで(Modéré)
・Ⅱメヌエットの速さで(Mouvement de menuet)
・Ⅲ生き生きと(Animé)
★マ・メール・ロワ(Ma Mère l'Oye)
・第1曲 眠れる森の美女のパヴァーヌ
・第2曲   親指小僧
・第3曲   パゴダの女王レドロネット
・第4曲   美女と野獣の対話
・第5曲   妖精の園
*transcribed by Tomasi-Musso Guitar Duo

<Tomasi & Musso Guitar Duoプロフィール>
2016年に結成。イタリアを中心にヨーロッパで活動。2018年にはフランス印象派の作曲家ラヴェルとドビュッシーのピアノ作品の編曲を収録したデビュー・アルバム“Miroirs”をYoutubeにプロモーション映像を配信。発売前から大きな反響があり発売が待たれる。
現在、ヨーロッパ全土からワールド・ツアーを開始。年内にはメキシコ、ロシアを回り11月にはデュオとして日本初来日。


◆Davide Giovanni Tomasi  ダヴィデ・ジョヴァンニ・トマシ
1991年イタリアのパヴィアで生まれ。18歳よりヴィラ音楽院でG. Fichtner に師事し、同音楽院を優秀な成績で卒業。イタリア・シエナ、キジアーナ音楽院にてO. Ghigliaに学ぶ。ポルデノーネのセゴビアアカデミーでP.Pegoraro とA. Del Sal のマスタークラスを受講。
2009年にオーストリアのグラーツ音楽大学でPaolo Pegoraroに学び修士の学位を取得。現在も同音楽大学でP. Pegoraroに師事し研鑽を積んでいる。
受賞歴
・ARD International Music Competition(ドイツ):2位(1位なし)
・第59回東京国際ギターコンクール :1位、
・ギターマスターズ2016(ポーランド):2位、
・ホセ・トマス・ 国際ギターコンクール (スペイン):1位
・ガルニャーノ国際ギターコンクール (イタリア):1位
・エミリオ・プジョール・ 国際ギターコンクール (イタリア):1位
・ ヴィゼウ国際ギターコンクール (ポルトガル) :1位 および聴衆賞
・Premio Fondazione CRT(イタリア)では全楽器部門通して1位またイタリア文部省よりイタリアで勉強している最高の音楽家に与えられる芸術賞も受賞などこれまでに25以上の数々な国際コンクールにて入賞

 ◆Marco Musso マルコ・ムッソ
1992年イタリアのイヴレーア生まれ。
イタリアでは国内の他海外でのギターコンクールにて十数個の金賞を受賞し、同世代でもっとも高い才能を持つのギタリストとして注目を浴びる。その後、スペイン、スイス、フランス、イギリス、アイルランド、オーストリアおよびイタリア等主要ヨーロッパの都市で演奏会を行う。
2012年 L. Micheli の門下でイタリアのアオスタ音楽院 と スヴィッツェラ・イタリアーナ音楽院で 指導を受け2015年に修士号を取得。ポルデノーネのセゴビアアカデミーではP.Pegoraro とA. Del Sal のマスタークラスを受講。
2015年8月にはヨーロッパの大きなインタナショナル音楽フェスティバル ( ポルトグルアーロ音楽祭)に招かれてストラヴィンスキーのエボニーコンチェルトを演奏。E. Bronzi(チェロ) , R. Piano(ピアノ) 、A. Carbonare( クラリネット )など著名な演奏家と共演
2016年Davide Giovanni Tomasi とギター・デュオ「Tomasi & Musso Guitar Duo」を組み活動開始。
2017年2月にはアメリカでデビュー。コロラド州とワイオミング州でソロでコンサートツアーを行い、現在はオーストリアのグラーツ音楽大学でP. Pegoraroに師事し、研鑽を積んでいる。

 

 

 

2018年11月3日(土)
南山大学ギター音楽研究会OB演奏会2018
~万年ギター青年たちの熱き饗宴~

南山大学ギター音楽研究会OB会

開演 15:00

入場無料(要予約)

<演奏者と演奏曲目>
◆工藤忠之
道化師の踊り/F.フェランディーレ
ニ長調のワルツ/F.タレガ

◆尾関寧&豊嶋真司
フラガール /ジェイクシマブクロ

◆尾関寧(ウクレレ)
スタジオジブリ特集

◆豊嶋真司
羽衣伝説〜山入端 博の旋律に基づく〜/藤井敬吾

◆鈴木崇夫
リュート組曲第2番BWV997よりSarabande/J.S.バッハ
The Water is Wide/スコットランド民謡

◆小柳正幸
荒城の月/滝廉太郎
瑠璃色の地球/平井夏美
ギター協奏曲ニ長調第三楽章/A.ビバルディ

◆高木康雄
カヴァティーナ/S.マイヤーズ
郷愁のショーロ/A.バリオス

 ◆吉田豊司
月光/F.ソル
Milonga/J.Caldoso
愛の歌 Op.13-10//J.K.Merz

◆吉田哲雄
SAY YES/飛鳥涼
幸福の硬貨/林そよか

◆金沢祐一
アランブラ宮殿の思い出/F.タレガ

◆松下英二
Le Calme,Caprice op.50/F.Sor

◆後藤秀一
盗賊の唄〜カタロニア民謡/M.リョベート
トリーハ〜スペインの城/F.M.トローバ

◆山下高博
スカボロ・フェアー/イギリス民謡
ティアーズ・イン・ヘヴン/E.クラプトン
タンゴ・アン・スカイ/R.ディアンス

◆中川祥治(リュート)
トッカータ第20番、様々な変奏付きサラバンド風アリア/アレッサンドロ・ピッチニーニ
組曲ニ短調/ロベール・ド・ヴィゼー
(プレリュード、アルマンド、クーラント、サラバンド、ジグ、シャコンヌ)
    

 

 

 

2018年10月21日(日)
新井伴典サロンコンサート&レッスン会

ミューズ音楽館

開演 コンサート15:00 レッスン会17:30~

今までにソロ、デュオ、トリオを含めて8枚のCDをリリースしているベテランギタリスト・新井伴典のソロコンサートとレッスン会です。卓越した技巧と音楽性でその演奏は高い評価を得ている一方、教え方にも定評があり、松田 弦 2009年「第52回東京国際ギターコンクール」優勝、藤元高輝 2011年「第54回東京国際ギターコンクール」優勝をはじめ門下生の入賞歴は140を超えています。

一般:3,500円
会員:3,000円
学生:2,000円

<レッスン会>17:30~19:30
受講者と受講曲
1.吉田豊司 愛の歌(Liebeslied Op.13-10)/J.K.メルツ
2.東 光  魔笛の主題による変奏曲/Fソル
3.福山日陽 ソナタOp.61より第1楽章/J.トゥリーナ

 【受講料】一般9,000円/会員8,000円
【聴講料】一般1,500円/会員1,000円

レッスン会終了後、受講者と聴講者は新井さんを囲んで懇親会に参加して頂けます。申込時に打上げ参加する、しないをお伝えください。(参加費は別途実費精算)

<プログラム>

ベニスの謝肉祭の変奏曲、アラビア風奇想曲、ラグリマ、2人のかわいい姉妹~F.タレガ

入り江のざわめき~I.アルベニス

セビーリャ幻想曲~J.トゥリーナ

休憩

舞踏礼賛~L.ブローウェル

フリア・フロリダ~A.バリオス

南のソナチネ~M.M.ポンセ

ギターソナタ作品47~A.ヒナステラ

<プロフィール>
東京、渋谷生まれ。6才よりギターを父、和夫に師事。ジュニアギターコンクール・学生ギターコンクール・第6回スペインギター音楽コンクールで優勝し、92年ドイツ国立ケルン音楽大学入学。2000年ドイツ国家演奏家資格コース終了。ドイツ滞在中にヨーロッパ各地の主なコンクールで入賞する。現在までに原 善伸、佐々木 忠、ゾーラン・デュキッチ、トーマス・ミュラー=ぺリングに師事。ALM RECORDSより3つのソロアルバム「アブリール(2005年)」「スペインの城(2006年)」「シンプル・エッセンス(2011年)」はいずれも『レコード芸術』誌にて特選盤に選出、GGレーベルよりアルポリール・ギタートリオ「アルポリズム(2006年)」、ウッドノートスタジオレーベルより松田弦とのギターデュオ「夏の列島(2011年)」、宮下仁司とのギターデュオ「夏国のアクア(2014年)」をリリース。2016年4月にはオクタヴィアレコードよりフルート奏者の上野由恵とのアルバム「ピレネーを越えて」を発表。同年8月には一人の作曲家に光を当てる”ワン・コンポーザー・シリーズ”の第1弾として「ジャック・イベール作品集」を松田弦と共にリリース。2013年と2015年はJELA(日本福音ルーテル社団)主催の” 世界の子ども支援チャリティコンサート”にフルート奏者の上野由恵と出演し全国12ヶ所のツアーを行う。2017年”ワン・コンポーザー・シリーズ”の第2弾「12のスペイン舞曲~グラナドス作品集」はレコード芸術誌特選盤に選出。現在までにドイツ、ポーランド、オーストリア、イタリア、チェコ、ベルギー、フランス、タイ、フィリピン、インドネシア、ネパール、ベトナムで演奏。後進の指導にも努め、門下生の入賞歴は140を超える。上野学園大学クラシックギター科非常勤講師(大学、短大、高校、中学)。現代ギターGG学院講師。
http://www.arai-guitar.com

 

2018年10月6日(土)
第72回 ワンコインコンサート

ミューズ音楽館

開演 15:00

会員の、会員による、会員のためのコンサートです。
エントリーは締め切りました。
聴衆参加を募集中です!

聴衆参加募集中です。
 聴衆参加:500円
(お茶・お菓子付)

<演奏者と演奏曲>
1.吉田豊司 月光(20の練習曲よりNo.5)/F.ソル、無伴奏チェロ組曲第1番からプレリュード(BWV1007)/ J.S. Bach
2.田中さつき ソルのエチュードOP6-12
3.安達智子 最愛/福山雅治、ワン・ノート・サンバ/A.C.ジョビン
4.吉田幸司 やさしさに包まれたなら/池川寿一編   虹の彼方に~星に願いを/江部賢一編
5.宮原佳伸 アメリアの遺言/リョベート 2つのメヌエット/ラモー
6.中 健人 ヘンデルの主題による変奏曲 op.107/M.ジュリアーニ
7.奥山卓、井澤武、稲場禮子、岡田徹也(四重奏) ボルガマーチ(ロシア民謡メドレー)、愛のロマンス
8.布目知弘、樋口洋行(二重奏)セレナーデOp96-1/カルリ
9.水谷弘志 ラ・パロマ /イラディエル、リンダ/ピシンギーニャ
10.黒川和行 Vals Op.8  No.4/A. バリオス
11.比企能之 恋心  (Enrico Macias) アランブラ宮殿の想い出 (Tarrega)
12.高橋通康 プレリュードBWV998/J.S.バッハ  フーガBWV1000/J.S.バッハ
    

 

 

 

2018年9月9日(日)
ジェイソン・テイラー&中本香奈子DUOコンサート

DUOコンサート実行委員会

開演 14:30

作曲家兼ギタリストのジェイソン・テイラーと女流ギタリスト中本香奈子の初のデュオコンサートです。作曲家と共に作り上げた音楽の世界をクラシックギターの音色でお楽しみください。

一般&当日:2500円
会員&前売:2000円

<プログラム>
 ・Dancing on Our Floating World:ジェイソン・R・テイラー
 ・Moontide:ジェイソン・R・テイラー
 ・Variations:ジェイソン・R・テイラー
 ・オクトーバードリーム”京都の紅葉”:ジェイソン・R・テイラー
 ・Somewhere:ジェイソン・R・テイラー
    他 


<ジェイソン・テイラー>
アメリカ デラウェー州ウィルミントン生まれ。2000年ピーバディー音楽院にて作曲科で修士号を修得する。ギターを野村芳生氏に師事。Virginia Carty de Lillo作曲コンクールにて第2位を獲得。「オクトーバー・ドリーム」(ギター4重奏)はギターアンサンブルフェスティバルin OSAKAで優秀賞受賞。(株)ホマドリーム社から出版されている。2012年より3本のクラシックギターを基本にクラシックでもなくロック、ジャズでも ない今までにない音楽を追求するためにムーンピロー・アンサンブルを結成。現在名古屋を拠点に作曲、演奏活動を展開している。これまでに作曲された多くの作品は日本国内お よびニューヨーク・カーネギーホールからボスニア・ヘルツェゴビナまで世界中で演奏されている。


<中本香奈子>
愛知県知多郡生まれ。 幼少の頃、生田流筝曲を野沢伸子師と加藤節子師に師事。 クラシックギターを速水武志氏、福田進一氏、N.Yにて3ヶ月間N.ゴルセス氏に師事。また静岡、台北、フランスで行われた国際講習会に参加。 現在は、自宅でクラシックギター教室を運営しながら演奏活動をしている。


 

 

2018年9月8日(土)
村治昇公開レッスン&斎藤優貴ハーフコンサート

ミューズ音楽館

開演 13:00~公開レッスン 15:15~コンサート 16:00~茶話会

大好評の村治先生による公開レッスンに、村治門下で、国内外のコンクールで優勝歴を持ち、現在フランツ・リスト・ワイマール音楽大学(ドイツ)にてリカルド・ガレン氏に師事している斎藤優貴君のコンサートをプラスした豪華版です。村治佳織、奏一をはじめ、数々の若手名ギタリストを育成し続けるギター早期教育の第一人者の村治先生です。斎藤君もその一人。あなたも聴講、コンサートを聴いてみませんか?コンサートの後、村治先生と斎藤君を交えて茶話会もあります。

公開レッスン 13:00~(受講は中学生以下対象:4名)
1.戸塚そら アンダンティーノOp.31-5/F.ソル、マリアルイサ/J.S.サグレラス
2.佐々木真琴 アンダンティーノop.241ー15/F.カルリ
3.東 光 スペインのフォリアの主題による変奏曲/M.ジュリアーニ
4.福山日陽 魔笛の主題による変奏曲/F.ソル

斎藤優貴コンサート  15:15~
茶話会    16:00~

<コンサートプログラム>
1.プレリュード, フーガ, アレグロ BWV998/J.S.バッハ
2.ゴヤによる24のカプリチョスより"類は友を呼ぶ",、"パラティーノ伯爵に捧ぐ"/M.C.テデスコ
3.24のプレリュードより第21, 8, 12番/M.M.ポンセ
4.ソナタ Op.47/A.ヒナステラ

<受講>会員:8,000円 一般:9,000円 (中学生以下:4名限定)
<聴講+コンサート+茶話会>中学生以下:1,000円 高校生以上大人:2,500円
(上記料金にはコンサートも含まれます)

<斎藤優貴プロフィール>
5歳よりギターを始める。これまでに大沢一仁、村治昇、鈴木大介、坪川真理子、荘村清志、江間常夫、金庸太、村治奏一各氏に師事。作曲を伊左治直氏に師事。ローラン・ディアンス、トーマス・ミュラー=ペリング、アルバロ・ピエッリ、パブロ・マルケス、マルシン・ディラ、ジュディカエル・ペロワ、福田進一各氏のほか、国内外多数の演奏家・教授のマスタークラスを受講。

第43回日本ギターコンクール第1位、第59回九州ギターコンクール第1位ほか国内多数のコンクールで優勝・入賞したのち2016年渡独。現在フランツ・リスト・ワイマール音楽大学(ドイツ)にてリカルド・ガレン氏に師事。第13回トゥウェンツ国際ギターコンクール第1位(オランダ)、第1回オールボー国際ギターコンクール第1位(デンマーク)、第7回ビルバオ国際ギターコンクール第1位(スペイン)、第9回ポレチ国際ギターコンクール第1位及び特別賞(クロアチア)、第19回エルチェ国際ギターコンクールユース部門第1位(スペイン)、第5回イスタンブール国際ギターコンクール第2位(トルコ)、第3回ハナバッハ国際ギターコンクール第2位(ドイツ)ほか多数の国際コンクールでこれまでに10以上の賞を獲得。
2018年、ヨーロッパ初にしてクラシックギター界最大規模のフェスティバル連盟『ユーロストリングス』のアーティストにアジア人として初めて選出。2019年度、加盟しているヨーロッパ各地のフェスティバルから招致されコンサート及びマスタークラスを行う予定。また同年、デンマーク、ドイツ、スペイン及びトルコでのコンサートツアーを予定。今ヨーロッパで最も注目される日本人若手ギタリストとして活躍の場を国内外に広げている。

 

 

TOP