名古屋にある、発表の場、鑑賞の場、感動の場、音響設備を完備したホール

  • 052-910-6700

    office@muse-ongakukan.com

  • (店舗)平日11:00~20:00 土日10:00~19:00(教室)平日11:00~20:20 土日10:00~20:00 月曜日定休
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • YouTube

お問い合わせ

クラシックギター紹介

Gabriel Lodi

ガブリエル・ロディ 2021年

※右にスクロールすると表全体がご覧になれます

モデル 生産国 製作年度 表板 裏・側板 弦長 販売価格
ガブリエル・ロディ 2021年 イタリア 2021 スプルース バーズアイメイプル 650mm 1,760,000円(税込)
<製作家情報>
1971年のマウリツィオ・ロディと弟のレオナルド・ロディが工房を開く。1990年にレオナルドが引退、1992年にマウリツィオの息子ガブリエルが工房にに入り、親子で共同制作を開始している。ガブリエルはスペインにてロマニリョスにも製作法を学び、ロマニリョスの他、D.エステソ、E.ガルシアの影響を受け、 独自の製作スタイルで製作している。

<楽器情報>
あのカリスマ的ギタリストのマルシン・ディラが使用している事で知られるこの楽器はある海外のギタリストがロディに特注した楽器を日本人ギタリストが譲り受けたものです。
裏・側板にはバーズアイメイプルを使用した美しいギターで、トーレスモデルです。2021年の作品ですが、状態は表板サウンドホールと下駒の間に浅い弾き傷があるのみで、あとは全く傷のない美品です。
音は立ち上がりが早く、メイプルながら太く真のある音で鳴ってくれます。バランスも抜群、テンションも柔らかめで弾き易い楽器です。
ナット幅:51mm
弦幅:42.5mm
弦高:6弦側4.0mm 1弦側2.6mm


TOP