上質なプロのコンサートを当サロンで間近に聴くことが出来ます。

  • 052-910-6700

    office@muse-ongakukan.com

  • (店舗)平日11:00~20:00 土日10:00~19:00(教室)平日11:00~20:20 土日10:00~20:00 月曜日定休
  • facebook
  • twitter
  • instagram

お問い合わせ

ミューズサロン

サロンコンサート情報の記録

2009年 7月21日(火)
阿部千春・蓮見岳人デュオコンサート ~ヴァイオリンとリュートのバロック室内楽~

開演 19:00

開演 19:00
前売・会員:3,000円
当日     :3,500円

<プログラム>
・ソナタ1番作品5 ニ長調/アルカンジェロ・コレッリ
・ソナタニ短調 HWV359a/ゲオルグ・フリードリヒ・ヘンデル
・シンフォニア 11番 イ短調/アレッサンドロ・ストラデッラ
・ソナタレプレゼンタティーヴァ イ長調/ハインリッヒ・イグナーツ・フォン・ビーバー
・パッサカリア(ヴァイオリンソロ)/ハインリッヒ・イグナーツ・フォン・ビーバー
・リュートの為の組曲ハ短調/エザイアス・ロイスナー
・ソナタ8番 ニ短調/カール・アンブロジオ・ロナーティ

<プロフィル>
【蓮見岳人】
奈良生まれ。京都で歴史を学ぶ。
独学の後、リュートを佐々木 雅嗣氏に師事。
1991年、ドイツのケルンに移り、ケルン音楽大学に入学、コンラート・ユングヘーネルの元でリュートを学ぶ。
1997年に首席卒業後、フランクフルト音楽大学で今村泰典氏に師事。
その後再びケルン音楽大学で歴史的室内楽の課程を修了、国家演奏家の資格を取得。さらに、ロルフ・リースルヴァント、今村泰典、ロバート・スペンサー、ロバート・バルトー各氏の講習会に参加。

蓮見岳人はソロ奏者であると同時に、通奏低音奏者として主にドイツ、オランダ、日本で幅広く活動している。
西南ドイツ放送局交響楽団SWR、ケルン・ギュルツェニヒ交響楽団、カールスルーエ・ヘンデルフェスティヴァル・オーケストラ、オランダ・ヒルヴェルスム・オムループ放送室内管弦楽団、フローニンヘン・北オランダ交響楽団、アムステルダム歌劇場オーケストラ(ロイ・グッドマン指揮)、ケルン室内管弦楽団、コンチェルト・ケルンなどとこれまで共演、バロックオペラ上演にもたびたび参加する。
2008年にはフランス・ブリュッヘンの指揮の下、アムステルダム・コンセルトヘボウで演奏。
通奏低音奏者として各種CD・放送録音に参加。アルテムジークケルンとの”ROMA”にも参加している。

【阿部千春】(バロック・ヴァイオリン)
5歳よりヴァイオリンを始める。
塩川庸子氏、尾島綾子氏、前澤均氏、金倉英男氏、村上和邦氏、菊地俊一氏に師事。
武蔵野音楽大学卒業後、ドイツ・シュツットガルト国立音楽大学でスザンネ・ラウテンバッハー氏に師事。
在日中より菊地俊一氏、永田仁氏を通して古楽に関心を持っており
1994年トロッシンゲン国立音楽大学古楽科に入学、バロックヴァイオリンをジョルジオ・ファヴァ氏に師事。
ディプロム終了後、同大学院にてフランソワ・フェルナンデス、エンリコ・ガッティ、ジョン・ホロウェイ各氏のもとで研鑽を積む。
1999年、ドイツ産業連盟・ドイツ財界文化部主催の”古楽・弦楽器コンクール”にて特別奨励賞を受賞。
2000年、大学院修了後、スコラカントルム・バジリエンスィス(バロックヴァイオリン、ヴィオラ・ダモーレ)に在籍、ケルン国立音楽大学(古楽科室内楽専攻)にて国家演奏家資格取得。
在学中より、オーケストラ/室内楽奏者、ソリストとして数多くの演奏会、CD、各地放送局の録音に参加。ドイツはもとより、ヨーロッパ各国に活動範囲を広げる。
2000年秋、ミシェル・コルボ氏の来日公演にて、マタイ受難曲の第2コンサートマスターを努めコルボ氏の絶賛を受ける。以来、日本にてリサイタル活動も始める。
現在、ケルンに在住。コンチェルトケルンにおいて活動。
ヴィオラ・ダモーレ奏者としても、テレマン・トリプルコンチェルト、ヨハネ受難曲の他、2009年にはバッハ・チェンバロコンチェルトBWV1055をヴィオラ・ダモーレのために復元し好評を得る。
同年、ケルンの古楽アンサンブル・アルテムジークケルンとのCD”ROMA”がリリースされる。

2009年 7月11日(土)
松尾俊介ギターリサイタル

ミューズ

開演 15:00

開演 15:00


一般:3,500円
会員:3,000円

<プログラム>
・ヨハン・セバスティアン・バッハ 「リュート組曲第2番 ハ短調 BWV.997」
-前奏曲 Prelude
-フーガ Fugue
-サラバンド Sarabande
-ジーグ Gigue
-ドゥーブル Double

・レオ・ブローウェル 「HIKA~武満徹の思い出に」
                         「祭のあるキューバの風景」

・アグスティン・バリオス・マンゴレ 「大聖堂」l
-前奏曲 Preludio
-宗教的なアンダンテ Andante religioso
-荘厳なアレグロ Allegro solemne

・マヌエル・マリア・ポンセ 「イ短調組曲」
-前奏曲 Prelude
-アルマンド Allemande
-サラバンド Sarabande
-ガヴォット Gavotte
-ジーグ Gigue

・マヌエル・マリア・ポンセ 「3つのメキシコ民謡」
-小鳥売りの娘 La Pajarera
-わが心よ、君ゆえに Por ti mi corazon
-ラ・バレンティーナ La Valentina
・マヌエル・マリア・ポンセ 「スケルツィーノ・メヒカーノ」

・マヌエル・マリア・ポンセ 「南のソナチネ(原典自筆譜による)」
全3楽章

<プロフィル>
1979年京都市に生まれる。日本ギターコンクール、東京国際ギターコンクールなどに受賞歴を持ち、1999年渡仏。2003年パリ国立高等音楽院ギター科を審査員満場一致の首席で卒業。2004年には、同音楽院室内楽科を卒業、アントニー国際ギターコンクール(フランス)にて第3位入賞し、日本に帰国。2005年庄内国際ギターフェスティバルにて第1位オスカー・ギリア賞を受賞。ファーストCD「ヴァリエ1/松尾俊介」をリリースし、東京・トッパンホールでのデビューリサイタルを開催する。
以後、2006年 HAKUJUギターFESTA、2007年NHK-FM名曲リサイタル、2008年春のベオグラード国際ギターアートフェスティバルをはじめとする東欧3カ国のツアーを行うなど、ソロのみならず室内楽、オーケストラや邦楽との共演、新作の初演など多彩な演奏活動を展開している。
これまでにギターを渡部延男、福田進一、A.ポンセ、C.アルムス、O.シャッサンの各氏に、古楽をE.ベロック氏に、室内楽をL.ハダディ、上田晴子の各氏に師事。
2008年11月にセカンドCD「Ponce Guitar Works」をリリース、レコード芸術誌特選盤に選ばれた。

2009年 6月14日(日)
藤井敬吾 講習会とミニコンサート

ミューズ

開演 

ギタリスト兼作曲家の藤井先生の公開レッスン、講習会&ミニコンサートです。初心者の方も藤井先生のレッスンを聴講できるチャンスです。


<公開レッスン受講料>
一般:\12,000 会員:\10,000
<モデル生徒&聴講料>
一般:\3,500 会員:\3,000
(全てコンサート含む)

3部構成で実施いたします。
1.公開レッスン                        14:00-16:00
<受講者と受講曲>

・増田泰隆  ギャロップOp.32-6/F.ソル
・渡邉史明  プラテロと私よりVIII Amistad=Friendship

/テデスコ

・豊嶋真司  フリア・フロリダ/A.バリオス・マンゴレ
2.基礎講座                        16:15-17:45

ギターの構え方、左手の奏法、右手の奏法、スラーの仕方

など基本的な事を講習して頂きます。
事前に準備するものはありません。

 
3.ミニコンサート                    18:00-18:45

   F.タレガ 朝の歌、パバーヌ、前奏曲
藤井敬吾 三月のソナチネ

2009年 6月21日(日)
ワンコイン・コンサート

開演 15:00

15:00開演
聴衆参加費:500円(お茶・お菓子付)

会員の、会員による、会員の為のコンサートです。
今回は中級・上級者ばかりのエントリーとなり、聴き応えのあるワンコインになりそうです。
あなたも是非聴衆参加してください。

<参加者と演奏曲>
・三浦 章(バロックリュート) ニ短調の作品から

プレリュード、ラルゴ、フーガ/S.L.ヴァイス
・上田 和也   月光/F.ソル、 ラグリマ/F. タレガ
・豊嶋 真司   ファンタジー/L.S.ヴァイス

フリア フロリダ/A.バリオス
・各務 昭子   オルゴール、ほたる/後藤千秋
・浅野 喜正   スペイン風セレナーデ/ホアキン マラッツ
・角谷治子・高原恵子(二重奏) Petit Duo Op53

(私の方へ第一歩)/F.ソル
・熊谷江利子  月光/F.ソル

メヌエット(第2グランドソナタより)/F.ソル
・村上 弘明   11月のある日/L.ブローウェル、

もしも彼女が尋ねたら/D.レイス
・小林仙太郎  イパネマの娘、おいしい水/C.ジョビン
・田中 健之   カヴァティーナ/マイヤーズ、

エナジーフロー/坂本龍一
・草場 徹也   闘牛士の墓/中林淳真、

スペイン舞曲第5番(グラナドス)
・野呂 正夫   黒いオルフェ/J.フェリシアーノ編、

ラブワルツ/ノイマン、

タンゴアンスカイ/ディアンス
・鷲見 雄史   序奏とロンドOp.2-2(D.アグアド)、

フォーコ/R.ディアンス

2009年 6月6日(土)
リュート音楽のひととき第7回 ~マイ・セレクション~

開演 15:00

開演 15:00


一般:\2,500
会員:\2,000

毎回好評の中川祥治氏によるリュートのレクチャーコンサート。今回の目玉は伊福部昭作曲の貴重なリュート・オリジナル曲『バロック・リュートのためのファンタジア』
殆ど演奏されることがありませんが、素晴らしい作品です。

・バッハ作曲組曲ト短調BWV995より
・ジャック・ビットナー作曲 組曲ト短調より
・伊福部昭作曲 バロック・リュートのためのファンタジア
・中川祥治作曲 夜間飛行~空のかなたへ~
・ヴァイス作曲 ソナタ ヘ長調より

2009年 5月24日(日)
Sonorosa(ソノローザ)in Museongakukan Vol.Ⅱ ~ブラジルの美しき響き~

開演 15:00

ジュリア(ヴォーカル)、井上みつる(ギター)
開演 15:00
一般:\3,500
会員:\3,000


ブラジル音楽のルーツ 「ショーロ」をはじめ、有名な「ボサ・ノヴァ」、「サンバ」、そしてアフリカから渡ってきた宗教に影響を受けた「アフロ・サンバ」などををお届けします。

「ココやしのケーキ」ジャコー・ド・バンドリン(ショーロ)
「なぐさめ」「イエマンジャーの歌」「ビリンバウ」バーデンパウエル(アフロサンバ)
「わが祖国のサンバ」ドリバル・カイミ(サンバ)
「人生は風車」カルトーラ(サンバ)、その他

2009年 05月17日(日)
フリーバーズ・コンサート

開演 15:00

一般:3,500円
会員:3,000円

<プログラム>

【一部】

・ランクラージュマン・・・・・F.ソル


  カンタービレ 主題と変奏 ワルツ


・ロマンス・・・・・・・スペイン民謡


・恋のアランフェス・・・・J.ロドリーゴ


・アルハンブラ宮殿の想い出・・・F.タレガ


・スペイン セレナータ・・・・J.マラッツ(篠原ソロ)


・3つの小品・・・・・I.アルベニス


   プレリュード タンゴ マラゲーニャ


【二部】


・ブエノスアイレスの四季より 夏 ・・・・A.ピアソラ


・サーカス・ミュージック・・・・・・・・C.ドメニコーニ


  アルゼンチンのナイフ投げ


   スペインのギリシャ馬乗り


    鑞人形館


     ダック レース


      アンデスの蚤芸


       ウラルの不思議な声とドンコサック


        氷上の消防隊


         鍵穴を通って消えたヨギ


          さようならと奏でるオーケストラ


・ブラジル民謡「この道」・・・・・・I.サビオ(伊東ソロ)


・アンド アイ ラヴ ハー・・・・・・・・・ビートルズ


・フール オン ザ ヒル ・・・・・・・・・ビートルズ


・「森の聲」・・・・・・・・・・・・・・・・・井上勝仁


   ボールドウィン  夜鳥


<プロフィール>
【フリーバーズ:伊東福雄・篠原正志】
「フリーバーズ」は「自由に羽ばたく鳥たち」の意味で、1985年結成以来音楽ジャンルに拘らず独自のサウンドを創り出し、常にギター二重奏界をリードしている。テーマを付けたリサイタルを行うとともに、国内はもとより世界各地でのコンサート活動を行っている。
1987「フリーバーズ・ギターライブラリー」をリリース。
89 サントリーホール(小)にて“アルハンブラへの道”リサイタル
90 田沢湖音楽祭にフリーバーズとして参加、常連となる。
92 サントリーホール(小)にて“カルメン幻想”リサイタル。
94 夏、「ブナの巨樹の森コンサート」に参加、毎日新聞全国版第一面にて紹介される。
96 第17回 田沢湖音楽祭ファイナルコンサートで、ギター協奏曲“アランフェス” を演奏(藤原義章指揮、音楽祭オーケストラ)。 NHK/FM〔土曜リサイタル〕出演。
97 カザルスホールにて、平成8年度文化庁芸術祭参加“ギター邦人作品展”リサイタル。 北甲斐★音楽祭メインスタッフとして毎年参加
99 デビューCD『アルハンブラへの道』リリース。
2000 10月にイギリス公演を行う。
二重奏曲集を現代ギター社よりシリーズで出版。
02 津田ホールにてリサイタル。
05 結成20周年日本縦断コンサートツアーを行なう。

11月スペイン公演を行なう。
06 1月、結成20周年記念リサイタルを東京文化会館小ホールにて開催。
07 セカンド・アルバム『愛のロマンス』リリース。
08 委嘱曲「森の聲」出版。

伊東福雄 Fukuo Ito(使用楽器:ロマニリョス 1974年製)
小原聖子にギターを指事。‘71年東京におけるO.ギリア・マスタークラス受講。N.イエペスを始め、多くの来日ギタリストの講習会に参加。
73年第3回クラシカルギターコンクール第1位を獲得。同年東京にてデビューリサイタル。
以後、演奏、指導、編曲、執筆、DJと全国的に幅広く活躍している
また、83年頃からマンドリンアンサンブル作品を中心に、多くの作品を作曲している。

篠原正志 Masashi Shinohara (使用楽器:アルカンヘル・フェルナンデス1981年製)
ギターを岩村通康、小原聖子に師事。
(社)日本ギター連盟主催第16回東京国際ギターコンクールにて第1位受賞。文部大臣賞、スペイン大使杯を受ける。サンティアゴ・デ・コンポステラにおける国際音楽講習会に、スペイン政府給費生として参加、J・トーマスに師事。他A・ディアス、O・ギリアに師事。又、来日したN・イエペスにレッスンを受ける。‘77年ファースト・コンサートで、東京デビュー。以後定期的にリサイタルを行うほか室内楽とのアンサンブルや数多く出演。自作品の発表や、他のジャンルとのアンサンブルでも活躍。

2009年 04月29日(水・祝)
國松竜次ギターリサイタル

開演 15:00

入場料:3,000円


<プログラム>
作者不詳:禁じられた遊び
F.タレガ:アルハンブラの想い出
I.アルベニス:アストゥリアス、コルドバ
F.M・トローバ:夜明け(國松編)
J.ロドリーゴ:祈りと踊り
C.ドビュッシー:小さな羊飼い、亜麻色の髪の乙女(國松編)
A.ピアソラ:カフェ1930、ナイトクラブ1960(國松編)
國松竜次:京都の風景、レクエルド・ブレべ、即興曲


<プロフィール>
京都府生まれ。スペインに留学し、ルティエール芸術音楽学校で学ぶ。ギターをフェルナンド・ロドリゲス、カルロス・トレパットに、作曲をダビッド・パドロスに師事。
バルセロナ国際ギターコンクール優勝。
サラウツ国際ギターコンクール特別賞。
2007年帰国。昨年6月には大阪、東京、京都で全即興演奏によるデビューリサイタルを行い、各地で好評を博した。これまでにバルセロナ、ルスト、ローザンヌなど、内外の音楽フェスティバルに招かれ演奏する。CD「ミゲル・リョベート作品集」、DVD「ギターリサイタル2008 in 大阪」、楽譜「國松竜次ギター作品集~京都の風景」が発売されている。
http://www.ryujikunimatsu.com/

2009年 04月19日(日)
ワンコイン・コンサート

開演 15:00

演奏参加:\1,000
聴衆参加: \500
(お茶・お菓子付)

会員の、会員による、会員の為のコンサートです。
聴衆参加を大募集中!

<参加者と演奏曲>
・三浦 章(リュート) ファンタジー/グレゴリオ・フエト、ファンシー/J. ダウランド
・住田 百合子 フリア・フロリダ/A.バリオス
・安田 顕助 月光/F.ソル エチュードNo.2,No.3/H.ヴィラ=ロボス
・稲熊 博隆 Here, There and Everywhere、イエスタディ/
・布目 知弘 ヴェネズエラ・ワルツNo.2,No3/ラウロ
・西村 直樹 ロマンス/メルツ 舟歌/コスト
・鷲見 雄史 『さくらの主題による変奏曲』横尾幸弘作、『KE KALI NEI AU』ハワイ伝承~鷲見編
・松野 雅樹 ソナタ Op.335/スカルラッティ
・渡邉 史明 練習曲Op.35-13/F.ソル、プラテロと私よりⅧ-AMISTED-FRIENDSHIP/テデスコ、マリエッタ/タレガ
・草場 徹也 メキシコのセレナーデ マヤの男/中林淳真
・安形 邦男 大聖堂(バリオス)
・梶田絹代、安田顕助、望月直子 カノン/パッフェルベル、赤いスィートピー/Karuho Kureta
・田口華恵(Fl)・野呂正夫(Gt) マシュ・ケ・ナダ /J・ベン タンゴの歴史より1900年「酒場」 /A・ ピアソラ

2009年 04月18日(土)
大萩康司公開レッスン

開演 11:00

人気及び実力共に第1級のギタリスト・大萩康司さんの公開レッスン第2弾です。


受講は締め切りました。



貴方も聴講してみませんか?



また、レッスンの後には2-3曲の演奏をご期待下さい。


受講料:一般/15,000円 会員/13,000円
聴講料:一般/3,500円 会員/3,000円


<タイムスケジュール>


あくまで目安です。レッスンの伸び縮みはありますのでご了承下さい。


11:00~11:50  野口 正明

           プレリュード・フーガ・アレグロより「プレリュード」/バッハ


11:50~12:40  増田 泰隆


                          エチュードOp.29-17/ソル


~80分 昼食休憩~


 14:00~14:50  杉浦 潤一 そのあくる日/ゲーラ


 


14:50~15:40  大西 達郎 練習曲Op.35-17/ソル


~20分 休憩~


16:00~16:50  小玉 紗瑛 イ短調組曲 ジーク/ポンセ


 


16:50~17:40  金田 栞奈 セビリャーナ/トゥリーナ


 

TOP