• 052-910-6700

    office@muse-ongakukan.com

  • (店舗)平日11:00~20:00 土日10:00~19:00(教室)平日11:00~20:20 土日10:00~20:00 月曜日定休
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • YouTube

お問い合わせ

クラシックギター紹介

Yoshimasa Kuroda

黒田義正 トーレスSEモデル

※右にスクロールすると表全体がご覧になれます

モデル 生産国 製作年度 表板 裏・側板 弦長 販売価格
黒田義正 トーレスSEモデル 日本 2022年 スプルース メープル 600mm 800,000円(税込)
19世紀ギター製作で有名な黒田正義氏のトーレスモデルです。このギターはトーレスのSE117、SE92、SE77などの小型ボディのギターと同じボディーで製作した弦長600㎜のギターです。19世紀ギターには弦長600㎜前後の小ぶりのギターも結構あったようで、現代のギターと比較すると小さく感じますが、手の小さな方、年配の方や19世紀ギターの雰囲気のあるギターをお探しの方にはぴったりです。
今年の8月に完成したばかりの新品同様です。傷は全くありません。
表板も前面に腑が入った良質なものを使用し、裏側板には美しいタイガーメープルが使われており材料も吟味されたものになっています。
糸巻は木ペグに見えますが、ドイツウィットナー社のギア付きペグが装着されていますのでチューニングはやり易く実用的です。
ケースはギターのサイズにぴったりの専用ケースが付いています。

TOP