上質なプロのコンサートを当サロンで間近に聴くことが出来ます。

  • 052-910-6700

    office@muse-ongakukan.com

  • (店舗)平日11:00~20:00 土日10:00~19:00(教室)平日11:00~20:20 土日10:00~20:00 月曜日定休
  • facebook
  • twitter
  • instagram

お問い合わせ

ミューズサロン

サロンコンサート情報の記録

2013年 08月31日(土)
第41回ワンコインコンサート

ミューズ

開演 15:00

演奏参加:1,000円
聴衆参加:500円
(お茶・お菓子付)

 

会員の、会員による、会員のためのコンサートです。

<第一部>

1.上村直輝(子)上村直義(父)戦場のメリークリスマス

2.石黒綾子・小栗知子 ロンドンデリーエアー

3.七里豊正 カルカッシ25のエチュードよりNo.7、

メヌエット/カルカッシ

4.熊谷江利子 愛のワルツ/ノイマン

5.松山 繁 ラグリマ/F.タレガ

スペイン風セレナータ/J.マラッツ

6.吉田和美 ふるさと/吉田和美編

7.稲場禮子 悲しい酒 この広い野原いっぱい

 

<第二部>

8.古澤 巧 サンバースト/A.ヨーク 粉雪/レミオロメン

9.安藤直史 ショーロNo.1/H.ヴィラ=ロボス、

フェリシダージ/A.C.ジョビン(ディアンス編)

10.氏原修平 コダマスケッチ / 村治奏一

samba triste /Baden Powell

11.井本 譲 ラグリマ、アデリータ/F.タレガ

12.豊嶋真司 グラナダの花/アンヘル・バリオス

2013年 08月11日(日)
沖仁フラメンコギターコンサート&ワークショップ

開演 

沖仁さん5年ぶりの登場です。今回はワークショップも開催。人気ナンバーワンフラメンコギタリストの演奏を目の前でご覧下さい。ご予約はお早めに!


 


<ワークショップ>14:30~15:30(開場は14:00)
「フラメンコギターの基礎テクニック講座」
モデル生徒4名募集(グループレッスン)
<モデル生徒受講料>一般:\6,000 会員:\5,000
< 聴講料>一般:\2,000 会員:\1,500




<コンサート>17:00開演 16:30開場


一般:4,500円
会員:4,000円
*コンサートのみの金額です


<プログラム>
レスペート・イ・オルグージョ ~誇りと敬意~(ファルーカ)
サンタマリナ教会 (タンゴ)
ラ・ジュビア・リンピア・エル・アイレ(グアヒーラ)
メロディア [メドレー](ブレリア)
スーパームーン[即興]  他

【コンサートとワークショップ聴講通し料金】一般:\6,000 会員:\5,000
【コンサートとワークショップ受講通し料金】一般:\9,500 会員:\8,000


◎沖仁 (フラメンコギタリスト)
1974年生まれ。14歳より独学でエレキギターを始める。高校卒業後、カナダで一年間クラシックギターを学ぶ。その後、スペインと日本を往復し20代を過ごす。一時帰国中の1997年、日本フラメンコ協会主催新人公演において奨励賞を受賞する。2000年5月帰国。 2006年、3rdソロアルバム「ナシミエント?誕生?」でメジャーデビュー。同年12月には、NHK「トップランナー」に出演。07年4月?NHK大河ドラマ「風林火山」紀行テーマ曲を担当。2010年7月、スペイン三大フラメンコギターコンクールのひとつ「第5回 ムルシア "ニーニョ・リカルド" フラメンコギター国際コンクール」国際部門で優勝。日本人として初の快挙を成し遂げた。同年9月にはデビュー10周年ベストアルバム「MI CAMINO?10年の奇跡?」をリリース。同月、コンクールに挑む様子を密着取材したTBS系「情熱大陸」がオンエアされ、大きな反響を呼ぶ。現在は東京を拠点にし、ソロ活動を中心に、国内外のアーティストとの共演、プロデュース、楽曲提供等を精力的に行っている。2012年11月には、ギターソロの楽曲を集めたベスト盤と2011年のコンサート・ツアーの模様を収録した映像作品をリリース。http://jinoki.net/

2013年 08月04日(日)
ギター・ファミリーコンサートpart4   ~朗読とギターによる「夏の庭」~

開演 15:00

【出演】朗読/高岡恵子  ギター/大矢修三&高岡 誠

 

開演 15:00
高校生以上:2,000円
中学生以下:無料(未就学児童も入場可)

 

夏休み恒例となりました“ギター・ファミリーコンサート”
今回は、朗読とギターによる、「夏の庭」 The Friends(原作 : 湯本香樹実)。孤独なひとり暮らしの老人と3人の少年たちの、いつしか深まり行く交流を描いた感動物語。相米慎二監督の映画では、アサド兄弟によるギター演奏が全編に用いられま
した。ご家族そろってお楽しみ頂けるコンサートです。

 

《プログラム》
朗読とギターによる
「夏の庭」 The Friends
  原作 : 湯本香樹実
  音楽 : セルジオ・アサド オリジナル作品
  夏の庭/老人/The Friends(友だち)
  お手伝い/スイカ/ウォーター・フレンジー
  さようなら/蝶々 ほか

 

◎ファミリーコンサートについて
クラシックギターは心あたたまるやさしい音色と音楽への広い可能性・表現力を持ち、大変ポピュラーな楽器ですが、生で耳にする機会は多くありません。私たちは子供の頃にこの楽器に出会うことによってより豊かな人生を送っていただきたいと願 い、この企画を提案し、継続したいと考えています。大人の方でも楽しめる、親しみ易く充実した内容を目指しますので、是非親子そろって、また、一般のギター愛好家の方のご来場も心よりお待ちしています。(高岡誠)

2013年 08月03日(土)
佐藤正美ワークショップ&コンサート

開演 

一般:3,500円
会員:3,000円
学生:2,000円

 

今回7回目となる佐藤正美先生によるワークショップ+ミニコンサートの組合わせです。最もリズミカルな基本パターン4は意外にリズムとノリを正確に弾くのは難しい。この基本パターン4を効果的にノッて弾けるポイントを解説します。アストロノータのバッキングを基本パターン4でマスターする。『ボサ・ノヴァの基本』をさらに詳細に、特にリズムとノリを分かりやすく解説、指導します。ギター持参での参加は25名までです。申込の時にギター持参か手ぶら参加かをお伝え下さい。

 


<ワークショップ> 17:30~
『ボサ・ノヴァの基本パターン4』

 

<コンサート>19:00~
そよ風のショーロ(佐藤正美)
フェリス(佐藤正美)
ウェーヴ(ジョビン)
イパネマの娘(ジョビン)
アストロノータ(B.パウエル)
ジェットのサンバ(ジョビン)
悲しみのサンバ(B.パウエル) 他

Youtube

そよ風のショーロ

2013年 06月30日(日)
ミューズ講師コンサート・シリーズvol.4

開演 

谷辺昌央ギターコンサート

~すべての人のための祈り~

祝、2012年度名古屋音楽ペンクラブ賞受賞!


谷辺さんが 2012年9月8日、宗次ホール で開催したリサイタルでペンクラブ賞を受賞しました。

名古屋音楽ペンクラブとはクラシック音楽関係の文筆などの活動を行っている作曲家、学者、評論家、マスコミ関係者らで構成されるもので、 東海地方におけるクラシック音楽の隆盛を願い、演奏活動の活発化に資するため創設。前年度に開かれた公演を対象に選考し、優れた公演を行った個人、団体に贈られる賞です。

表彰理由は下記の通り。


武満徹やユパンギらの作品の独奏に、メゾソプラノの大橋多美子をゲストに迎えての共演にと、卓越した技法と豊かな表現力によって優れた演奏を繰り広げた。また、9月1日、セントラル愛知交響楽団第122回定期演奏会にソリストとして出演し、ロドリーゴの「アランフェス協奏曲」を感性豊かに表現。いずれにおいても国内外のコンクールで優秀な成績を収めた実力を発揮し、今後へのさらなる期待を拡げた。

15:00
一般/3,000円

ミューズ会員/2,500円

中学生以下/1,000円

 

近年演奏される機会の少ないアルゼンチン・フォルクローレの巨匠ユパンキの6つの小品や、コロンビアのモンターニャ、ブラジルのミニョーネなど日本初録音の珍しい作品も収録した秋に発売予定の南米作品集のニューアルバムの曲を中心にお届けします。

また近年発見された19世紀のドイツ作曲家、フランツ?ヴェルトミュラーの非常に美しいソナタを日本初演でお聴きいただきます。

≪プログラム 予定曲≫

◆H.アヤーラ    《セリエ・アメリカーナ》 より
プレリュード
グアラーナ
マランボ

◆武満徹 編    《ギターのための12の歌》より
オーバー・ザ・レインボー
イエスタデイ

◆F.ヴェルトミュラー  ソナタ A-dur

◆G.モンターニャ    コロンビア組曲 第2番

◆A.ユパンキ        別れの調べ
牛車に揺られて
おじいさんの歌 今生の別れ
風が吹いて梢が泣いている
南十字星

◎谷辺昌央
名古屋生まれ。7歳からギターを始める。東京大学在学中に、東京国際ギターコンクールに首席入賞。1999年よりドイツ、ケルン音楽大学に留学し、首席卒業。ノルバ・カエサリーナ国際ギターコンクールなどヨーロッパの多数の国際コンクールで優勝。 2005年ワシントンのケネディーセンターにてアメリカ・デビュー。ニューヨークにおけるバッファロー・フィルハーモニーとの共演は2000人の聴衆総立ちという大成功を収め、全米およびEU全域でラジオ中継された。ドイツ、スペイン、ブラジルなどのオーケストラとも多数共演。南米ツアーではブラジル日系移民100周年記念事業として、林光のギター協奏曲「北の帆船」を南米初演。2013年秋 CD「すべての人のための祈り」リリース予定。

2013年 06月23日(日)
第40回ワンコインコンサート

開演 15:00

演奏参加:1,000円
聴衆参加:500円
(お茶・お菓子付)

会員の、会員による、会員のためのコンサートです。

エントリーは締め切りました。

 

<出演者と演奏曲目>

 

1.岡部忠恭 禁じられた遊び

2.熊崎孝典 A Spring Day/佐藤弘和

3.松山 繁 メヌエットイ長調/F.ソル
パヴァーヌ/F.タレガ

4.吉田幸司 カッチーニのアウ゛ェマリア/竹内永和編曲       北斗七星/原公一郎作曲

5.熊谷江利子 マジョルカ/I.アルベニス

6.大石英貴(Gt)、石川幹子(Vo)、吉田玲子(Per)

    元気を出して/作詞・作曲:竹内まりや

-----休憩-----

7.平澤祥一 リュート組曲第2番より

プレリュード・サラバンド/J.S.バッハ

8.布目知弘 ソナタホ短調/D.スカルラッティ

9.浅野喜正 無伴奏チェロ組曲1番より

プレリュード、アルマンド、メヌエット、ジーグ /J.S.バッハ

10.蔵本浩史 36のカプリースより第2番/L.レニャーニ

プレリュードとファンタジア/J.ダウランド

11.北上明宏 祈りと踊り/J.ロドリーゴ

2013年 06月22日(土)
「コードの覚え方」(全3回)~コードの仕組みを覚えよう~

開演 

第3回目 6月22日(土)15:00~ 16:30
1.音の重複と省略
2.テンション・ノート
3.まとめ

2013年 6月2日(日)
國松竜次ギターリサイタル2013

開演 15:00

開演15:00  開場14:30
前売&会員¥3,000 一般当日¥3,500 学生\2,000

 

“音楽の神髄に迫る、オール自作自演”

 

【プログラム】
メロディアノクトゥルナ
悲しみの街
京都の風景
レクエレドブレベ
2つのワルツ
3つのカタルーニャの歌
レイニングイングレイ
闇の花
オリエンタルワルツ
◎國松竜次 プロフィール
京都府生まれ。スペインに留学し、ルティエール芸術音楽校で学ぶ。バルセロナ国際ギターコンクール優勝。2007年帰国。同年6月には大阪、東京、京都で全編即興演奏によるデビューリサイタルを行い、各地で好評を博した。これまでにバルセロナ、ルスト、ローザンヌ、サラエボなど内外の音楽フェスティバルに招かれ演奏する。CD「アレンジメント」「タレガ作品集」、「リョベート作品集」、DVD「ギターリサイタル2008 in 大阪」、楽譜「國松竜次ギター作品集~京都の風景」が発売されている。

2013年 5月26日(日)
「コードの覚え方」(全3回)~コードの仕組みを覚えよう~

開演 

昨年10月に開催し大変好評を頂いた「コードの覚え方」を新たに3回シリーズとして開催となりました。前回と同じ内容を今回は3回に分けて、じっくり解説して頂きます。前回参加の方も初めての方も是非ご参加ください。

 

第2回目 5月26日(日)15:00~ 16:30
1.四和音の表記の仕方
2.m7-5とdim.7の違い
3.付加和音(付加6の和音,付加4の和音,付加2の和音)
4.分数表記等の理解

 

第3回目 6月15日(土)15:00~ 16:30
1.音の重複と省略
2.テンション・ノート
3.まとめ

2013年 5月19日(日)
<ミューズ講師コンサート・シリーズvol.3> 生田直基ギターサロンコンサート

開演 15:00

開演 15:00 開場14:30

一般/2,500円

ミューズ会員/2,000円

中学生以下/1,000円

今回取り上げるのは南米レパートリー。

まさにポンセらしいメロディーをもとに大きく展開されるソナタ3番。切ない旋律を持ったピアソラのブエノスアイレスの冬。断片的でミニマル音楽風のブローウェルのソナタ。
それぞれに色濃い印象的な”歌”(旋律)が含まれていて個性を発揮しています。今回はそれぞれの特徴をお楽しみ頂ければと思います。

 

≪プログラム≫
・エレジー(メルツ)
・タレガ讃歌(トゥリーナ)
・ソナタ3番(ポンセ)
・ブエノスアイレスの冬(ピアソラ)
・ソナタ(ブローウェル)       他

 

◎生田直基プロフィール
愛知県春日井市生まれ。13歳よりギターを始め、早稲田大学在学中にクラシックギターに出会う。第31回GLC学生ギターコンクール大学生の部3位。 第15回名古屋ギターコンクール本選入賞。 ギターを高田元太郎氏に師事。2008年より渡英し、ロンドンのトリニティ音楽院にてグラハム・デヴァインに師事し、国際演奏家課程を修了。これまでにピエッリ、ドメニコーニ、カネンガイザー、デュキッチ、ぺリング、デジデリオ、アザバギッチ、福田進一、他多数のマスタークラスを受講。
各地での演奏活動にも積極的で、日本国内やロンドンはもとより アテネ、ブダペスト、シンガポールでリサイタルを行う。教授活動ではハンガリー、ミスコルツ市立音楽院で短期集中ギター科の講師を二度務めたほかブダペストにてマスタークラスを行い、 ラジオ番組等にも出演。2011年に完全帰国。
現在は名古屋を中心に演奏活動や教授活動を行っている。中部日本ギター協会会員。

TOP