• 052-910-6700

    office@muse-ongakukan.com

  • (店舗)平日11:00~20:00 土日10:00~19:00(教室)平日11:00~20:20 土日10:00~20:00 月曜日定休
  • facebook
  • twitter
  • instagram

お問い合わせ

クラシックギター紹介

輸入新作ギター

フェリペ・コンデ CE4

※右にスクロールすると表全体がご覧になれます

モデル 生産国 製作年度 表板 裏・側板 弦長 価格
フェリペ・コンデ CE4 スペイン 2020年 ローズウッド 630mm 387,000円 +税
名匠ドミンゴ・エステソの血を受け継ぎ、その伝統技術を現代に継承するスペインの有名なギター製作家、コンデ・エルマーノス(コンデ兄弟)の一人、フェリペ・コンデが2010年より自身の名前でギターの製作を開始しました。(これにより、コンデ・エルマノス名での製作は終了。)
エステソの伝統を受け継ぎながら改良を重ね製作されるギターは、立ち上がりが早く、太い低音と高音までのバランスが抜群です。この楽器は表板に杉材を使用していますが、とてもクリアな音がしています。弦長630mm、ナット幅51mm、弦幅41.5mmと日本人にはとても弾き易いサイズです。スペインのCibelesのファイバーケース付。

Casimiro Lozano

※右にスクロールすると表全体がご覧になれます

モデル 生産国 製作年度 表板 裏・側板 弦長 価格
Casimiro Lozano スペイン 2017年 スプルース バーズアイ・メープル 640mm 1,440,000円 +税
カシミロ・ロサーノは1954年スペインのクエンカに生まれる。
ビセンテ・カリージョのギター工房が隣にあったことから、早くからギターに興味を持ちギターを学ぶ。16歳の時にカリージョ工房に弟子入りし、18歳の時に初めて自分が製作したギターを作る。21歳から26歳まではバレンシアのギター工房で製作を行い、その後クエンカに戻って自らの工房を持ち独立。スペインの音楽院から多くの注文を受ける。
1974年にホセ・ルイス・ゴンザレスに賞賛され、日本でも発売されるようになる。
1990年にアルカンヘル・フェルナンデスにアドバイスを受け、世界各国でも評価を受ける。現在は世界中から多くの注文を受けている。イョラン・セルシェルがカシミロのダブルトップのギターを賞賛して使用。

このギターは珍しくバーズアイ・メープルを使ったスプルースの特殊なダブルトップを採用しており、一般的なダブルトップとは違ったトラディショナルなギターの音質で音量がある。芯があり、粘りのある音ながらメープル特有の立ち上がりの速さと軽さを兼ね備えた音と言える。弦長が640㎜、ナット幅51㎜、弦幅41.5㎜と日本人には弾き易く、気持ちよく弾ける楽器です。

Jose Marin Plazuelo

※右にスクロールすると表全体がご覧になれます

モデル 生産国 製作年度 表板 裏・側板 弦長 価格
Jose Marin Plazuelo スペイン 2019年 スプルース ローズウッド 650mm 1,260,000円 +税
最上級の材を使ってホセ・マリンが精魂込めて製作した楽器だけに完成度が一段と高く、一回り大きな響きと長いサスティーン、そして深みのある音がしています。今までに見たホセ・マリンとは一味も二味も違います。糸巻きもいつもとは違うゴトーの糸巻が装着されています。これは文句なしにお買い得品です。

アンヘル・ベニート・アグアド モダン

※右にスクロールすると表全体がご覧になれます

モデル 生産国 製作年度 表板 裏・側板 弦長 価格
アンヘル・ベニート・アグアド モダン スペイン 2015年 スプルース ローズウッド 650mm 1,170,000円 +税
アンヘル・ベニート・アグアドは1949年スペインの首都マドリッドに生まれ。幼少の頃より大工の仕事の手伝いをしていた彼は12歳で最初のギターを製作。その後独学で製作を学んだ後、 マドリッドにあった工房で、働きながら古名器に触れ、現役の製作家の作法を学びました。その後古楽器の演奏で有名で、妻が古楽器製作家であることでも知ら れるホセ・ミゲル・モレーノ夫妻との知遇を得て、トーレス以前の楽器の特徴を織り込んだ独自の作風を確立しました。

この楽器はどっしりした太い音でありながら、とても良く鳴る楽器で、力む必要なく大きな音楽作りを可能にしてくれます。軽いハンドルさばきで大排気量の車を豪快に乗り回す感覚とでも言えましょうか。

アンヘル・ベニート・アグアド 楓(ロマンティック・ギター風)

※右にスクロールすると表全体がご覧になれます

モデル 生産国 製作年度 表板 裏・側板 弦長 価格
アンヘル・ベニート・アグアド 楓(ロマンティック・ギター風) スペイン 2016年 スプルース メープル 650mm 1,170,000円 +税
アンヘル・ベニート・アグアドは1949年スペインの首都マドリッドに生まれ。幼少の頃より大工の仕事の手伝いをしていた彼は12歳で最初のギターを製作。その後独学で製作を学んだ後、 マドリッドにあった工房で、働きながら古名器に触れ、現役の製作家の作法を学びました。その後古楽器の演奏で有名で、妻が古楽器製作家であることでも知ら れるホセ・ミゲル・モレーノ夫妻との知遇を得て、トーレス以前の楽器の特徴を織り込んだ独自の作風を確立しました。

このメープルを使ったギターはボディーサイズがモダンギターのサイズですが、アンヘルは19世紀ギターの音作りを狙ったとのことで、現代のギターにある華やかで張りのある音ではなく、柔らかく落ち着いた音作りになっています。軽いタッチでふぁっと鳴ってくれますので弾き易さは抜群です。

Madrid

※右にスクロールすると表全体がご覧になれます

モデル 生産国 製作年度 表板 裏・側板 弦長 価格
Madrid 中国 スプルース ローズウッド 650mm 135,000円 +税
このモデルはスタンダードシリーズの上位に位置付けられたプレミアムシリーズで、ハウザーモデルと同様オール単板仕様となっています。このマドリッドモデルはスペインを代表するラミレスを意識したモデルに見受けられますが、音はマルティネスの均整の取れた透明感のある音がしています。

MC-58S

※右にスクロールすると表全体がご覧になれます

モデル 生産国 製作年度 表板 裏・側板 弦長 価格
MC-58S 中国 スプルース ローズウッド 650mm 45,000円 +税
マルティネスは1978年にヴォルフガング・イェリングハウスによりドイツで創設されました。2005年にはアメリカの製作家ケネス・ヒルが参画し、工場ライン設計や技術指導、製品監修を務めてきました。そのため品質的には素晴らしく、コストパフォーマンスの高い楽器が完成しています。このモデルはスタンダードシリーズの最廉価モデルでギグバッグ付きでこの価格は予算を押さえたい人にはお勧めのモデルです。

フリッツ・オベール

※右にスクロールすると表全体がご覧になれます

モデル 生産国 製作年度 表板 裏・側板 弦長 価格
フリッツ・オベール ドイツ 2020年7月1日入荷しました スプルース ハカランダ 640mm 2,250,000円 +税
残念ながらフリッツ・オベールは今年9月に亡くなりました。この楽器は今年の7月に入荷したものですので彼の遺作になってしまいました。彼のギターにはドイツの重厚な、洗練された職人気質を感じます。雑音のない透明でがっちりした深みのある音は魅力的です。ハウザーの良い点と古楽器の製作で培ったノウハウを活かして、芯があり締り感のある音と伸びやかでしなやかな音を上手く融合した楽器と言えます。今回入荷した楽器は弦長640㎜、ナット幅が51㎜、弦幅41㎜の特注品で日本人には弾き易いサイズになっています。表板は長い年数寝かせてあった様子が伺える良く焼けた色合いでビンテージ物の風合いがあります。音も正に芯があり、透明感あると同時に深みのある名器の音と言えます。バランスも抜群で、コンサート会場でも奥まで響き渡ってくれるでしょう。

マルシン・ディラモデル(トーレスモデル)

※右にスクロールすると表全体がご覧になれます

モデル 生産国 製作年度 表板 裏・側板 弦長 価格
マルシン・ディラモデル(トーレスモデル) イタリア 次回入荷は2020年末~2021年 スプルース タイガーメープル 650mm 1,620,000円 +税
カリスマ的存在のギタリスト・マルシン・ディラが使用しているガブリエル・ロディが入荷しました。
トーレスのSE113をモデルとしたこの楽器は、タイガーメープルを使い、手の込んだロゼッタとともにとても美しい楽器に仕上がっています。芯のあるしっかりした音ながらとてもふくよかに鳴ってくれ、いつまでも弾いていたいと思う楽器です。しかも美しい音色で心奪われる楽器です。トーレスモデルのため小ぶりのボディーにナット幅が51㎜、弦幅が42㎜となっていて日本人には弾き易い楽器です。
<製作家情報>
1971年のマウリツィオ・ロディと弟のレオナルド・ロディが工房を開く。1990年にレオナルドが引退、1992年にマウリツィオの息子ガブリエルが工房にに入り、親子で共同制作を開始している。ガブリエルはスペインにてロマニリョスにも製作法を学び、ロマニリョスの他、D.エステソ、E.ガルシアの影響を受け、 独自の製作スタイルで製作している。

Karl-Heinz Rommich(売れました)

※右にスクロールすると表全体がご覧になれます

モデル 生産国 製作年度 表板 裏・側板 弦長 価格
Karl-Heinz Rommich(売れました) ドイツ 次回入荷は未定 スプルース ココボロ 650mm 1,350,000円 +税
ヨージェフ・エトベシュがショパンの編曲集やバッハのゴルトベルク変奏曲の録音に彼のギターを使用したことで有名になりました。邦人ギタリストでは新井伴典、松田弦、そしてパヴェル・シュタイドルなども彼の楽器を使用しています。ルーミッヒはドイツ人ながら19歳からグラナダでギター製作を学んだこともあり、ドイツ的な引き締まった感じの明瞭な発音が得られるとともに、スペイン的な甘美さの漂う音を発するギターです。
1 / 212

TOP