名古屋のミューズ音楽館でのクリエートコンサート情報を掲載しています。

  • 052-910-6700

    office@muse-ongakukan.com

  • (店舗)平日11:00~20:00 土日10:00~19:00(教室)平日11:00~20:20 土日10:00~20:00 月曜日定休
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • YouTube

お問い合わせ

ミューズクリエート

ミューズクリエート

クリエートコンサート情報

通常のコンサートは未就学児童の入場はご遠慮頂いていますのでご了承ください。
子供向け、ファミリー向けのコンサートや公開レッスンは未就学児も入場可能です。

チケット予約はこちら

チケット予約はこちら

2021年10月23日(土)
荻野砂和子ソプラノリサイタル Vol.34
スペインの香り
  • img108OK

主催 荻野砂和子

開演 17:00 (開場16:30)

ザ・コンサートホール (名古屋・伏見・電気文化会館)

全席自由 3500円

 

<出演>
ソプラノ:荻野砂和子
ギター:谷辺昌央
ピアノ:山下勝

 

<プログラム>

荻野砂和子&谷辺昌央(ギター)
◆中世・ルネッサンスのスペイン
アンテケーラの陥落/ミゲル・デ・フェンリャーナ
ディンディリンディン/作者不詳
恋よ、どこからやってくる/エンリケス・デ・バルデラーバノ
君は私を殺めた/ホアンバスケス~フェンリャーナ編曲
母さん、ポプラの林に行ってきた/ミゲル・デ・フェンリャーナ
バラの木の泉に/ホアンバスケス~ビサドール編曲
イサベルや、帯を失くしたね/アロンソ・ムダーラ

◆マヌエル・デ・ファリャ
「7つのスペイン民謡」
1.ムーア人の織物
2.ムルシア地方のセギディーリャ
    3.アストゥリアス地方の歌
4.ホタ
5.子守歌
6.カンシオン(歌)
  7.ポロ

荻野砂和子&山下勝(ピアノ)
◆ホアキン・ロドリーゴ
「12のスペイン民謡」より
ロンダの歌
タンバリンの踊り
アデーラ

◆「4つの愛のマドリガル」より
恋よ、どこからやってくる
母さん、ポプラノ林に行ってきた

◆エリンケ・グラナドス
「昔風のスペイン歌曲集」より
   愛と憎しみ
分別のあるマホ
トラ・ラ・ラとギターのつまびき
嘆きにくれるマハⅢ

「愛の歌曲集」より
それは朝のひととき
松林へ行った娘たち
わが佳き人

◆ホアキン・ニン
「20のスペイン民謡」より
エル・ビート
アンダルシアの歌
モンタニェーサ
マラゲーニャ
グラナディーナ

※曲目は変更する場合がございます。

◇マネージメント◇ミューズクリエート 052-910-6700
◇チケット取扱い
  愛知芸術文化センター・プレイガイド
     ミューズ音楽館

 

2021年11月20日(土)
日本マリンバ協会名古屋支部 マリンバコンサート
  • img116OK
  • img117OK

主催 日本マリンバ協会名古屋支部

開演 17:00開演 (16:30開場)

ザ・コンサートホール(名古屋・伏見・電気文化会館)

一般 ¥2500  学生 ¥1500    [全自由席]

【出演】(順不同)
佐藤美玖・末武可奈子・舟橋里紗・鈴木詩乃
松浦歩美・小峰弥穂・水間ゆみ・小玉麻依・
近藤幹夫・平手直美・堀部秀美・
山下文恵・鈴木由美(P)

【プログラム】
星めぐりの歌 -マリンバ独奏の為の-/宮沢賢治~深堀賢太朗
Totem  Ⅰ、Ⅱ/A.マリニッセン
ÉTUDE DE PAGANINI for solo marimba/Robert Oetomo
ブエノスアイレスのマリア/A.ピアソラ
アディオス・ノニーノ/A.ピアソラ
「イーゴリ公」ダッタン人の踊り/A.ボロディン~朝吹英一~小玉麻依
GOTAN/E.セジョルネ   *曲目は変更する場合がございます。

【チケット取扱い】愛知芸術文化センタープレイガイド、栄プレチケ92、ミューズ音楽館
【主催】日本マリンバ協会名古屋支部
【後援】日本マリンバ協会  中部打楽器協会
【協力】㈱こおろぎ社
【マネージメント&お問い合わせ】ミューズクリエート TEL.052.910.6700

2022年9月24日(土) 
布谷史人&ベンヤミン・ヌス マリンバ&ピアノ デュオリサイタル 
  • img098OK

主催 ミューズ音楽館

開演 17:00 (16:30開場)

この公演は2021年9月25日から延期となったものです。


ザ・コンサートホール 名古屋・伏見・電気文化会館

(地下鉄東山線・鶴舞線「伏見」駅4番出口より東へ徒歩2分)

全席自由  一般 3500円  学生 2000円

《出演》
マリンバ:布谷史人  ピアノ:ベンヤミン・ヌス

《プログラム》

シャコンヌ:A. ヴィターリ

~マリンバとピアノの為の~/B. ヌス ※新作

カルメン・ファンタジー/A. ローゼンブラット

ブエノスアイレスの四季:A. ピアソラ~布谷史人

ル・グラン・タンゴ:A. ピアソラ

 

チケット取扱い=愛知芸術文化センターPC、栄プレチケ92、ミューズクリエート

お問い合わせ=ミューズクリエート 052-910-6700
http://www.muse-ongakukan.com/create/create_info

 

◆布谷史人(Nunoya Humito)
ヒューストン新聞において「黒い衣装をまとった布谷史人は、人を磁石のようにひきつけ、離さなかった。」、ドイツのKlassik Heuteにおいては「布谷氏のマリンバは歌う」と称賛され、彼の叙情性と深い音楽表現は国際的に活躍するマリンバ奏者の一人として高い評価を得ている。
ドイツでの第3回世界マリンバ・コンクール3位、アメリカでのIma Hogg コンクール1位、イタリアでの第3回リベルタンゴ国際音楽コンクールにおいて優勝した他、これまで様々なコンクールで受賞してきた。
これまでに5枚のCDをリリースしており、2019年2月にリリースした最新版「マリンバの為の協奏曲集」はヨーロッパ各地のラジオ局で取り上げられ、ベルギーのKlassiek Centraalからは「Gouden Label」賞を、BBCミュージック・マガジンでは最高点となる5つ星を受賞し、更にはドイツ・ルフトハンザ航空のフライト・エンターテイメントにも採用された。
現在はドイツ国立デトモルト音楽院のマリンバ講師として後進の指導に当たりながら、Adamsマリンバ専属アーティストとして国際的に演奏活動を繰り広げている。

◆ベンヤミン・ヌス (Benyamin Nuss)
1989年ドイツに生まれる。ケルン音楽大学でイリヤ・シェプス教授のもとで研鑽を積み、ソリストとしてロンドン交響楽団、ロイヤル・ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団、ゲヴァントハウス管弦楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団等と共演した。
ドイツのJugend Musiziert、Steinway コンクール、国際コンクール「Prixd’ Amadéo de Piano」において1 位を受賞し、「Best Of NRW」に選ばれ、ドイツ各地でコンサートツアーを行った。
クラシック音楽のほか、特にゲーム音楽の分野において活動の場を広げ、ドイツ・グラモフォンから、デビューアルバム「Benyamin Nuss plays Uematsu」をリリース。これはRPGゲーム「ファイナル・ファンタジー」シリーズで音楽を手がけた植松伸夫氏の作品を集めたアルバムで、世界中から熱狂的な支持を集める。その後、セカンドアルバム「EXOTICA」を再びドイツ・グラモフォンから、2019 年2 月にはドイツのNeue Meisterレーベルよりゲーム音楽を集めた「ファンタジー・ワールド」をリリースした。

 

チケットをご予約される方へ
ご利用方法

ご予約はメールにて下記事項を明記の上お送りください。
(最下段の(メールはこちらまで)ボタンをクリックいただくとメールが立ち上がります)
当日コンサート会場の受付にお客様のお名前を書いた封筒にチケットを入れてお取り置きしておきます。
ご精算は当日会場にてしていただきます。
追ってご予約確認メールをお送りいたします。
2~3日しても確認メールが届かない場合は、お手数ですが、念のため再度ご確認メールをお送りください。

【ご記入事項】
・お名前(ふりがな)
・ご住所
・お電話番号
・メールアドレス
・ご予約コンサート名と日付
・ご注文枚数

メールはこちらまで

TOP