上質なプロのコンサートを当サロンで間近に聴くことが出来ます。

  • 052-910-6700

    office@muse-ongakukan.com

  • (店舗)平日11:00~20:00 土日10:00~19:00(教室)平日11:00~20:20 土日10:00~20:00 月曜日定休
  • facebook
  • twitter
  • instagram

お問い合わせ

ミューズサロン

サロンコンサート情報の記録

2011年 11月20日(日)
大嶋芳♪基礎練習講座+コンサート

開演 

(使用楽器:ペペ・ロメロ所有のフレタ1982年)

<講習会+コンサート>

一般:3,500円
会員:3,000円
学生:2,000円


プロはどの様な基礎練習をしてきたのか?今も基礎練習を毎日しているのか?そんな疑問を持ったことがありませんか?
ロメロファミリーに13年間師事した大嶋氏が、同門であり兄弟子に当たるウイリアム・カネンガイザーのインストラクション・ビデオを紹介しながら、大嶋氏自身が実践してきた、また現在も実践している毎日の練習内容を披露します。
更に、日に30分しか練習できない人、1時間練習できる人、2時間練習できる人向けに、練習プログラムの立て方や参考例をアドバイスします。

【講習会】15:00~16:30

1.基本動作の確認
先回講習の復習、参考ビデオの紹介

2.基礎練習
毎日の練習内容、練習曲

時間に応じた練習プログラム

3.質疑応答

参考ビデオ:
LAGQの創設メンバーであるウィリアム・キャネンガイザー氏による教則ビデオ「Effortless Classical Guitar」。
1980年代に師事したペペ・ロメロ氏より学んだ、効果的な筋肉の動きなど詳しく解説しており初級者だけでなく中級・上級者にも大変参考になる内容。当事のロメロ門下生は皆このビデオを見て研究したものである。再発売されたDVDではスローモーションなどの特別付録も加わり、技術の向上を目指す奏者には是非お勧め。ミューズ店頭でも好評発売中。

以下、本編中のカネンガイザー本人のコメント:
私がペペ・ロメロ氏のもとで指導を受けていた頃、彼は決まって言っていた。「ギターを上手く弾くのは簡単だが、下手くそに弾くのは難しい」
彼がここで言わんとしているのは;
「最も効果的な原理を使わず、ギターを弾くことに多くの余分な労力が伴っている。しかし、筋肉の正しい使い方を理解していれば、ギター演奏は実に単純で簡単なことである」

私のギター上達にはペペ・ロメロ氏から絶大な影響を受けました。ギター演奏に関する技術や考え方のほとんどは彼から教わったものであり、彼のクラシックギターのテクニック教本を大いに薦めます。
【コンサート】17:00~

《演奏曲目》
ミラン:「ファンタシア」
サンス:「スペイン組曲」(ペペ・ロメロ編)
セバスティアン・イラディエール:「ラ・パロマ」
セレドニオ・ロメロ:「ロス・マエストロス」、「3つのプレリュード」、「ファンタシア」

<大嶋芳プロフィール>
正統派スペイン・ギターの伝統を受け継ぐ「ギターの王族」ロメロ・ファミリーの父親セレドニオ、長男セリン、次男ぺぺの各氏に師事し、ロメロ・テクニックを直々に学ぶ。一族以外では演奏される事のない、師セレドニオ作の楽曲も得意としており日本国内では唯一のロメロ技法継承者として、至高のロメロ・テクニックを披露している。カリフォルニア州立サン・ディエゴ大学音楽学部演奏科卒業。
2001年「第6回アジアクラシック音楽コンサート」最優秀賞受賞。
2002年「第24回新進演奏家紹介コンサート・オーディション」優秀賞受賞。

2011年 11月19日(土)
竹之内美穂ギターリサイタル ~二人のミューズと行くサウダージ・サウダーデの旅~

開演 18:00

「想い出、郷愁、懐かしさ...人生にはいつもサウダーデがつきもの」 そこには切なさと共に、遠く彼方に漂うような、ほのかな幸せをも感じます。この世界共通の音楽言語を通して、二人のミューズが皆さんを音楽の旅に誘います。

ゲスト:日比野 景(歌役者)

開演 18:00
当日・一般:3,000円
前売・会員:2,500円
学生   :2,000円

【一部】ギターソロ
1.リオの散歩道    ボンファ
2.サウダージ第3番  ディアンス
3.ワルツ第3番     バリオス
4.森に夢見る      バリオス
5.天使の死       ピアソラ
6.ブエノスアイレスの春 ピアソラ

【二部】歌とギター

1.ブラジル風バッハ ヴィラ=ロボス
2.サリーガーデン   イギリス民謡
3.カヴァティーナ    映画ディアハンターのテーマ
4.イェスタディ     レノン&マッカートニー~武満編
5.めぐり逢い     武満 徹
6.バラ色の人生   ピアフ

◆竹之内美穂(ギター)
鹿児島市出身。6才の誕生日より父の手ほどきにより、クラシックギターを始める。16才で九州ギターコンクール入賞を記念して、バッハのシャコンヌなどで本格的にリサイタルデビュー。93年、パリ・エコール・ノルマル音楽院演奏課程ギター科にてA.ポンセ氏に師事。これまでに、ウィーン国立音大ギター科教授、K.ラゴスニック、A.ピェリ各氏に師事。その他、R.ディアンス、D.ラッセル、E.ジスモンチ(作曲)のマスターク
ラスを受講。94年、ヨーロッパ・クラシカルギターコンクール3位入賞。99年山陰ギターコンクール1位。同年名古屋ギターコンクール2位。
現在は東京都内他全国各地ででリサイタルを開催。また、フランス、イギリス、ポルトガルなど海外でもリサイタルを行い、好評を博す。
フルート、ヴァイオリン、歌など他楽器、他ジャンルとの共演も多く、今までにフルーティスト赤木りえ、M.グローウェル、ヴァイオリニスト大谷康子、ポップスシンガー中孝介、ジャズピアニスト石井彰、各氏との共演などクラシックからポピュラーまで幅広く活動。演奏活動の傍ら、後進の指導にも力を入れている。アウラ音楽院クラシックギター科講師。
鹿児島国際大学音楽学科器楽コース非常勤講師。横浜市在住。

◆日比野 景(ソプラノ)
岐阜県出身 名古屋音楽大学大学院声楽専攻修了
二期会オペラスタジオ修了 戸田敏子、大野恵子の両氏に師事。
オペラやオペレッタ、コンサート等々、様々な舞台で活躍中。
また、メゾソプラノ月野ことりとクラシカル・ボーカルユニット「スーラ」としても活躍中。
東京二期会会員

2011年 11月13日(日)
江碕秀行サロン講座&楽器無料診断

ミューズ

開演 

今年5月に実施して大好評を頂いた、「サロン講座「ギターの音づくりについて」~構造・材料・塗料の違いによる音の違い~の第2段です。先回は時間切れになったため、今回はその復習と続きを行って頂きます。
講座の前後には楽器の無料診断を行って頂きますので診断ご希望の方は楽器をお持ちください。

入場無料
要予約

サロン講座
15:00~16:30
楽器無料診断
13:00~15:00

16:30~18:00

2011年 11月12日(土)
酒井康雄&山田陽介♪名曲コンサート
~バロック・古典の名曲を訪ねて~ 毎回お弟子さんやゲストを迎えてソロとデュオで名曲を演奏する『酒井康雄+ONEシリーズ』第2弾。 今回は山田陽介さんの十弦ギターとの共演です。

ミューズ

開演 18:00

一般:3,500円
会員:3,000円
学生:2,000円

≪第1部≫ 酒井康雄ソロ
【バロックギターで】
F.ゲラウ
マリサーパロス

【モダンギターで】
G.フレスコバルディ
アリアと変奏 “ラ フレスコバルダ”

J.S.バッハ
メヌエット(実はペツォルド作)
カンタータ「主よ、人の望みの喜びよ」

D.スカルラッティ
2つのソナタ L.238、L.483

D.チマローザ
3つのソナタ ニ短調、イ長調、ロ短調

≪第2部≫
【古典ギターで】酒井康雄ソロ
F.ソル
第6幻想曲「別れ」Op.21

【デュオ】酒井康雄&山田陽介
J.S.バッハ
平均律クラフィア曲集第1巻より
前奏曲とフーガ  第22番 ホ短調
第2番 イ短調
2声のインヴェンションより
第1番 ニ長調
第4番 ト短調
第6番 イ長調
第13番 ホ短調

イギリス組曲第3番より
ガヴォットとミュゼット

G.ロッシーニ~ジュリアーニ編
歌劇「セヴィリャの理髪師」序曲

 

<酒井康雄プロフィール>
1975年スペイン政府給費生として渡欧、1976年パリ・エコール・ノルマル音楽院ギター科演奏家クラスに入学、A.ポンセ氏に師事して翌年1等賞で卒業、演奏家資格を得る。1987年名古屋市芸術奨励賞受賞、1994年愛知県芸術文化選奨団体賞受賞。現在、中部日本ギター協会会長、名古屋ギター室内楽協会代表、愛知芸術文化協会理事、日本室内楽アカデミー副代表、名古屋芸術大学、愛知県立大学講師。

<山田陽介プロフィール>
名古屋芸術大学器楽科卒業。同大学主催「室内楽の夕べ」「卒業演奏会」、読売新聞社主催「読売中部新人演奏会」等、多数出演。

ギターを井深和弘、酒井康雄、岩永善信の各氏に師事、室内楽を依田嘉明氏に師事。

Y・エトヴェシュ、S・グロンドーナ、R・イズナオラ、各氏のマスタークラスを受講。

現在10弦ギターを使用し、演奏活動を行っている

2011年 10月30日(日)
佐藤弘和~自作&アレンジ作品の世界~

ミューズ

開演 15:00

一般:3,500円
会員:3,000円
学生:2,000円


モダンな感覚の美しい曲を多く生み出している作曲者として、また、数々の名曲を見事なギター曲に仕上げる編曲者として、そしてギタリストとしても活躍中の佐藤弘和氏のミューズサロン初登場です。今回は彼のアレンジ作品と自作品でプログラムを組んで頂きました。さあ、佐藤弘和の世界をお楽しみください。

≪アレンジ作品≫
アメイジング・グレイス
浜辺の歌、この道
エリーゼのために
パピヨン幻想曲
ティアーズ・イン・ヘブン
戦場のメリークリスマス

≪自作品≫
チェリーブロッサムズ
素朴な歌
ベイビーズソング集
追憶のファンタジア
青空の向こうに
など。

■佐藤弘和プロフィール
1966年青森県弘前市生まれ。14歳よりギターを、そしてほとんど 同時期に作曲も独学で始める。弘前大学教育学部音楽科卒業。作曲を島 一夫氏に師事。上京しギターを渡辺範彦氏に師事。1990年第21回新人賞選考演奏会(現クラシカルギターコンクール)で2位入賞。同年、作曲で「ピアノのためのロンド」がPTNAヤングピアニスト・コンペティションF級課題曲に採用。その後、ギターを永島志基氏に師事。’91年カンマーザール立川にてデビューリサイタルを行う。この頃からギター作曲・編曲作品を現代ギター誌上に多数発表。曲集として「佐藤弘和作品集~秋のソナチネ」「季節をめぐる12の歌」「ギター四重奏のための 20歳の頃」「G.フォーレ:ドリー(編曲)」など現代ギター社より出版。小品「素朴な歌(シンプル・ソング)」がギタリスト小川和隆、福田進一、大沢正雄にCD録音されたのをはじめ、アマチュア諸氏に愛好される。1998年ギタリスト村治佳織のCD「カヴァティーナ」に収録された「マイ・フェイバリット・シングス」「コーリング・ユー」のアレンジを手がける(共編B.スターク)。同じく村治佳織によるCD2009年「ポートレイツ」2010年「ソレイユ」にアレンジ作品を多数提供、好評を得る。また、2009年5月より自身の作品の 回顧シリーズ「佐藤弘和ギター作品展」を通算5回(vol.1 合奏、vol.2ソロ1、vol. 3デュオ、vol. 4他楽器とのアンサンブル、vol.5ソロ2)開催。CDに「佐藤弘和作品集1~秋のソナチネ・素朴な歌」「作品集2~季節をめぐる12の歌」がある。ギター曲作曲のモットーは「弾き易くわかり易くメロディックであること」。

2011年 10月25日(火)
タンゴ・サロンコンサート2011 ~カンバタンゴ楽団~

開演 15:00

一般:¥5,000
会員:¥4,500

ダンスなしで純粋にタンゴを聴くためのコンサート。
カンバタンゴ楽団は2006年にルーカスS.ペンセルとアリエルL.サルディーバルの二人のギタリストによって結成された、ギター2台&バンドネオン&コントラバスの4重奏団。バンドネオンはブエノスアイレスで活躍していた平田耕治。
タンゴ創成期を思わせる編成で、タンゴ本来の魅力と現代感覚にあふれた演奏は高く評価され、結成時から注目を集めている。ミューズサロン2度めの登場です。

◆メンバー
ギター:アリエル・ロペス・サルディーバル
ギター:ルーカス・ステリン・ペンセル
コントラバス:田中伸司
バンドネオン:平 田 耕 治
ヴォーカル:マリベッツ・アルメンドロス

 

☆ご入場の方全員にオフィスアルファ製作の

『タンゴ・オリジナルCD』を差し上げます。

2011年 10月23日(日)
池田 浩フラメンコギターコンサート -intaractivity-インタラクティビティ

開演 15:00

前売り・ミューズ会員 \2000
当日 \2500

2011秋リリースのニューアルバム-intaractivity-収録曲を中心に

演奏。

池田浩 ギタリスト
2002年CD『午後のふたつの月』でデビュー。
2010年『a point of contact』など6枚のソロアルバムをリリース。
日本、ヨーロッパなど国内外にて活動。劇場、ライブハウス、音楽フェスティバルをはじめ TV、ラジオなどにも多く出演。1999年、スペインへ移り住み、アンダルシアの地、コルドバ、ヘレス・デ・ラ・フロンテーラでの生活の中、地元フラメンコアーティストをはじめマヌエル・モレノ舞踊団でスペイン国内、スイスなどヨーロッパで演奏。2001年フラメンコギターのソリストとしてデビューリサイタル後、全国区でのコンサート活動。
名古屋市文化振興事業団主催フラメンコ公演などで音楽監督・製作をつとめるなど舞台音楽作品も数多い。TV、ラジオ出演。ヤマハミュージックメディア出版「大人のギターギター倶楽部」など 各メディアでも柔軟な音楽性とギタープレイは 注目のフィンガーピッキングギタリストとして紹介される。
2011年 映画「ノスタルジックドラゴン」サウンドトラック制作。

2011年 10月16日(日)
村治昇公開レッスン&座談会

ミューズ

開演 

開講 13:30
ゲスト演奏 15:30
座談会 15:45~


<受講料>
一般:\6,300
会員:\5,250

<聴講料>
中学生以下:無料
高校生以上:\2,000

 

村治佳織、奏一をはじめ、数々の若手名ギタリストを育成し続ける、ギター早期教育の第一人者の村治先生による子供対象の公開レッスンと座談会です。先生に教わった子どもたちは、なぜかみんなお行儀がよく、才能を発揮し、のびのび伸ばしていくことができます。その秘密はいったい何なのか?直接先生に訊いてみませんか?

 

【受講生と受講曲】
・西脇理央(小学4年生) ソナチネNo.1/N.パガニーニ
・太田竜成(小学5年生) かわいいカンパネラ/村治 昇
・山根一輝(小学6年生)3声の和音のエチュードイ長調/D.アグアド
アルペジオのエチュードホ短調/D.アグアド                                (35のエチュードよりNo.14)
・布目大貴(中学1年生) ラグリマ/F.タレガ

 

ゲスト演奏:金田栞奈(中1:2010年名古屋ギターコンクール優勝者)

・モーツアルトの魔笛の主題による変奏曲/F.ソル

・11月のある日/L.ブローウエル

2011年 9月25日(日)
『 爪の磨き方講座』&『公開レッスン』

開演 13:00

<受講料>
一般:12,000円
会員:10,000円
<聴講料>
一般:\2,500
会員:\2,000

学生:\1,000
宮下さんによる初めての講座と公開レッスンです。『爪の磨き方講座』では宮下さんが貴方の爪に関する疑問・悩みにも答えてくれます。実際にあなたの爪を磨いてくれるかも知れません。
講座の後に公開レッスンです。
13:00~ 爪の磨き方講座
14:00~ 公開レッスン(終了予定時間:18:00)

<受講者と受講曲>

・渡邊淳子/全音のコスト43のエチュードNo.12(ト長調のスケール)

全音のアグアド35のエチュードNo.10(ハ長調の和音とアルペジオ)

・相曽三紀/月光/ソル
・松田利枝/クリスマスの歌/バリオス
・各務昭子/カディス/アルベニス(リョベート編)

<コンサート+受講通し料金>
一般:14,000円 会員:12,000円 学生:11,000円
<コンサート+講座+公開レッスン聴講通し料金>
一般:5,500円 会員:4,500円 学生:2,500円

2011年 9月24日(土)
宮下祥子サロンコンサート

ミューズ

開演 17:00

一般:\3,500
会員:\3,000
学生:\2,000
クラシカルギターコンクール優勝、アンドレス・セゴビア国際コンクール第2位入賞などの経歴を持ち国際的な活躍をしている宮下祥子さんによるサロンコンサートと公開レッスンです。

<プログラム>

[第1部]

ソナタ K146,K380 D.スカルラッティ
グランドソナタ作品22  F.ソル
ポロネーズ第2番作品14  N.コスト

[第2部]

ソナタ  L.ブローウェル
第1楽章 ファンダンゴとボレロ
第2楽章 スクリャービンのサラバンド
第3楽章 パスキーニのトッカータ

夢(トレモロ) F.タレガ
エチュード24番 D.アグアド

アストリアス  I. アルベニス

朱色の塔  I. アルベニス

1991年クラシカルギターコンクール優勝。2001年、国際ギター講習会(静岡)においてイタリアの巨匠オスカー・ギリアから最優秀生に選ばれる。2002年アンドレス・セゴビア国際ギターコンクール(スペイン)で第2位入賞。2003年、イタリア・キジアーナ音楽院のサマーセミナーに参加し「Diploma di Merito(最優秀ディプロマ)」を授与される。2006年、世界の女流ギタリストの祭典「“ギターと女性”フェスティバル」に日本人として初めて招聘される。
2008年、世界P.E.N.フォーラムにおいて井上ひさし氏・新作朗読劇の音楽を井上氏の指名により演奏、以後、新国立劇場における再演が続いている。同年、世界的なギタリストのパヴェル・シュタイドル氏とコンサートツアーや録音を行う。
NHK・FM「名曲リサイタル」に出演。
CD『PASSION』『Virtuoso』は共に『レコード芸術』誌で特選盤に、最新盤『ギフト』は準特選盤に選ばれ好評を得る。
日本全国での演奏活動の他、これまでヨーロッパ、南米の20都市で演奏。
2010年、ドイツ、チェコでのリサイタルの他、イタリア・トリノ国際ギターフェスティバルに出演。2011年4月、フランス、ドイツでリサイタル、5月、札幌交響楽団とアランフェス協奏曲を共演。
札幌市民芸術祭大賞を最年少受賞、同奨励賞を3度受賞。
第20回道銀芸術文化奨励賞受賞。北海道大学卒業。ギターを渋谷忠三、福田進一、パヴェル・シュタイドル各氏に、音楽理論を木村雅信、蛯子元各氏に師事。札幌大谷大学音楽学部非常勤講師。

TOP