上質なプロのコンサートを当サロンで間近に聴くことが出来ます。

  • 052-910-6700

    office@muse-ongakukan.com

  • (店舗)平日11:00~20:00 土日10:00~19:00(教室)平日11:00~20:20 土日10:00~20:00 月曜日定休
  • facebook
  • twitter
  • instagram

お問い合わせ

ミューズサロン

サロンコンサート情報の記録

2012年 8月12日(日)
ギター・ファミリーコンサート part3  
~ききたいな ! ギターで世界の名曲を~

ミューズ

開演 15:00

(割引制度対象外)

出演:高岡誠 大矢修三
15:00開演
中学生以下: 無料
高校生以上:¥2,000

 

クラシックギターは心あたたまるやさしい音色と音楽への広い可能性・表現力を持ち、大変ポピュラーな楽器ですが、生で耳にする機会は多くありません。私たちは子供の頃にこの楽器に出会うことによってより豊かな人生を送っていただきたいと願い、この企画を提案し、継続したいと考えています。大人の方でも楽しめる、親しみ易く充実した内容を目指しますので、是非親子そろって、また、一般のギター愛好家の方のご来場も心よりお待ちしています。(高岡誠)

 

プログラム
〔ギター・デュオ〕
ソル          小さな喜遊曲op.61-2
ニャタリ    組曲“肖像”から
イギリス民謡    グリーンスリーブス
アイルランド民謡  ロンドンデリーの歌
シューベルト     セレナーデ
チャイコフスキー  アンダンテ・カンタービレ
ブラーガ       天使のセレナーデ
パッヘルベル    カノン
バッハ        主よ、人の望みの喜びよ

〔ギターソロ〕
ドビュッシー     月の光


 

<高岡誠>
1983年、中部日本ギター協会主催「新人ギター演奏会」(第1位)にて「協会賞」及び「CBC賞」、スペイン・サンチャゴ・デ・コンポステラ国際音楽講習会にて「モラレス賞」受賞。パリ・エコール・ノルマル音楽院留学。
<大矢修三>
高校時代80年代ロックに多大な影響を受け、大学時代にロックバンドで演奏活動を開始する。その後クラシックギターを速水武志、寺本安江、野村芳生の各氏に師事。音楽理論を柴信次氏に師事。加藤政幸、ステファノ・グロンドーナ、パヴェル・シュタイドル各氏のマスタークラス受講。現在、ギタースクールDEE MUSICを主宰する傍ら、愛知万博、やまのて音楽祭等のイベント出演やギター独奏、ギター二重奏、フルート、ヴァイオリン、歌との共演や合唱伴奏など精力的に活動している。

2012年 8月5日(日)
第35回ワンコインコンサート

開演 15:00

演奏参加:1,000円
聴衆参加:500円
(お茶・お菓子付)
会員の、会員による、会員のためのコンサートです。

エントリーは締め切りました。

聴衆参加募集中!

 

【出演者&曲目】

<第1部>

川村 英和:誰もいない(菅原洋一)
七里 豊正:アンダンテ、アンダンティーノ/F.カルリ、

エチュードホ短調/F.タレガ
平澤 祥一:アデリータ/F.タルレガ、月光/F.ソル
浅野幸一:シルエット・ロマンス(来生たかお)

オリビアを聴きながら(尾崎亜美)
安田 顕助:エチュードNo11、No12/H.ヴィラ=ロボス
布目 知弘:代官の踊り、粉屋の踊り/M.ファリャ

<第2部>

熊谷江利子:組曲ニ短調」より

ブーレ・ジーグ/ド・ヴィゼー

マジョルカ/I.アルベニス
中原 誠:ソルの20の練習曲(セゴビア編)よりNo.2

黒いデカメロンより第3楽章「恋する乙女のバラード」/L.ブローウエル
山口研一:アデリータ、アラビア風奇想曲/Fタレガ
各務昭子:サンブラ・グラナディーナ、カディス/I.アルベニス)
豊嶋 真司:前奏曲4番・5番/H.ヴィラ=ロボス

ワイルド・マウンテン・タイム

(スコットランド民謡)
竹口喜久:セビリア風幻想曲/J.トゥリーナ

2012年 8月4日(土)
佐藤正美ワークショップ&コンサート

ミューズ

開演 

ボサ・ノヴァの第一人者・佐藤正美先生によるワークショップとコンサート。今回はワンノートサンバのバッキング法とボサ・ノヴァのリズム練習法について伝授して頂きます。

 

一般:3,500円
会員:3,000円
学生:2,000円

 

<ワークショップ> 17:00~
1.ワンノートサンバのバッキング法
2.ボサ・ノヴァのリズム練習の効果的方法。
ギター持参での参加は20名までです。申込時にギター持参か手ぶら参加かをお伝え下さい。

 

<コンサートプログラム>18:30~
1ワンノートサンバ
2イパネマの娘
3ウェーブ
4ジャズサンバ
5黒いオルフェ
6マシュケナダ

2012年 7月21日(土)
ホルヘ・ルイス・サモラ ギターコンサート

ミューズ

開演 17:00

一般:4,000円
会員:3,500円
学生:2,000円

 

1993年を最後に幕を閉じたパリ国際ギターコンクール。最後の優勝者サモラが再来日します。現在コスタリカに在住。世界各国のフェスティバルなどで活躍中!ギターのオリジナルを中心に組まれたプログラムをお楽しみ下さい。

 

<プログラム>
シャコンヌ/J.S.バッハ
ハンガリー風幻想曲/J.K.メルツ
森に夢見る/A.B.マンゴレ
コスタリカの主題による変奏曲/A.B.マンゴレ

キューバの子守歌/E.Grenet ~ L.ブローウェル
エル・パラルティコ/M.マタモロス ~F.ペレス
スム・ガガ/J.A.ナバロー
母のためのグアヒーラ/ニコ・ロハス
天使の死/A.ピアソラ
ブラジル風バッハ第5番 /H.ヴィラ・ロボス
フェリシダージ/T.ジョビン~ V.デ・モラレス

 

<プロフィール>(Jorge Luis Zamora)
キューバのマタンサス県コロン市に生まれる。11歳の時、トレス の演奏者である父の勧めにより、マタンサス県立芸術学校でギターを始める。 1985年ハバナ国立芸術学校を優秀な成績で卒業。1933年パリ国際ギターコンクール 優勝を始め、ポーランド、メキシコ、イタリア、キューバなど主要なコンクールで優勝 している。
これまでに35カ国以上で演奏。国際コンクールの審査員つと め、テレビ、ラジオ、雑誌などに出演。「完璧なテクニックを備えた傑出した音楽家。黄金時代のセゴビアのようだ」と賞賛される。2002年コスタリカ国籍を取得。現在コスタリカ大学、ハバナ国立音楽学校教授。

2012年 7月15日(日)
テルミン&マトリョミンコンサート & マトリョミン体験会

ミューズ

開演 

(割引制度対象外)

15:00~15:45

 

テルミン&マトリョミン/小泉広

マトリョミン/高 扶美枝
ギター/佐々木響士朗

 

一般:1,500円
会員:1,000円

 

●テルミンソロ(小泉広 ギター伴奏:佐々木響士朗)
1.白鳥 (サン・サーンス)
2.紫陽花 (莉 燦馮)
3.アルフォンシーナと海 (A.ラミレス&F.ルナ)
4.シチリアーノ (パラディス)
●マトリョミンデュオ(小泉広&高 扶美枝)

(ギター伴奏:佐々木響士朗)
5.おぼろ月夜 (岡野貞一)
6.見上げてご覧夜の星を (いずみたく)
7.星に願いを (ハーライン)
8.チェブラーシカメドレー(ウラジミール・シャインスキー)

【同時開催】
☆マトリョミン体験会☆
16:00~17:00 (コンサート終了後同じ場所で)
定員5名 体験料¥500 聴講は無料

世界最古の電子楽器テルミンとロシアの民芸品「マトリョーシカ」の中に「テルミン」の機能を収めた電子楽器マトリョミン。各地でコンサート及び講師として活躍する小泉広さんと佐々木響士朗さんのギターによるコンサート。またコンサート終了後に体験会も行います。

 

<プロフィール>
小泉 広 (テルミン/マトリョミン奏者)
尚美高等音楽学院ギター科卒業。
1993年中部日本ギター協会、第17回新人ギター演奏会にて第1位協会賞、 及び中部日本放送賞を受賞。

2002年世界最古の電子楽器テルミンに出会う。
日本におけるテルミンの第一人者、竹内正実氏に師事し、現在に至る。
四国放送ラジオ、静岡SBSラジオ、CBCラジオにゲスト出演。
2008年豊橋夏期市民大学講師。
名古屋毎日文化センター「テルミン初級&マトリョミン」講師。
栄中日文化センター「テルミン、マトリョミンを奏でる」講師。
ヤマハ伏見音楽センター「マトリョミン短期講座」講師。

2012年 7月8日(日)
ミューズサロン講座 『爪の削り方とタッチ』

ミューズ

開演 

開講15:00

【講師】佐々木響士朗
参加費
一般:1,500円
会員:1,000円

 

好評だった講座の第3弾。基本的な爪の削り方と磨き方のコツ、そして、 弦の上に指を置いてから弾弦する奏法についてお話します。太く芯のある音の出し方、 アルアイレとアポヤンドのタッチの違い(手首の位置、指の角度やパワーのかけ方)など、前回に増して細かく説明致します。講座後、希望者には、 実際に爪を削って音色の変化を体験して頂きたいと思っていますので、講座 の日まで爪をいつもより伸ばしておいて下さいね。音色やタッチで悩んでらっしゃる方、是非ご参加下さい。

2012年 6月17日(日)
福田進一マスタークラス

開演 

いつも大人気の福田先生の公開レッスンです。

聴講生募集中です。

受講は締め切りました。

 

11:00~19:00(出入り自由)

 

<受講生と受講曲>(時間は目安です)

11:00 百々智啓:魔笛の主題による変奏曲/F.ソル

12:00 高橋彩華:Sonata Giocosa/J.ロドリーゴ

14:15 星野瑞紀:グランソロ/F.ソル

15:15 飯田楓子:組曲カヴァティーナより/A.タンスマン

                プレリュードとサラバンド

16:15 金田栞奈:エレジー/J.K.メルツ

17:30 蔵本浩史:組曲カヴァティーナより

      舟歌・ダンサポンポーサ/A.タンスマン

18:30 デュオ・カリヨン(宮下文夫(G)&宮下昌乃(Fl))

      タンゴの歴史より カフェ1930年、現代のコンサート

/A.ピアソラ
<受講料>一般:\20,000 会員:\18,000
<聴講料>一般:\3,500 会員:\3,000 学生:\2,000

【コンサートと公開レッスン通し料金】

<コンサート+受講>

一般:22,000円、会員:20,000円
<コンサート+聴講>

一般:6,500円、会員:6,000円、学生:4,000円

2012年 6月16日(土)
福田進一ギターサロンコンサート

ミューズ

開演 17:00

3月13日にギター界にうれしい発表がありました。
芸術の分野で優れた業績を挙げた人に贈られる文化庁の「芸術選奨文部科学大臣賞」を福田進一さんが受賞されました。ギター界初の快挙で、音楽部門は2人受賞の中のお一人です。

 

贈賞理由は:
「福田進一氏は,パリ国際ギターコンクールで栄冠を勝ち取って以来,今日に至る 30年の間,傑出した演奏,教育活動を世界的規模で続けてきた。その福田氏が,コンクール優勝30周年を期して始めたバッハの無伴奏作品を全曲ギターで演奏すると
いう企画の初回(無伴奏チェロ組曲)で示した演奏は,作品の構造と奥深い精神性を見事に明らかにするもので,改めて氏の,技の熟練度の高さとギターを越えた音楽そのものに対する深い理解を目の当たりにさせた。わが国におけるギター音楽の存在感を高めた功績は極めて高く評価できる。」
となっています。
その福田進一さんが、今回ギターの名曲を組み入れた魅力的なプログラミングでサロンにご登場下さいます。受賞エピソードなどもお聞きできるかもしれません。お早めにお申し込み下さい。

 

開演 17:00
一般:\4,000
会員:\3,500
学生:\2,000

 

<プログラム>
■ブローウェル:悲歌~イン・メモリアム・タケミツ
L.Brouwer : Hika - in memoriam Takemitsu (1996 / dedicated to S.Fukuda)

■バッハ(福田進一編):パルティータ第1番 ロ短調 より

J.S.Bach (trans.by S.Fukuda) : from Partita No.1 B-minor BWV1002

■タレガ:アラビア風綺想曲~アルハンブラの思い出

F.Tarrega : Capricio Arabe ~ Recuerdos de la Alhambra

■ブローウェル:ハープと影

L.Brouwer : El Arpa y La Sombra (2005-6 / dedicated to S.Fukuda)

A Homage to Takemitsu based on "Concerto da Requiem (2005)"

ーーーー 休憩 ーーーー

■アルベニス:アストゥリアス & 朱色の塔

I.Albeniz : Asturias & Torre bermeja

■バリオス:大聖堂

A.Barrios : La Catedral

■バッハ(福田編):チェロ組曲第6番ニ長調 より

J.S.Bach (trans.by S.Fukuda) : from Cello Suite No.6 D-major BWV1012

 

【コンサートと公開レッスン通し料金】

<コンサート+受講>

一般:22,000円、会員:20,000円
<コンサート+聴講>

一般:6,500円、会員:6,000円、学生:4,000円

2012年 6月14日(木)
チョン・スンハ ジャパン・ツアー2012

開演 19:00

東京2DAYSを含む全6公演決定!

15歳になったスンハがソロ・ギターで奏でる

心優しいメッセージをあなたに・・・

開演 19:00
一般当日 :\4,000
前売・会員:\3,500

予約・問合先:(有)ヒロ・コーポレーション 052-726-8625

              メール office@hiro-art.net

 

 

◎チョン・スンハ・プロフィール
1996年韓国生まれのフィンガースタイルギタリスト、チョン・スンハは、10歳の頃から動画サイトYouTubeで自らのソロ・ギター演奏を次々とアップ。その幼い容姿からは到底想像できない高度なギターテクニックを披露し、4億2千万を超えるトータル・アクセス数を記録(2012年2月現在)。スンハがソロギターで奏でた「オール・ユー・ニード・イズ・ラブ(愛こそはすべて)」のYouTube映像を見て深く感動したオノ・ヨーコはスンハに「あなたの素晴らしい演奏にジョンも喜んでいることでしょう」というメッセージを送った。すでにアメリカやヨーロッパでのツアーも行っており、押尾コウタローやトミー・エマニュエルをはじめ、数多くの有名ギタリストとステージで共演している。デビュー・アルバム「パーフェクト・ブルー」と最新アルバム「アイロニー」をスライス・オブ・ライフより国内発売する。

2012年 6月10日(日)
「ラテン・タンゴ名曲集」
~BunKenソロギターLive~

ミューズ

開演 15:00

演奏:BunKen(長野文憲)

 

現代ギター社の「永遠のギターアルバム」全5巻でお馴染みの長野文憲さんによるラテン・タンゴの名曲をどうぞ!

15:00開演
一般:4,000円
会員:3,500円

<プログラム>
ベサメ・ムーチョ    C.ベラスケス
想いの届く日       C.ガルデル
カミニート       J.D.フィリベルト
こおろぎのサンバ    A.ユパンキ
恋する鳩の踊り     A.ユパンキ
コンドルは飛んで行く  D.A.ロブレス

 

ギターよ教えておくれ  A.ユパンキ
アルフォンシーナと海  A.ラミレス&F.ルナ
アディオス・ノニーノ   A.ピアソラ
タンゴ・アン・スカイ   R.ディアンス
ラ・クンパルシータ   M.ロドリゲス
コーヒー・ルンバ    J.M.ベローニ

 

BunKenプロフィール:
1974年マスター・クラスでオスカー・ギリアの教えを受けプロの道へ。エリザベト音楽大学にギターコースが新設されたのを機に'77年30歳で同大学入学。卒業後タンゴやフォルクローレ等新しいジャンルを含む独自の世界を追求し続け、'94年ニューヨーク・カーネギーホールに出演。'96年カーネギーホール出演記念のCD『ラ・クンパルシータ』をリリース、同名の編曲集を現代ギター社より同時出版、ロングセラーとなる。
'97年NHK-BS「吉永小百合原爆の詩12編」出演、'11年アーカイブス名作選として再放送(現在NHKオンデマンドで配信中)。'03年日本文化全面開放に先駆け韓国大邱MBC開局40周年記念番組に出演。'06年NHK放送博物館50周年記念事業に出演。同年ニューヨーク‘Universal Peace Day’出演。同年「創立50周年記念いけばなインターナショナル世界大会」セレモニー(名誉総裁高円宮妃殿下ご臨席)で池坊ほか1,500名の世界の華道関係者に絶賛される。
'07年日本コロムビアよりギターソロ版「千の風になって」でメジャーデビューを果たし、朝日、毎日、読売、日経、産経新聞、NHK、日本TV、フジTVほか多数のメディアで紹介される。同年ニューヨーク国連本部、セントラルパークで演奏。WBAI Radio出演。'11年「国際平和シンポジウム」セレモニーに於いて、特別ゲスト オノ・ヨーコの前で『イマジン』を演奏し賞賛を受ける。
40余年に渡る地道な演奏活動から紡がれる品位ある豊かな音色から「六弦の魔術師」の異名を持ち、CDは、NHK「ラジオ深夜便」「ひるのいこい」、JAL国際線国内線機内、東海道山陽新幹線車中等、全国で放送されている。
曲の個性を巧みに引き出すギターアレンジも定評があり、現代ギター社より「永遠のギターアルバム/長野文憲編」5巻、共著5巻が出版され愛奏されている。

TOP