名古屋のミューズ音楽館でのコンサート情報を掲載しています。

052-910-6700

  • facebook
  • twitter

お問い合わせ

ミューズサロン

ミューズサロン

サロンコンサート情報

通常のコンサートは未就学児童の入場はご遠慮頂いていますのでご了承ください。
子供向け、ファミリー向けのコンサートや公開レッスンは未就学児も入場可能です。

チケット予約はこちら

チケット予約はこちら

5月13日(土)
サロン講座「すぐ使える簡単な音楽の理論」
  • s1FujiiKeigo

ミューズ音楽館

開演 15:00

作曲家兼ギタリストの藤井敬吾さんによる、演奏に直結する音楽理論を分かり易く解説して頂きます。なるほど音楽理論とはそう言うことだったのかと目からうろこが落ちますよ。

<講座内容>
○「強い和音」と「弱い和音」
○「アクセントの付く音」と「なめらかな音」
○「フレーズ」の簡単な見つけ方

一般:1,500円
会員:1,000円

講師:藤井敬吾

<プロフィール>
イギリスのギルド・ホール音楽院に学びL.G.S.M.演奏家ディプロマを取得。1985年ラミレス・コンクールとオレンセ国際コンクールにて連続して第1位となる他マリア・カナルス国際コンクールやジュリアーニ国際コンクールで第3位に入賞している。1995年、青山音楽財団より「青山音楽賞」を授与される。2001年にはタレガ国際コンクールの審査員として招待されている。現在大阪音楽大学と京都堀川音楽高校の講師を担当している。
http://www.h3.dion.ne.jp/~keigo777/

 
2017年5月14日(日)
原崎健太ギターリサイタル ~ユニオンジャックへ向かえ!~ 
賛助出演 生田直基、愛大ギター部有志メンバー
  • 173729原崎健太Trimming

原崎健太ギターリサイタル実行委員会

開演 15:00

愛知大学ギター部で研鑽をつみ、6月にイギリスに留学予定の原崎健太氏が、師である生田直基氏と愛知大学ギター部有志の協力を得て、留学前のリサイタルを行います。

1000円(一般、学生、会員共に)

<プログラム>
ソロ
グラナダ(アルベニス)
カタルーニャ奇想曲(アルベニス)
椿姫の主題による幻想曲(J.アルカス)
特徴的舞曲(ブローウェル)

重奏
不良少年(武満徹)
鐘の響き(ペルナンブーコ)



原崎健太プロフィール
愛知県春日井市生まれ。高校生の時よりエレキギターを始め、RED HOT CHILI PEPPERSにハマったことをきっかけに洋楽に没頭し、NIRVANAのKurt Cobainをこよなく愛する。愛知大学入学と同時にギターアンサンブル部に入部しクラシックギターを始め、村治佳織さんの「アルハンブラの思い出」を聞いたことで、エレキギターよりハマってしまう。現在では生田直基先生を崇拝し、イギリスのトリニティ音楽院へ留学予定。
生田直基コメント
ある日コンサートをしていた時、聴きに来ていた原崎君から「ギターで留学って楽しいですか?興味があるんですが。。」と聞かれ「とりあえず楽しいから行ってきなさい、本気で行く気があるならそれまでに必要なことは全部叩き込むよ!」と絶賛スパルタ中の私。留学は実際とても大変。ギターや音楽の勉強はもちろん、語学も日常会話レベルでは授業ついていけない、スーパーでビール買うときはアジア顔のおかげで必ずID求められる、家探しも大変、就学ビザ取得も、、。キリがないほど苦労が多いですが一方でロンドンほど刺激がある環境もなかなかないと思います。[Melting pot=人種のるつぼ]と呼ばれる街に飛び込む若者にエールを!ということで企画しています。是非ご来場ください。
2017年5月27日(土)
福田進一サロンコンサート
~中南米音楽の珠玉を集めて~
  • s%e7%a6%8f%e7%94%b0%e9%80%b2%e4%b8%802010-3

ミューズ音楽館

開演 15:00

世界のトップとして活躍中のマエストロ福田進一氏の息使いから指使いまで手に取るように分かるミューズサロンコンサートです。今回は中南米音楽の珠玉を集めたプログラムで楽しいトークと共にお楽しみください。

翌日はマスタークラスも開催します。

一般:4,500円
会員:4,000円
学生:3,000円

<プログラム予定曲>

M.M.ポンセ:ワルツ~エストレリータ
M.M.ポンセ:ソナタ第3番
A.ピアソラ(アサド編):ブエノスアイレスの冬
A.ピアソラ(ベニーテス編):ブエノスアイレスの春

~休憩~

H.ヴィラ=ロボス:ワルツ・ショーロ~ガヴォット・ショーロ(ブラジル民謡組曲より)
A.バリオス:情熱のマズルカ~マドリガル・ガヴォット~アイレ・デ・サンバ
~追憶のショーロ~ワルツ第4番~大聖堂

<プロフィール>
1955年大阪船場に生まれる。12才より故 斎藤達也(1942-2006)に師事。77年に渡仏し、アルベルト・ポンセ、オスカー・ギリアという両名教授に師事した後、1981年パリ国際ギターコンクールでグランプリ優勝、さらに内外で輝かしい賞歴を重ねた。以後30年、ソロ・リサイタル、主要オーケストラとの協演、エドゥアルド・フェルナンデスとのデュオをはじめとする超一流ソリストとの共演など、福田の活動は留まることを知らない。今世紀に入り、既に世界20数カ国の主要都市に招かれ、リサイタル、マスタークラスを開催。19世紀ギター音楽の再発見から現代音楽まで、そのボーダーレスな音楽への姿勢は世界中のファンを魅了している。 

平成19年度、日本の優れた音楽文化を世界に紹介した功績により、外務大臣表彰を受賞。さらに平成23年度の芸術選奨、文部科学大臣賞を受賞した。

上海音楽院、大阪音楽大学客員教授。
東京国際、全米ギター協会及びイタリア/アレッサンドリア国際ギターコンクール審査員。
2017年5月28日(日)
福田進一マスタークラス
  • s%e7%a6%8f%e7%94%b0%e9%80%b2%e4%b8%802010-3

ミューズ音楽館

開演 11:00~(出入り自由)

とても分かり易いレッスンで毎回大好評の福田先生のマスタークラスです。
あなたも受講・聴講してみませんか?
受講者は限定7名までです。

<聴講料> 一般:3,000円 会員:2,500円 学生:1,500円
< 受講料> 一般:20,000円 会員:18,000円

【コンサートと公開レッスン聴講通し料金】
一般:6,500円 会員:5,500円 学生:3,500円

【コンサートと公開レッスン受講通し料金】
一般:22,000円 会員:20,000円

*受講生と聴講生はレッスン後、福田先生を囲んでの打ち上げに参加可能です。申込時に打上げ参加する、しないをお伝えください。(参加費は別途実費精算)

 

 
2017年6月4日(日)
熊谷俊之サロンコンサート&レッスン会
  • Toshiyuki!2015!1064Small

ミューズ音楽館

開演 15:00

2007年第50回東京国際ギターコンクール2位に入賞して、翌2008年にオーストリアに留学する直前にミューズで素晴らしい演奏を披露してくれた熊谷俊之氏。留学後、ウィーン国立音楽大学大学院を審査員満場一致の最優秀で修了し、多数の国際コンクールに入賞を果たした大きく成長した熊谷俊之氏が、ソルやバリオスなどクラシックギターの往年の名曲から現代曲までたっぷり楽しめるプログラムでミューズに再登場です。

一般:3,500円
会員:3,000円
学生:2,000円

<レッスン会>終演後に限定3名にレッスンをしてもらいます。
受講料 一般:9,000円 会員:8,000円
聴講料 一般:1,500円 会員:1,000円

<プログラム>
•Fantasia Op.30       幻想曲 /  Fernando Sor
•Confesion-romanza  告白のロマンサ /Agustin Barrios Mangore
•Choro da saudade 郷愁のショーロ / Agustin Barrios  Mangore 
•Junto al Generalice      ヘネラリーフェのほとりで / Joaquin Rodrigo
•Paisaje cubano con sampans    鐘のなるキューバの風景 /  Leo Brouwer
  他
※プログラムは変更になる場合がございます

<プロフィール>

北海道出身。オーストリア・ウィーン国立音楽大学大学院を審査員満場一致の最優秀で修了。第50回東京国際ギターコンクール2位、第7回ミゲル・リョベート・ギターコンクール3位、カタルーニャ現代音楽賞受賞(スペイン)、第14回アントニー・ギターコンクール2位(フランス)を始め他多数の国際コンクールに入賞。これまでに読売新人演奏会、HAKUJUギター・フェスティバル「旬のギタリスト」、ノルウェー室内楽フェスティバル(Norwegian Youth Chamber Music Festival)、リヒテンシュタインギターフェスティバルなど各国のフェスティバル等に出演し好評を博す。ウィーンでは楽友協会主催「若手音楽家」シリーズに選ばれ、弦楽四重奏を率いて単独ソロリサイタルを行った。
2012年に自身初となるソロアルバム「ソナタ~ボッケリーニ賛歌~」をリリースし、レコード芸術特選盤に選ばれる。2015年にはクラリネット奏者岩瀬龍太とのDuo
itodoのアルバム「Oirakanari」をリリース。ルネッサンスから現代音楽までのレパートリーを取り入れるだけでなく、他楽器とのレパートリー開拓も積極的に行っておりクラシックギターの可能性を追求している。福田進一、パブロ・マルケス、
ゾーラン・ドゥキッチ、ホプキンソン・スミス、ポール・オデッテー等世界的アーティストのマスタークラスにて薫陶を受ける。リュートをルチアーノ・コンティーニ氏、古楽をインゴマー・ライナー氏、ギターを高田元太郎、アルバロ・ピエッリ各氏に師事。 昭和音楽大学ギター科講師。

WEB公式サイト:http://toshiyukikumagai.com

 
2017年6月17日(土)
サロン講座「エチュード活用法」
  • 生田直基1フェア用

ミューズ音楽館

開演 15:00

エチュード=”練習曲”の実践的な活用法講座!!カルリ、カルカッシ、ソル、ジュリアーニ、アグアド。。。クラシックギターのレッスンに通っていると基本的なアルペジオやスケール、スラーやセーハ、ハーモニーや表現力を身につけていくために必ずと言っていいほど聞く作曲家たち。近代ではブローウェルやヴィラロボスなども筆頭に挙げられます。そもそも普段エチュードをやっているけれど具体的に何のためにやっているのか?本講座ではその目的、どこに着目するべきなのか、そしてそれらをどのように実際の曲に活かせばいいのかを徹底分析!このエチュードのここが難しくてできないけどどのように攻略したらいいの?といった疑問にもお答えします!

*事前に練習曲の曲目のリクエストをお待ちしております。このエチュードについて解説して欲しいと言う方、是非メールで作曲者名、練習曲名をお知らせください。作品番号が分かる方は作品番号も、分からない場合は楽譜の3~4小節の画像を添付してください。

講師:生田直基

一般:1,500円
会員:1,000円

<プロフィール>
高田元太郎氏に師事。2008年よりイギリスへ渡り、トリニティ音楽大学演奏家課程にてグラハム・デヴァインに師事。修了したのち、ウィーンにて研鑽を積んだ。留学中にロンドン、アテネ、ブダペストでリサイタルを行ったほか、ハンガリー、ミスコルツ市立音楽院にて短期集中ギター科の講師を二度務めた。2011年に完全帰国。現在は名古屋を中心に教授活動や演奏活動を行っている。また愛知県出身の若手アーティストとも協力し、大小様々な活動を通してギターのみならずそれぞれのつながりにより音楽業界を発展させることにも尽力している。
http://naoki-ikuta.jimdo.com
2017年6月18日(日)
第64回 ワンコインコンサート
  • img

主催:ミューズ

開演 15:00

会員の、会員による、会員のためのコンサートです。
エントリー募集募集中!
あなたも人前で演奏する場数を踏む事で上達していきますよ! 

演奏参加:1,000円
聴衆参加:500円
(お茶・お菓子付)

<演奏者と演奏曲目>
 
 
  

 

 
2017年7月1日(土)
川潟誠&山田陽介 ギターデュオコンサート
~10弦ギターによるデュオの世界~
  • 2017/ 1/20 11:08
  • IMG_9552Small

ミューズ音楽館

開演 15:00

関西を中心に活躍している10弦ギタリスト川潟誠氏と名古屋を拠点に活動している山田陽介氏による10弦ギターデュオの初名古屋公演です。前半にバッハ<イギリス組曲第2番>、後半にシューマン<子供の情景>を中心に並べたプログラムでクラシック音楽の醍醐味をお楽しみください。

 一般:3,000円
会員:2,500円
学生:1,500円

 <プログラム>
【第1部】
●組曲 イ長調(D.ブクステフーデ)
アルマンド   
クーラント   
サラバンド    
ジーグ

 ●イギリス組曲 第2番(J.S.バッハ)
プレリュード
アルマンド
クーラント
サラバンド
ブーレⅠ&Ⅱ
ジーグ

 【第2部】
●ノクターン(F.ショパン)
●子供の情景(R.シューマン)
 見知らぬ国と人々
珍しいお話
鬼ごっこ
おねだり
満ちたりた幸福
トロイメライ
炉端にて
木馬の騎士
むきになって
こわがらせ
子供は寝入る
詩人は語る

●アダージョとロンド(W.A.モーツァルト)

 <川潟誠プロフィール>
1961年大阪生まれ。15歳の頃よりギターを始め、20歳の頃からcocoの会主催のシリーズコンサートにて演奏活動を開始、研鑽を積む。その後、岩永善信氏に師事。1980年代半ばには8弦ギターや10弦ギターなど、多弦ギターに触れる機会を得て、1986年に本格的に10弦ギターに転向。1987年に第12回ギター音楽大賞第1位、1990年には第17回日本ギターコンクール第3位を授賞。また、早い頃から編曲活動も盛んに行い、重奏やアンサンブルなどを中心に、バロックから古典、ロマン、近現代に至るまで、多数の編曲作品を残している。現在は武庫川ギタークラブを主宰、87年に始めたクラシックギターフリーコンサートは、年1回のペースを守りながら現在も継続している。近年は名古屋を拠点に活動しているギタリスト山田陽介氏とも交流、10弦ギターの特長を積極的に活用した編曲による二重奏やトリオなども定期的に発表している。日本ギタリスト会議実行委員

 <山田陽介プロフィール>
愛知県江南市出身。2006年、名古屋芸術大学卒業。同年、同大学卒業演奏会、第28回読売中部新人演奏会に出演。以後、ソロリサイタルのほか、ギターアンサンブル、他楽器との共演や、オーケストラのソリストなど、幅広く活動。
これまでに、ギターを井深和弘、酒井康雄、岩永善信の各氏に、室内楽を依田嘉明氏に師事。マスタークラスなどにおいてY.エトヴェシュ、S.グロンドーナ、R.イズナオラ等、多数のギタリストに指導を受ける。
現在、山田陽介ギター教室主宰。ミューズ音楽館、愛曲楽器、長久手文化の家、稲沢ギターアンサンブル講師。名古屋芸術大学非常勤講師。

 
2017年7月2日(日)
サロン講座『やっぱり弾いてみたい!バッハ。』
~BWV998プレリュード・フーガ・アレグロよりプレリュード~
  • 1%e4%b8%ad%e5%b7%9d%e7%a5%a5%e6%b2%bb

ミューズ

開演 15:00

 クラシック・ギターにとって重要なレパートリーのひとつであるバッハ。しか
し、 いざ取り組んでみると、よくわからないまま弾いてしまう場合もよくある
ようです。ある著名なギタリストが「バッハの演奏はリューティストのアドヴァ
イスがとても役に立つ」という意味のことをおっしゃっていました。今回ミューズで
 は、リューティストの中川先生に、ギターでもよく弾かれるBWV998プレリュー
ド・フーガ・アレグロから、プレリュードの講座を開いていただきます。ギター
でバッハを弾く際の留意点、編曲など、バッハをきちんと理解して演奏する上で
役に立つ内容満載です。

講師:中川祥治

聴講料
会員 2000円
非会員2500円

モデル生徒は決定しました。

聴講者全員に、中川先生による、バッハの自筆譜からおこしたギター譜(ニ長調)
(注釈付き)を差し上げます。

<講師プロフィル>
中川祥治(リューティスト)
リュートと古楽演奏を大橋敏成に師事。スイスのバーゼル・スコラ・カントルムに学び、バロック・リュートと通奏低音をホプキンソン・スミス、リュート・ソングをアントニー・ルーリー、中世リュートをクロウフォード・ヤングに師事。テレビ・ラジオ出演、リサイタル等をはじめ、日本各地、中国、オーストラリア、 イギリス、スイス、アメリカでも演奏活動を行う。また作曲家として商業音楽、 学校教材音楽、ギター音楽などの分野で活動も行う。主なCDおよび出版物に 「バッハ、ヴァイ ス作品集第1集」「同第2集」(ドイツ・アクースティカ・レ コード)、英語教科書New Crown EnglishCourse平成9年度版および14年度版 の音楽(三省堂)、「ドレスデン写本によるヴァイス・リュート曲集」(自費出版)、ギター曲集「夜間 飛行」(ナカガワ・プロジェクト)、ギター教本「楽しいギターレッスン」(ナカガワ・プロジェクト)、ギター曲「ワルツM」(カワイ楽譜(共著))、みんなが知っているギターアンサンブル曲集~日本の歌101選より~(ミューズ音楽館)、バッハ:無伴奏チェロ組曲第6番の真相(現代ギター2016年10月号)がある。

2017年7月9日(日)
國松竜次デビュー10周年記念コンサート2017
~Plays Best Hit Repertoire~
  • ryuji15Trimming

ミューズ音楽館

開演 15:00

2007年スペイン留学を終え、全編即興演奏による帰国デビューリサイタルから10年を迎える國松が、これまで演奏してきたレパートリーの中から多数のリクエストが寄せられる曲を集め、新作2曲も含めてデビュー10周年記念コンサートを行います。
益々磨きのかかった繊細な音作りと卓越したテクニックをお楽しみください。

一般前売・ミューズ会員:3,000円
一般当日:3,500円
学生:2,000円

【國松竜次レッスン会】 受講生募集中!
コンサート終了後、個人レッスンをして頂きます。
17:30~19:30 (1人40分)
【受講料】一般9,000円/会員8,000円
【聴講料】一般1,500円/会員1,000円

<プログラム>
オブリビオン(ピアソラ)※
エスクアロ(ピアソラ)※
アランブラの思い出(タレガ)
アラビア奇想曲(タレガ)
ロマンサ(リョベート)
レスプエスタ(リョベート)
月光(ソル)
聖夜(ソル)
赤とんぼ(ヤマダ)※
浜辺の歌(ナリタ)※
宇治川のほとり(クニマツ)
紅のタンゴ(クニマツ)
京都の風景(クニマツ)
悲しみの街(クニマツ)
※クニマツ編

<プロフィール>
京都府生まれ。スペインに留学し、ルティエール芸術音楽学校で学ぶ。ギターをフェルナンド・ロドリゲス、カルレス・トレパットに、作曲をダビッド・パドロスに師事。バルセロナ国際ギターコンクール優勝。サラウツ国際ギターコンクール特別賞。2007年帰国。同年6月には大阪、東京、京都で全編即興演奏によるデビューリサイタルを行い、各地で好評を博した。
これまでにバルセロナギターフェスティバル、ルスト国際ギターフェスティバル、ローザンヌ国際ギターフェスティバル、サラエボ国際ギターフェスティバルなど内外の音楽フェスティバルに招かれ演奏する。 ギターソロの他、各種アンサンブルやオーケストラとも共演、作曲も行い、これまでにいくつかの作品を自作自演により初演する。CD「プレイズピアソラ」、「フランシスコ・タレガ作品集」、「アレンジメント」、「ミゲル・リョベート作品集」、DVD「ギターリサイタル2008 in 大阪」が発売されている。 2016年2月に自身のオリジナル作品を集めた新譜「プレイズ・クニマツvol.1~京都の風景」を発売。 全作曲作品の楽譜をウェブで無料公開している。
http://www.ryujikunimatsu.com/freescore.html
2017年7月30日(日)
サロン講座「単旋律の美しい奏で方」
難しいギター曲を演奏しているとつい見落としがちな旋律の事を徹底解説!
  • OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ミューズ

開演 15:00

歌うように弾くってどういう事?
どうすれば音が繋がって聞こえるの?
音のバランスは?
などなど様々な疑問を解説いたします。

初心者から上級者まで、ハ長調の2オクターブくらいの音階が弾ける方でしたらどなたでもご参加いただけます。

実践講座ですので皆さまギターをお持ちになってご参加をお待ちしております!
定員16名です。

一般:2,000円
会員:1,500円

【伊藤兼治プロフィール】
名古屋市生まれ。8才よりギターを速水武志、寺本安江の各氏に師事。その後、福田進一、鎌田慶昭、松永一文の各氏に師事。これまでに、D.ラッセル、F.クエンカ、S.グロンドーナ、加藤政幸、徳武正和、上原由記音(ピアニスト)、岩崎慎一、J.ペロワ各氏のマスタークラスを受講。1998年フランス・モルジーヌ国際音楽アカデミーに参加。日本ギタリスト協会主催、第32、33、34回クラシカルギターコンクール入賞。現在愛知県を中心に各地でのソロコンサート、室内楽とも積極的に活動を行い数多くのコンサートシリーズを開催し好評を得ている。中部日本ギター協会理事。中部日本ギター協会認定教授者。ミューズ音楽館池下教室講師。「伊藤兼治ギター教室」主宰
2017年8月20日(日)
宮下祥子サロンコンサート&レッスン会
  • 1MiyashitaSTrimming

ミューズ音楽館

開演 15:00

自主レーベルTOSの通算4枚目となるアルバム「LeDepart~旅立ち」がYahoo音楽ソフト器楽部門の売れ筋ランキングで第1位を記録するなど、益々人気が上り調子の宮下さんの久々のミューズサロン登場です。

一般:3,500円
会員:3,000円
学生:2,000円

<レッスン会>コンサート終了後に3名限定でレッスン会を行います。
【受講料】一般9,000円/会員8,000円
【聴講料】一般1,500円/会員1,000円
レッスン会終了後、受講者と聴講者は宮下さんを囲んで懇親会に参加して頂けます。申込時に打上げ参加する、しないをお伝えください。(参加費は別途実費精算)

<プログラム>
愛の歌 /J.K.メルツ
ポロネーズ第2番/N.コスト
最後のトレモロ /A.バリオス
大聖堂 /A.バリオス
この道 /山田耕筰(佐藤弘和)
羽衣伝説/藤井敬吾


<宮下祥子プロフィール>
7歳よりギターを始める。渋谷忠三、福田進一、P.シュタイドルに師事。クラシカルギターコンクール(東京)優勝。
A・セゴビア国際ギターコンクール(スペイン)第2位。キジアーナ音楽院で最優秀ディプロマを授与される。
世界12ヶ国32都市で公演を行う。井上ひさし氏の指名により新国立劇場における朗読劇「少年口伝隊一九四五」にギター生演奏で出演、再演が続いている。
音楽活動20周年の2015年、自主レーベルTOSを立ち上げ、通算4枚目となるアルバム「LeDepart~旅立ち」をリリース、Yahoo音楽ソフト器楽部門の売れ筋ランキングで第1位を記録、「レコード芸術」誌において“特選盤”並びに”優秀録音盤“に選ばれ好評を得る。札幌大谷大学非常勤講師。北海道大学卒業。
2017年8月26日(土)
サロン講座 「“鐘の音”をらしく弾くには」
  • DSC00212Triming

ミューズ音楽館

開演 15:00

ペルナンブーコの「鐘の音」をよりらしく”弾くための講座です。
題名にまつわる謎解きから始まり、ショーロのわかりやすいリズム解説と楽曲への取り入れ方等をお教えします。

●「鐘の音」の”鐘”は教会の鐘ではない?
●そもそも題名は「鐘の音」ではなかった?
●ショーロのリズムって?どういう仕組みなの?
●それでどうしたら「鐘の音」を”らしく”弾けるの?楽譜通りではダメなの?

などなど、楽譜からは見えてこないショーロらしさの秘訣を、ショーロ、ボサ・ノヴァを専門とする矢橋幸男がやさしくお教えします。

参加形態としてはギター持参か手ぶら参加をお申し込み時にお伝えください。
ギター持参は8名限定
手ぶら参加は20名限定です。

一般 ギター持参:2,000円 手ぶら参加:1,500円
会員 ギター持参:1,500円 手ぶら参加:1,000円

講師:矢橋幸男

<プロフィール>
幼少時、クラシックギター講座の番組をみながら、どうしても正確に音がとれない曲があった。のちに、それがブラジルのショーロ曲であったと知る。そして、ブラジルギターに傾倒。さらに、佐藤正美氏に教えを受け、知識と技術をいっそう深める。ショーロは、その当時、名古屋ではほとんど知られていなかったが、積極的にコンサート、ライブを行い、ショーロ曲とギタリスト、作曲家を紹介した。またはやくからウクレレにも着目し、ブラジルギター曲を、ウクレレ用に編曲しなおして演奏することも始める。現在は、矢橋幸男ウクレレ・ギター教室を主宰、ショーロやボサノヴァといったブラジル音楽のみならず、スタンダード、ポピュラー音楽まで幅広く指導を行っている。

また、ブラジルギターとヴォーカルのデュオ「ドゥアス コンタス」として
演奏活動と、オリジナル曲の発表を行っている。
http://yahashibossa.blog.fc2.com/

 
2017年9月3日(日)
村治昇 公開レッスンとお話し
  • 1MurajiNoboru-2

ミューズ音楽館

開演 13:00

大好評の村治先生による公開レッスンとお話、2年ぶりの再開です。村治佳織、奏一をはじめ、数々の若手名ギタリストを育成し続けるギター早期教育の第一人者の村治先生のレッスンをあなたも聴講してみませんか?レッスンとお話の後、座談会もございます。

公開レッスン 13:00~
お話しと座談会16:00~

<受講>会員:7,000円 一般:8,000円 (中学生以下:最大6名まで)
<聴講+座談会>中学生以下:無料 高校生以上:2,000円

 

 
2017年9月9日(土)
パルス・トレーニング講座 第1回目
~パルスはどの様に演奏を支えるのか?~
  • 1TanibeSmall

ミューズ音楽館

開演 15:00

  ウインナワルツのパルスは?
『アルハンブラ宮殿の想い出』を支えるパルスは?

≪「パルス」って何?/リズム、リズム感とはどう違うの?≫
リズムは、時間を音符や休符の長さによって区切ってつくられるものとすれば、パルス(Pulse)とは音楽的な「脈」「鼓動」です。心臓の鼓動と同じように演奏者の体の中に常にあって、枠となってリズム、リズム感を内側から支えてくれるものです。

≪パルスがある演奏はどんな風に聞こえるの?≫
ブリーム、レオンハルト、ピアソラ、グールドらの音楽を聴く時、強靭なパルスが聴き手の体の中に入り込んできて、それの乗った音楽が怒涛のごとく心に流れ込んでくるのを感じます。演奏者のパルスは聴衆の身体にも入って来て、音楽を伝えてくれるのです。

≪パルスがあると自分の演奏がどう変わるの?≫
パルスは身体の中の指揮者のように演奏者を支えてくれるので、ステージ上でも安心感を持って、あがらずに演奏する事ができるようになります。そしてより自由な音楽的表現が出来るようになります。

この講座ではそんなパルスを身につけるための具体的なトレーニング法を修得していきます。ギター以外の楽器の方も歓迎です。

【講師】谷辺昌央

【募集人数】20名(要予約) ※ギター以外の楽器の方も歓迎です。

【受講料】
1回毎  一般:4,000円 会員:3,500円
4回前納 一般14,000円 会員:12,000円

【その他の日程】時間は全て15:00~17:00
第2回目 10月22日(日)《蛍の光》に聴くヨーロッパと日本の合う付託との違い
〈ハッピーバースデー〉は何拍目から始まる?


第3回目 11月12日(日) 黄金分立によって支えられるフレーズの中心 
〈禁じられた遊び〉に使われている黄金分立によるパルスは?

第4回目 12月9日(土) 身体と音楽を支える大黒柱のパルス
4拍子を立体的にするポイントは?
2017年9月10日(日)
高木真介演奏活動30年記念ギター・リサイタル IN JAPAN
“EL ARTE DE LA GUITARRA”「ギターの至芸」
  • smasa foto08Trimming

ミューズ音楽館

開演 15:00

1982年スペインに渡り、マドリード王立音楽院でプロフェッサーのディプロマを取得し、1987年、マドリードでデビュー・リサイタルして以来、ヨーロッパ諸国を中心に活動を続ける高木真介(まさゆき)氏が、演奏活動30周年を記念してのリサイタルです。プログラムは20世紀に書かれたギターのための代表的かつ抒情的な作品を集めて構成されています。ご期待ください。

一般:3,500円
会員:3,000円
学生:2,000円


<プログラム>
~20世紀の抒情的かつ魅惑的なギター作品を集めて~
 
= 第一部 =

J.ニン・クルメル   JOAQUÍN NIN-CULMELL (1908-2004)
ルイス・ミランの主題による6つの変奏曲

 A.ラウロ          ANTONIO LAURO (1917-1986/生誕100)
  ・5つのベネズエラ風ワルツ
タティアーナ アンドレイーナ ナタリア エル・ネグリート マリア・ルイサ

 A.タンスマン    ALEXANDRE TANSMAN (1897-1986/生誕130)
カバティーナ組曲
(1)プレリュード (2)サラバンド (3)スケルチーノ (4)バルカローレ (5)華麗な舞曲

= 第二部 =

 A.バリオス・マンゴレ     AGUSTÍN BARRIOS MANGORÉ (1885-1944)
  ・大聖堂 
(1)哀愁のプレリュード (2)宗教的アンダンテ (3)荘厳なアレグロ

F.モレーノ・トローバ   FEDERICO MORENO TORROBA (1891-1982)
  ・ソナティネ
(1)アレグレット (2)アンダンテ (3)アレグロ

 R.サインス・デ・ラ・マーサ REGINO SAINZ DE LA MAZA (1896-1981
  ・サパテアード

<プロフィール>
幼少よりピアノを習い,ギターを13歳ではじめる。東京・武蔵野音楽学院にて,田中節夫(ギター),二橋潤一(作曲)等のもとに学ぶ。
1982年スペインに渡る。マドリード王立音楽院で,ギター科主任教授ホルヘ・アリサのもとで学び,同音学院高等科を最優秀で卒業,高等ギター・プロフェッサーのディプロマを取得する。
1986年,シエナ(イタリア)のキジアーナ音楽アカデミーにて,奨学金を得てオスカー・ギリアの指導を受ける。
1987年、マドリード・アテネオホールでデビュー・リサイタル。
1989年,サンティアゴ・デ・コンポステーラ(スペイン)の音楽講習会において,奨学生としてホセ・ルイス・ロドリーゴのコースを受講,ファイナル・コンサートに出演し,ルイス・コレマン賞を受賞する。
その他,ホセ・ルイス・ゴンザレス,デビッド・ラッセル,マヌエル・バルエコ,ホセ・ミゲール・モレーノ等のマスター・クラス受講。
1985年第3回スペイン・ギター音楽コンクール(東京),1987年スカンディナビアン・ギター・フェスティバル国際コンクール(フィンランド),1991年第4回イル・ド・フランス国際ギターコンクール(パリ),1991年第14回レネ・バルトリ国際ギターコンクール(フランス)等に入賞する。
2000年第16回アリカンテ国際現代音楽フェスティバル(スペイン)に出演,ポルトガル交響楽団と共演し好評を博する。
2005年より2年間、ホール・ミュージシャンとして、マドリード・パレス・ホテルにおいてギター演奏で毎日出演。
現在,スペインをはじめヨーロッパ諸国,北アフリカ,米国および日本各地でソロやアンサンブル等幅広く演奏活動を行なっている。多数の国際音楽フェスティバルにも出演している。また,A.C.S.E(スペイン現代音楽のための作曲家と演奏家協会)のメンバーとして,現代スペイン音楽の,主に新作の発表・初演に貢献している。Orquesta de Guitarras de Madrid(マドリード・ギターオーケストラ)の音楽監督として、ギター・アンサンブルの普及にも努めている。

STEIN RECORDSレーベルより,CD ”MUSICA DE SIEMPRE PARA FLAUTA Y GUITARRA”(CD-S-1002), CD ”SEVEN COLORS~masayuki takagi guitar album”(CD-S-1004),CD “ALMA DE GUITARRA ESPAÑOLA” (CD-S-1006),Piccoloレーベルより,CD ”MUSICA PARA RECUERDO~fl. & gt.”(PCES203)、およびVERSOレーベルよりCD”SERENATA ESPAÑOLA ~masayuki takagi spanish guitar recital”(VRS 2124)が発売されている。

マドリード在住

 

 
2017年10月22日(日)
パルス・トレーニング講座 第2回目
~《蛍の光》に聴くヨーロッパと日本の合う付託との違い~
  • 1TanibeSmall

ミューズ音楽館

開演 15:00

〈ハッピーバースデー〉は何拍目から始まる?

≪「パルス」って何?/リズム、リズム感とはどう違うの?≫
リズムは、時間を音符や休符の長さによって区切ってつくられるものとすれば、パルス(Pulse)とは音楽的な「脈」「鼓動」です。心臓の鼓動と同じように演奏者の体の中に常にあって、枠となってリズム、リズム感を内側から支えてくれるものです。

≪パルスがある演奏はどんな風に聞こえるの?≫
ブリーム、レオンハルト、ピアソラ、グールドらの音楽を聴く時、強靭なパルスが聴き手の体の中に入り込んできて、それの乗った音楽が怒涛のごとく心に流れ込んでくるのを感じます。演奏者のパルスは聴衆の身体にも入って来て、音楽を伝えてくれるのです。

≪パルスがあると自分の演奏がどう変わるの?≫
パルスは身体の中の指揮者のように演奏者を支えてくれるので、ステージ上でも安心感を持って、あがらずに演奏する事ができるようになります。そしてより自由な音楽的表現が出来るようになります。

この講座ではそんなパルスを身につけるための具体的なトレーニング法を修得していきます。ギター以外の楽器の方も歓迎です。

【講師】谷辺昌央

【募集人数】20名(要予約) ※ギター以外の楽器の方も歓迎です。

【受講料】
1回毎  一般:4,000円 会員:3,500円
4回前納 一般14,000円 会員:12,000円

【その他の日程】時間は全て15:00~17:00
第3回目 11月12日(日) 黄金分立によって支えられるフレーズの中心 
〈禁じられた遊び〉に使われている黄金分立によるパルスは?


第4回目 12月9日(土) 身体と音楽を支える大黒柱のパルス
4拍子を立体的にするポイントは?
2017年11月12日(日)
パルス・トレーニング講座 第3回目
~黄金分立によって支えられるフレーズの中心~
  • 1TanibeSmall

ミューズ音楽館

開演 15:00

〈禁じられた遊び〉に使われている黄金分立によるパルスは?

≪「パルス」って何?/リズム、リズム感とはどう違うの?≫
リズムは、時間を音符や休符の長さによって区切ってつくられるものとすれば、パルス(Pulse)とは音楽的な「脈」「鼓動」です。心臓の鼓動と同じように演奏者の体の中に常にあって、枠となってリズム、リズム感を内側から支えてくれるものです。

≪パルスがある演奏はどんな風に聞こえるの?≫
ブリーム、レオンハルト、ピアソラ、グールドらの音楽を聴く時、強靭なパルスが聴き手の体の中に入り込んできて、それの乗った音楽が怒涛のごとく心に流れ込んでくるのを感じます。演奏者のパルスは聴衆の身体にも入って来て、音楽を伝えてくれるのです。

≪パルスがあると自分の演奏がどう変わるの?≫
パルスは身体の中の指揮者のように演奏者を支えてくれるので、ステージ上でも安心感を持って、あがらずに演奏する事ができるようになります。そしてより自由な音楽的表現が出来るようになります。

この講座ではそんなパルスを身につけるための具体的なトレーニング法を修得していきます。ギター以外の楽器の方も歓迎です。

【講師】谷辺昌央

【募集人数】20名(要予約) ※ギター以外の楽器の方も歓迎です。

【受講料】
1回毎  一般:4,000円 会員:3,500円
4回前納 一般14,000円 会員:12,000円

【その他の日程】時間は全て15:00~17:00
第4回目 12月9日(土) 身体と音楽を支える大黒柱のパルス
4拍子を立体的にするポイントは?

2017年12月9日(土)
パルス・トレーニング講座 第4回目(最終回)
~身体と音楽を支える大黒柱のパルス~
  • 1TanibeSmall

ミューズ音楽館

開演 15:00

4拍子を立体的にするポイントは?

≪「パルス」って何?/リズム、リズム感とはどう違うの?≫
リズムは、時間を音符や休符の長さによって区切ってつくられるものとすれば、パルス(Pulse)とは音楽的な「脈」「鼓動」です。心臓の鼓動と同じように演奏者の体の中に常にあって、枠となってリズム、リズム感を内側から支えてくれるものです。

≪パルスがある演奏はどんな風に聞こえるの?≫
ブリーム、レオンハルト、ピアソラ、グールドらの音楽を聴く時、強靭なパルスが聴き手の体の中に入り込んできて、それの乗った音楽が怒涛のごとく心に流れ込んでくるのを感じます。演奏者のパルスは聴衆の身体にも入って来て、音楽を伝えてくれるのです。

≪パルスがあると自分の演奏がどう変わるの?≫
パルスは身体の中の指揮者のように演奏者を支えてくれるので、ステージ上でも安心感を持って、あがらずに演奏する事ができるようになります。そしてより自由な音楽的表現が出来るようになります。

この講座ではそんなパルスを身につけるための具体的なトレーニング法を修得していきます。ギター以外の楽器の方も歓迎です。

【講師】谷辺昌央

【募集人数】20名(要予約) ※ギター以外の楽器の方も歓迎です。

【受講料】
1回毎  一般:4,000円 会員:3,500円
4回前納 一般14,000円 会員:12,000円

 

チケットご予約フォーム

コンサートの日付とタイトル*
氏名*
ふりがな
ご予約人数*
該当する項目を選択してください
郵便番号(非会員の方のみ)
ご住所(非会員の方のみ)
電話番号*
Eメール*
(複数の場合は全員のお名前、会員か一般(非会員)、学生の別をご記入下さい)

ご予約について
キャンセル制度(2012年9月1日より施行)
  1. コンサート当日より7日以上前に(コンサート当日の1週間前の同じ曜日の就業時間までに)ご連絡いただけば、キャンセル料金は発生しません。
  2. 7日前~前日までのキャンセルは入場料の50%のキャンセル料金が発生します。
  3. コンサート当日のキャンセルは入場料の100%のキャンセル料が発生します。
キャンセルレスキュー制度
  • 上記2.でキャンセルされる場合は 以下のキャンセルレスキュー制度をご利用ください。
    これによりキャンセル料は発生いたしません。
  1. 他のコンサートに予約を振替える。(差額が発生した場合はお支払いください。但し、返金はご容赦ください。)
  2. ご予約を他の方にお譲り頂き、予約者名を変更する。
  3. 当日キャンセルの場合は振替は出来ません。
お支払い(ミューズ主催コンサートの場合に限り、出来るだけ事前のお支払いをお願いしています)
  • 店頭でお申込みの場合はその場でチケットをお買い求めください。
  1. 事前にご来店頂ける場合は店頭でお支払い下さい。
  2. 郵便振替口座に郵便局の窓口でお振込みの場合。(コンサートの5日前まで)郵便振替用紙の通信欄に「コンサート名、日付、人数」をにご記入の上、下記までお振込み下さい。(振込み手数料はお客様のご負担となりますのでご了承下さい)
    • 加入者名    有限会社 ミューズ
    • 口座記号番号  00820-0-130479
  3. ネットバンキングでお振込みの場合は、お手数ですがお振込後メールまたはお電話でご連絡をお願いいたします。
    • 銀行名 ゆうちょ銀行
    • 金融機関コード 9900
    • 店番 089
    • 店名(カナ) 0八九店(セ゛ロハチキュウ店)
    • 預金種目 当座
    • 口座番号 0130479
    • 受取人名 ユウケ゛ンカ゛イシヤ ミュース゛

注)直近のご予約または、ご都合により事前にお支払いできない場合はコンサート当日受付でお支払い下さい。 

TOP